オリエンテーション&ニューヨーク・カット再発?!

2017.05.19.21:21

7月19日に「Orientation」と「New York Cut」が再発されるようです。
詳しくはこちら!
http://wmg.jp/special/jfusion40vol4/index_2.html

「ビバ!合唱  ステージ101ベスト」放送決定

2017.05.13.15:07

5月20日(土) 午前6:00〜6:55 、NHK FMの「ビバ!合唱」という番組で「ステージ101ベスト」の曲が55分にわたって放送されるようです。
「ステージ101ベスト」は2001年に発売された2枚組のCDで、1枚は私が選曲させていただきました。
早朝ですが、お時間あるかたは、ぜひお聴きください。

番組公式サイト
http://goo.gl/flrS1R

おいしいお店メモ④

2017.05.12.18:22

●和風ジェラートおかじ(武蔵小金井)
近所に和風ジェラートのお店があると聞きつけ、さっそく行ってみました。
中央線武蔵小金井駅北口から徒歩7~8分の住宅街の中にひっそりとたたずんでいるその店の名は「和風ジェラートおかじ」。
オープンは昨年6月ということなので、まだ1年経たない新しいお店です。

和風ジェラートということで、新潟村上ほうじ茶、塩麹、黒蜜きな粉、旬の生フルーツなど、普通のジェラート屋さんとはひと味違うラインナップです。
本店は新潟で、ジェラートは新潟県産牛乳をはじめ、県産の果物、野菜などを中心に使用し、店内の小さな工房で香料や着色料を使用せずに独自の製法で製造しているそうです。

この日、私が買ったのは黒蜜きな粉、越後姫(イチゴ)、村上ほうじ茶、黒蜜抹茶、ゆこう(徳島産の柑橘)、黒蜜黒ごま。
残念ながら、一番食べて見たかった塩麹はこの日はありませんでした。
IMG_6914.jpg

蓋をあけるとこんな感じ。1個少ないのは、ゆこうがおいしすぎて、写真を撮る前に食べちゃったからです(^_^;)
新潟産の苺「越後姫」のジェラートも苺のツブが感じられてとてもおいしかったです。
残りのジェラートは、まだ食べてないのですが、どんな味かとても楽しみ。
お値段はカップ1個350円。食べごたえ十分な量がうれしい!
暑くなるこれからの季節、度々、この店を訪れることになりそうですヽ(^o^)丿

okaji.jpg


マントラ版

2017.05.10.01:04

これがマントラ版なんですね。
動画のタイトルがタイトルなんで、今までスルーしてましたが、聴いてみたら「女王陛下のお買いもの」でした。
とりあえず聞いたもの勝ち!

おいしいお店メモ③

2017.05.07.00:58

●鰻禅(本所吾妻橋)
「鰻禅」は、東京スカイツリーにほど近い、本所吾妻橋の鰻屋さんです。
この日は、所用で出かけた本所吾妻橋でランチを食べようということになり、同行者の「鰻が食べたい」という一言で、この店を訪ねることにしました。

が。案の定、食べログで3.96というヒジョーに高い評価がついている人気店とあって、お昼の時間を少しはずして行ったにも関わらず、1時間待ちとのこと(ちなみに私たちの次に来た外国人旅行者は1時間半待ちといわれてました)
普段なら、とっとと引き上げることろですが、席が空いたら携帯に連絡をくれるというので、近くの喫茶店で時間を潰して待つことにしました。
その時、注文も聞かれました。メニューは二段重、特上、上の三種類。
6500円の二段重はないとして、特上と上はサイズが違うだけだというので、とりあえず上をお願いすることにしました。
すると、特上を食べないと意味がないみたいなことを言うんだな、ここの大将が。
実はあとから知ったところによると、特上は上の倍以上の厚みがあるらしく、当然味にも差があるらしいのですが、そういう説明はは一切なかったので、そのまま「上で」お願いしてしまいました。

そして待つこと1時間。ほぼ、予定通りの時刻に席が空いたという連絡があり、店に向いました。
店内はカウンターとテーブル、そして小上がりの畳の部屋がひとつ。非常に狭い店です。
とりあえず、1杯ということでビールを注文すると、サービスでひれまき串という串焼きが出てきました。
この串はメニューにはなく、あくまでサービスらしいのですが、これが絶品。
私は、鰻より、この串の方に感動したかも。

と、ここで断られるのを前提に、おかみさんに「今から特上に変えてもらうってことはできないんですよね?」と、ものは試しで聞いてみました。
すると、それを聞いていた大将が、カウンターの向こうから「そんなのダメだよ! もう捌いちゃったんだから」と(^^ゞ
なんでも、この店は客の注文を受けてから鰻をさばいているのだそうです。
なんとなく、これは予想していたことだったので、あっさり引き下がり、当初の注文通り、上をいただくことに。

そして、ほどな出てきたく上の鰻重がこれ。お値段は3000円なり。
unagi.jpg

たしかに鰻が大きいとは思いませんでしたが、フツーに食べるなら、サイズ的にはこれで十分。
ご飯も多くはありませんが、これで十分な量ではないかと思います。
そして肝心の鰻ですが、外はカリッ、中はふわっ。
甘すぎないタレが私好みで、とてもおいしくいただきました。

もし、今度また、近くまで行く機会があったら、次こそは特上を頼んでみたいと思いますが、個性的すぎる店主の接客態度と待ち時間の長さを考えると、鵜泣きだけのために、わざわざ行く気にはならないかも。
鰻だけのために行くなら、私は日本橋の「大江戸」かな。



近場の穴場・秋川渓谷

2017.05.05.18:51

GWですが、とくに予定もなく、のんびりしています。
せっかくのお休みなので、1日くらい、どこかに行こうということで昨日は秋川渓谷までドライブに行ってきました。
中央道は大渋滞だったようですが、こちらはたいした渋滞にもあわず、無事に目的地に到着しました。

まずは渓谷を眺めながら源泉かけ流し温泉が楽しめる「瀬音の湯」へ。
本当は帰りに寄るつもりだったのですが、急遽、予定を変更して先に行って大正解。
オープンと同時に入ったので、すぐに入場できたのですが、私たちが帰る頃には駐車場待ちの長~い列ができていました。

さすがはGW。これは、お昼も早く食べに行った方がいいなということで、手近なところにあった「やまびこ食堂」という店に入りました。
ここは、なんてことないフツーの大衆食堂でした(笑)。特においしくもなく、まずくもなく。
でも、お店の人が親切に道を教えてくれたり、観光用パンフレットをくれたり、とても感じの良いお店だったので、まあ、よしとします。
IMG_6856.jpg
よもぎ蕎麦 650円。麺はおいしいけど、麺つゆが甘すぎたのが残念

このあと大岳鍾乳洞というところまで行こうとしたのですが、途中で道を間違えて断念。
とゆーか、とにかく細い山道で、対向車が来たらバックするしかないような道なのです。
幸いにも対向車が来なかったので、無事に平地まで戻れましたが、もう一度、正しい道を行くには疲れすぎてやめました(笑)

次に向かったのは野崎酒造。
東京には10の蔵元がありますが、そのうち9つは多摩地区にあります。
小澤酒造の「澤乃井」、石川酒造の「多満自慢」、田村酒造の「嘉泉」などは、多摩地区ではわりとどこでも売ってますが、野崎酒造の「喜正」はなかなかお目にかかれないので、お土産に1本買おうと思って立ち寄ったのですが…
なんと、この日はお休み。ああ、残念・・・(T_T) 

さて、気を取り直して、次に向かったのは「黒茶屋」です。
ここは秋川渓谷を臨む築270年の庄屋屋敷で炭火焼と山里料理、懐石料理が楽しめる名店。
ランチで5000円くらいするのですが、当初は、せっかく行くなら奮発して「黒茶屋」で1度、食事をしてみようと考えていました。
しかし、予約なしで入れるような店ではないと気づいてあっさり断念(笑)。
が、併設のカフェがあるので、そこでお茶でも飲もうと立ち寄りました。

案の定、「黒茶屋」も大混雑。
2カ所ある駐車場の1つは満車で、もう1つの駐車場の入り口では食事の予約をしているかどうかを確認されました。
が、咄嗟に「カフェ利用です」と言ったら駐車させてもらえました。よかった~。

食事の予約をしていないので、残念ながら建物の中には入れませんでしたが、山に囲まれた庭を散策。
IMG_6866.jpg
眼下には秋川渓谷

そしてこちらが併設の「茶房 糸屋」。
少し奥まった場所にあるせいか、こちらは「黒茶屋」の混雑ぶりがまるで嘘のよう。
先客は1組だけで、その先客が帰ると貸切状態になりました。ラッキー♪

IMG_6862.jpg

IMG_6859.jpg
ここでは「白玉ぜんざいのアイスクリームのせ」をいただきました。
おいしかった~。器もステキでした。

このあと、都内唯一の醤油醸造所「近藤醸造」の直売所に立ち寄って、旨味成分を3割程度多く含んだお醤油「五郎兵衛醤油」の記念ラベル瓶とめんつゆを、そして、そこから歩いて数分のみつばちファームで「ジャラはちみつ」という、殺菌作用の強いハチミツをお土産に買って帰りました。
近場の穴場、秋川渓谷はなかなか良いところでした(*^_^*)

IMG_6869.jpg

IMG_6875.jpg
小さい壜がジャラはちみつ。抗菌性が高いので、口や胃の中の菌を退治してくれるらしい

私はルビィ

2017.05.02.01:13

ヤフオクにとってもレアな「私はルビィ」のパンフレットが出品されています。
(私の記憶にある限り、このパンフが出品されるのはおそらく初めてです)
樋口さんの写真が載ってるページが見られるので、興味のあるかたはチェックしてみてくださいね。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c593407047

知らなかったよ…

2017.05.01.01:00

4/28に放送されたMステに早稲田桜子さんが出てたのですね!
昆夏美さん&山崎育三郎三の歌う「美女と野獣」のバックで演奏していたそうなんですが、うっかり見逃しました。
というかMステは見てたのですが、裏番組も見たかったので、二画面の小さな画面で見てたので、全然気が付きませんでした(^^ゞ
あっ、でも、探したら映像があったので、見てみました。
たしかに桜子さん出てましたが、最初に出たクレジットを見てなかったら、大画面で見ていても気づかなかったかも。

そのあとの矢野顕子さん×上原ひろみさんの「ラーメン食べたい」は、大きな画面に切り替えて見てたのですが、こちらは上原さんのピアノがすごすぎて圧倒されました。


おいしいお店メモ②

2017.04.30.23:33

●手繰りや 玄治(久米川)
今回もお蕎麦屋さんです。
久米川は西武新宿線で新宿から30分ほど。住所でいうと東村山市になります。
いわゆる郊外のベッドタウンで、町並みには、どことなく昭和の香りが漂っていたりします。
なので、わざわざ出向く用事でもない限り、久米川を訪れることはないと思いますが、久米川に行ったら、絶対に立ち寄りたい店であることは間違いありません。
この店を訪れる機会を作ってくれた友人に感謝です。

「手繰りや 玄治」は久米川の駅から歩いて3~4分の商店街の中にあります。
一見、なんてことない店構えの、よくある街の蕎麦屋なのですが、郊外の蕎麦屋と決して侮ってはいけません。
蕎麦の味はあの有名な更●蕎麦にも負けていません。
もちろん、お酒も充実しています。

が、この店の一番すごいところは、つまみです。
見よ、この品書きの数を!
623.jpg

壁に貼ってあるのは一部で、このほかにもまだ、いろいろあるのですが、すごいのは、料理がどれも絶品!
蕎麦がおいしいのは蕎麦屋だから当然として、これだけのつまみをそろえていて、そのどれもがおいしい店って、そんなにないと思います。
わざわざ行くような場所ではないけれど、わざわざ行きたい蕎麦屋、それが「手繰りや 玄治」でありました。

おいしいお店メモ①

2017.04.30.01:20

最近、行ったおいしい店を忘れないようにφ(..)メモメモ。

●中清(吉祥寺)
吉祥寺駅から徒歩15分ほど、成蹊学園の近くにある手打ち麦屋と地酒の店。
駅から、かなり離れているにも係らず、お客さんがひっきりなしの人気店。
それもそのはず、とにかく蕎麦がおいしいのです。
手打ちの麺がおいしいのはもちろんのこと、麺つゆがこれまでに食べたこともないような美味。

地酒はかなり珍しいものもそろえており、日本酒の好きな人にはたまりません。
一応、お酒のメニューはあるのですが、お客さん次第ではメニューにないお酒を出してくれることも。
その他、アルコール類はビールが置いてあります。
お酒の値段は、決して安くはありませんが、馬鹿高くはないといったところ。
なお、ソフトドリンクは置いていません。
この日、私はたまたま事情があって、お酒が飲めなかったのですが、ソフトドリンクは外の自動販売機で買ってくれと言われました(爆)
なので、お酒を飲まない人には、あまりお勧めできませんが、そばで1杯飲みたい人には最高のお店。
そばがきやてんぷらなど、おつまみもいろいろあるし、通しで営業しているので、お昼からお酒が飲めますよ。

今回は、残念ながらお酒が飲めませんでしたが、次に行くときは、ぜひ1杯やりたいものです。


最新コメント
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア