おめでたいニュース2

2018.05.18.11:31

おめでたいニュースというより、私にとっては、びっくりニュースといったほうがいいのですが…

昨夜、ネットニュースの見出しに「森山直太朗、結婚」の文字を見つけました。
そのときは見出しだけ読んでスルーしてしまったのですが、今日、病院の待ち時間の間に記事の中身を読んで超びっくり。

なぜって、直太朗お相手が「ジャックブレルは今日もパリで生きて歌っている」のピアニスト・平井真美子さんだったからです(*_*)

さらに平井真美子さんの年齢が41歳と書いてあって、またまたびっくり!
たしか「ジャックブレル…」のときは20代だったと思うのですが、あれこら、もうそんなに長い年月が流れたのかと改めてびっくりしてしてしまいました。

なにはともあれ、どうぞお幸せに♪

5/19は「あの人に会いたい」

2018.05.17.19:47

あさって5/19(土)早朝 5:40-5:50 総合TV放送予定
NHK映像ファイル あの人に会いたい「中村八大」お忘れなく!

おめでたいニュース

2018.05.17.00:43

私のお気に入りのパティスリーのパティシエさんが、来年フランスのリヨンで開催される、クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーの日本代表選手を決める国内選考会のアントルメ・ショコラ/アメ細工部門でみごと1位を獲得、代表に決定!

ガレット・デロワの大会でも世界10位を獲得したこともある、もともとすごいパティシエなのだけれど、私が引っ越してきてしまったので、めったにお店に行けないのと、すっかり売れっ子パティシエになってしまって、ちょっと遠い人になりつつあるのが残念(笑)
でも、このニュースを聞いたからには、近いうちにまた行きまっせ!

CHIKASUKA

2018.05.13.15:36

上田知華さんとKARYOBIN後期に在籍した金子飛鳥さんのコンサート、「CHIKASUKA~ よきとしごろの おんがくなかま ふたり~」に行ってきました。

知華さんは、今回の会場と同じ代官山ヒルサイドテラスで、ここ数年、「ワインと音楽」というコンサートを開いており、私もこれまでに数回参加しています。
「ワインと音楽」には毎回、100人前後のお客さんが集まっていたのですが、今回は共演が金子飛鳥さんということで、私と同様、なにかを期待していたお客さんが多かったのでしょう。この日は150人近くの観客が集まっていました。

ほぼ定刻通り、黒地に大きな花模様のワンピースに身を包んだ知華さんとイエローのブラウス姿の飛鳥さんが登場すると、会場からは大きな拍手が。
ところが、1曲目の演奏が始まったかと思ったとたん、なぜか飛鳥さんが突然演奏をストップしてステージ裏に退場。
何が起きたのかと思ったら、なんと1部と2部の譜面を間違えて持ってきてしまったのだそうです^^;
そのハプニングに緊張していた会場の空気は一挙に緩み、和やかな雰囲気に代わりました。
そして改めて演奏がスタート。

この日、演奏された曲目は下記のとおりです。
chika.jpg

弦が加わったKARYOBINを彷彿とさせる今回のコンサートは、KARYOBINファンの心をガッチリとつかむ、これまでとはひと味もふた味も違う、魅力あふれるものだったと思います。
今回の演奏曲のなかには知華さんの曲だけでなく、飛鳥さんの曲も含まれているのですが、この日の収穫のひとつは、金子飛鳥という人を知ることができたことでした。

これまで私は金子飛鳥さんという人は、演奏家としか認識していなかったのですが、作曲もするし、歌も歌う。
しかも、その歌がハンパなくうまい。さらに言うと、しゃべりもおもしろい。
この日は、KARYOBIN時代のことなどもいろいろ話してくれたのですが、ある意味、対照的な知華さんと飛鳥さんの会話のバランスが絶妙。「ああ、こんなトーク&ライブなら、私たちの年代の女性にもウケるだろうな」と思って見ていました。

もちろん、知華さんの歌と演奏の素晴らしさは言わずもがな。
いつも思うのですが、見た目の若さもさることながら、まったく年齢を感じさせない歌声には、そのたびに驚かされます。
今回、樋口さんの曲は1部と2部で、それぞれ1曲ずつ演奏されました。
「オープン・ザ・ウィンドウ」は想定内でしたが、「アンダルシアの風」をやるとは思っていなかったので、ちょっと意外でした。
ファンのわがままな注文をひとつだけつけるなら、「オープン・ザ・ウィンドウ」はアレンジが大幅に変わっていたのが、少し残念でした。バイオリンとピアノだけでの演奏なので仕方ない部分はあるのですが、樋口ファンとしては、「この部分の音は変えないで」という部分があるのです。多分、それは私たちファンにしかわからないところだと思うのですが、できればもう少しオリジナルに寄せたアレンジで聴きたかった気がします。
一方、「アンダルシアの風」は、イメージそのままでした。久しぶりにこの曲を聞きましたが、あんな素直じゃないメロディーを音を外さずに歌いきった知華さんに改めて拍手を送りたいです。

そして、この曲のあとだったでしょうか。
これまでの「ワインと音楽」でも、その都度、知華さんは樋口さんのことを話をしてくださるのですが、今回はいつも以上に樋口さんの才能を絶賛してくださっていたように思います。
あんまり知華さんが樋口さんの事を褒めるものだから、ひょっとしたら会場に樋口さんがいらしてるのでは?と思って、あたりを見回しましたが、発見できませんでした(笑)。

そして、いよいよコンサートが終わるという段になって、秋のKARYOBINのコンサートとCDボックスの発売が知華さんの口から発表されました。
まさか、KARYOBINを生で聴くことのできる日が来るとは思ってもみなかったので、本当に感無量です。
この素晴らしいニュースをおみやげに、ヒルサイドテラスをあとにしました。

明日5/13から先行販売!

2018.05.12.21:26

今日、上田知華さんと金子飛鳥さんのコンサートがありました。
コンサートの様子はあとからじっくりお伝えすることにして、その前にお伝えしなければならない重大なお知らせがあります。

なんと! 
10/20(土)に「上田知華+KARYOBIN」の曲だけを演奏する「 Chika Ueda All About KARYOBIN」の開催が決定しました!
もちろん弦のアレンジは樋口さんです。

で。重要なのはここから。
このコンサートの先行販売が、なんと明日5/13(日)10:00から始まります。
申し込みは電話またはネットから。
電話番号、URLは下記のポスターをご参照ください。

同じ行くなら早く申し込んで、良い席で鑑賞しましょう。
会場で、たくさんの樋口ファンとお会いできるのを楽しみにしています(^^)

IMG_9132.jpg

更新しました

2018.05.10.23:50

久しぶりに「全仕事」にCDデータとDVDデータを追加しました。
私が更新をさぼったり 、データが飛んでしまったり、知らない間にリリースされていたものがあったりで、結構な数が抜け落ちていました(^^ゞ
情報を提供してくださったファンの方、ありがとうございました!




別れ

2018.05.10.00:54

すでにみなさん新聞等でご存知かと思いますが、作・編曲家の東海林修さんが亡くなられました。
私にとっての東海林さんは、ステージ101の音楽監督・東海林先生でありました。

近年といっても、もう10年位前になりますが、これまでに2度ほど先生にお目にかかる機会がありました。
番組で拝見していた頃は、とにかくこわくて厳しいイメージがあったのですが、お年を召されたこともあってか、その頃は、とても穏やかな表情をされていらっしゃいました。
また、とてもダンディーで、いつもビシッとスーツを着こなしていらしたことを思いだします。

そして、常に創作意欲に満ちていらっしゃいました。
亡くなる直前まで、お仕事をされていた聞き、東海林先生らしいなと思ったものです。

そんな東海林先生の訃報を聞いた数日後の昨日、樋口ファンの方から、ON・アソシエイツの大森昭男さんが3月に亡くなられていたことを知らされました。
大森昭男さんなくして、現在の樋口さんはなかったと思うと、なんとも言えない気分になります。
今はただ、樋口さんという素晴らしい才能をCM音楽を通じて世に送り出してくださった大森さんに感謝するとともに、ご冥福を心よりお祈りします。


あの人に会いたい~中村八大~

2018.05.06.01:04

5/19放送の「あの人に会いたい」は作曲家の中村八大さんです。
放送は午前5時40分からです。
寝過ごさないように、前日はしっかり目覚まし時計をかけてくださいね♪

田中星児さんコンサート

2018.05.05.01:20

昨日、NHKアーカイブスに田中星児さんのコンサートを見に行ってきました。
コンサートの詳しい内容は、いずれ書こうと思いますが、田中星児さんの素晴らしいお人柄に触れて、その場にいた誰もが星児さんのファンになってしまいました

さて本題。今回のコンサートでは、星児さんが「番組発掘プロジェクト」に提供した、出演番組の数々がコンサートの合間で紹介され、ステージ101の映像も10分ほど流れました。

ありましたよ、ピコの映像!!
ピコが映っていたのは1曲分だけでしたが、カメラの中心はピコでした。
撮影が許可されていたので、咄嗟に写真を撮ったのですが、興奮しまくってあまりうまく撮れていませんが、とりあえず、こんな感じの映像が映りました。
IMG_9065.jpg

Open The Window

2018.04.29.18:58

コメント欄には画像が載せられないので、新記事立てました。
以前にもアップしたことがあったかもしれませんが、これが「いつもポケットにショパン」の問題のシーンです(笑)

reikotさんも書いておられますが、「半分、青い。」にくらもちふさこさんの名前や作品が登場するようになって、ネットでもすごく話題になっていますよね。
それこそ、私が今、このページをスキャニングしている間にも、FACEBOOKで友達になってる友人が「いつもポケットにショパンに関する投稿をしていてびっくり。
ちなみにその友人は、樋口さんのことも知華さんのことも全然知らないので、どさくさに紛れて解説しておきました。エヘヘ。
openthewindow.jpg
openthewindow2.jpg
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
FC2カウンター