最近、野球がおもしろい

2017.03.21.00:44

このところ、野球中継にはまってます。
プロ野球は数年に1回、新聞屋からもらったタダ券で見に行くか、日本シリーズを見る程度。
あとはせいぜい春・夏の高校野球をテレビ観戦するくらい。
なので、WBCも最初は全然関心がなかったのですが、たまたまテレビをつけたらキューバ戦をやっていて、これがとてもおもしろい試合だったので、イスラエル戦も見ることにして、そのイスラエル戦もおもしろかったので、今は準決勝を楽しみに待っているところです。

で、その準決勝を待っている間に春の選抜高校野球が始まりました。
高校野球は、これまでも東西の東京代表の試合だけは、だいたい見るようにしているのですが、今年も大会初日の第二試合の西東京代表の日大三高の試合だけ見るつもりで、テレビのスイッチを入れました。
ところが、テレビをつけたら第一試合の至学館×市呉が延長12回。
これはおもしろそうだと思って見始めたら、そのあと一挙に試合が動き、最後は守備妨害でスリーアウトになるというあっけない幕切れ。
とはいえ、守備妨害なんて初めて見たので、この試合もまた、とても、おろしろかったです。

そして続く履正社×日大三。この試合もまた、ちょっとした珍事が起こりました。
9回の履正社の攻撃で、日大三高の先発・櫻井投手が先頭バッターにフォアボールを出したあと、いったんセンターに移り、2アウト後、再びマウンドに上がりました。しかし、櫻井投手は3連続ヒットを浴びてベンチから交代を命じられ、再びセンターの守備に入りました。
ところが、野球規則では、ピッチャーが同じイニングに2回目の登板をしたあとはピッチャー以外の守備位置につくことはできないとされているのだとか。
しかし、この試合では双方のチームの監督も、審判もこの規則の適用に気付かず、試合は続行されました。
結局、日大三高は敗れ、結果には影響がなかったのですが、もし、これが勝負に影響するようなことになっていたら、どうなっていたんだろうと思います。これまた、めったに見ることのできない場面だったのではないかと思います。

そして今日もまた、歴史に残るような試合が見れました。
報徳×多治見は、なんと21対0。
なんで、こんなに力の差があるのかと思ったら、多治見は「21世紀枠」で出場した学校だったんですね。
恥ずかしながら、私、この試合を見るまで「21世紀枠」なんてものが高校野球にあることを知りませんでした(^_^;)
しかも、最近できたわけじゃなく、2001年からあったなんて・・・(-_-;)
その多治見高校、ネットでは「21に呪われている説」というのが広まっています。
21世紀枠
21失点
21被安打
21点差
21画数(多治見)
12:10試合開始
2:10試合終了
2:01に21点目の失点
報徳学園(21回目の出場)
報徳永田監督甲子園通算21勝目
野球創設昭和21年

うーん、これだけ揃うと、たしかにそうかもしれないと思えてきます(^^ゞ

そして第三試合の前橋育英×中村。
多治見高校の悲惨な結果を受けて、「21世紀枠」見直し説がにわかに浮上してきたようですが、この中村高校も「21世紀枠」の出場校。
結果は中村が破れたのですが、こちらは9回に1点を返す粘りを見せ、敗れはしたものの、とてもよい試合を見せてくれました。

さて、明日はどんな試合が見られるのでしょうか?
でも、明日は仕事だ。見れないか・・・(涙)

お得な日曜日

2017.03.12.22:51

お彼岸が近づいてきたので、少し早めに麻布まで父の墓参りに行ってきました。
同じお寺にある越路吹雪さんの歌碑に、昨年あらたに越路吹雪さんの三十七回忌と岩谷時子さんの生誕100年を祈念して「ラストダンスは私に」の歌碑が新設されたというので、そちらも拝見してきました。

これまで建っていた歌碑には「愛の讃歌」の歌詞が刻まれていたのですが、新設された歌碑に刻まれたのは「ラストダンスは私に」。
この曲は、越路さんが岩谷さんの訳詞で歌った最初のヒット曲なのだそうです。
IMG_6625.jpg

歌碑には仲良く並んだお2人の笑顔の写真も刻まれていました。
IMG_6628 (3)

お参りのあとは、いつものように日進ワールドデリカテッセンへ。
実はここ、運がいいとハムソーセージの超お買い得なサービス品にありつけるのです。
あいにく、前回、前々回はサービス品と出会えなかったのですが、今回は久しぶりに遭遇することができました。
ところが。
これまで1000円で売ってたものが、なんと1500円に値上がりしてる~(>_<)
一瞬、どうしようか迷いましたが、普通に買えば2000円はするので1500円で手を打つことに。
まあ、これまでの1000円という値付けが異常に安ぎたので、本当は1500円くらいが妥当なんですが、一度、1000円を経験してしまうと、やっぱりね(^^ゞ

しかし。捨てる神あれば拾う神あり。
これまた、お決まりのコース「豆源」で、初めて「久助」を手に入れることができたのですヽ(^o^)丿
私が「豆源」で買うものは、いつも決まっていて、ピーナツとおかきなのですが、「久助」というのは、このおかきの壊れを集めたお買い得商品のこと。
聞けば、毎週日曜日だけ販売しているということなのですが、これまで日曜日に来店しても遭遇したことがありませんでした。
しかし、知ってしまった以上、これからは「豆源」には日曜日に行かなくては・・・(^^ゞ

さて、今日は良い買い物ができたばかりか、ランチもお得感いっぱいのものを食べることができました。
私が墓参りに行くのは日曜日が多いのですが、このあたりは日曜日が休みの店が多いのです。
それに場所柄、コスパの悪い店が多いので、食事はせずに、とっとと帰ることも多いのですが、たまたま入った「
ピッツェリア ロマーナ ジャニコロ」というお店が大当たりでした。
入店したのが開店と同時くらいだったので、先客は1組しかいなかったのですが、私たちのあとに、あれよあれよという間にお客さんがやってきて、あっという間に店内は満席に。
それも納得。味、コスパ、接客、どれも素晴らしく、「麻布でこの値段でいいんかい?」と言ってしまいたいくらい。
おまけにウェイターのお兄さんがイケメンで、なぜかダンナが喜んでいました(謎)

というわけで、今日はなんだか、すごく気分の良い日曜日になりましたとさ。

怖いドラマにはまる

2017.03.04.16:14

長いことテレビから離れていましたが、ここ1~2年、ふたたびテレビドラマを見るようになりました。
といっても、私が好きなのは深夜枠の怖い系ドラマなんですが(^^ゞ

今クールはまったのは、昨日が最終回だった「奪い愛、冬」ともうすぐ最終回の「真昼の悪魔」の2本。

「奪い愛、冬」は昼メロ感たっぶりのドロドロの四角関係のドラマなのですが、なにがすごいって、脇役の水野美紀と三浦翔平のホラー級の怪演がすごすぎました(笑)。
脚本の鈴木おさむさんは昔の大映ドラマのような世界観を目指したそうですが、水野美紀さんの役柄は、かつて「スチュワーデス物語」で片平なぎさが演じた黒手袋の女・新藤真理子といったところ。
往年の大映ドラマファンだった私には、怖いを通り越して笑えるドラマでした(笑)。

そして「真昼の悪魔」は遠藤周作の原作小説をドラマ化したもの。
良心の呵責のない自分を試すために、非道を働いていくサイコパスな女医を田中麗奈さんが演じていますが、これが稀に見るハマり役。
悪女役と言えば菜々緒さんが思い浮かびますが、田中麗奈さんが演じるのは悪女ではなく悪魔。
その怖さは、「奪い愛、冬」とは大違いで、こちらは身の毛もよだつおそろしさです。
はたして最終回はどんな結末を迎えるのか…数時間後が楽しみです。

ところで、この「真昼の悪魔」は東海テレビ制作で、フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送されているのですが、同じ枠で放送された「火の粉」も実に秀逸でした。
「火の粉」は雫井脩介の同名小説を映像化したサスペンス・ドラマで、元裁判官とその家族が、隣人となった元容疑者によって恐怖にさらされていくさまを描いたものでしたが、元容疑者を演じたユースケサンタマリアの狂気を秘めた演技が素晴らしく、最後の最後まで目を離せませんでした。
今回の「真昼の悪魔」は、そのときに脇を固めていたキャストとスタッフが集結して作っているドラマということなので、「火の粉」を越える結末を期待しています。

懐かしのZEPP TOKYO

2017.03.01.23:29

昨夜は友人に誘われてGLAYのTAKUROさんのライブに行ってきました。
会場はZEPP TOKYO。
思えば、ZEPP TOKYOに来るのは「ジャックブレルは今日もパリに生きて眠っている」の舞台を見に来て以来です。
調べてみたら、あの舞台を見たのは2004年。
なんと、あれから12年以上経っていました!
zepp1.jpg

たしかに、あたりを見回してみると風景は一変。当時はなかった高いビルディングがいくつも建っていました。
build1.jpg

ヴィーナスフォートのテナントは変っていたものの、雰囲気は当時とあまり変わりませんでした。
でも、こんな噴水あったっけなぁ? 全然思いだせません^^;
funsui1.jpg

さらにヴィーナスフォートの中を進んでいくと、イベント広場で韓国人のNIELくんという男の子が歌っていました。
なんでも韓国のアイドルグループのメンバーのひとりみたいで、なかなかのイケメンでした。
neil1.jpg

そうこうしているうちに時間が来たのでライブ会場のZEPP TOKYOへ。
いまにして思うと、よくここで「ジャックブレルは今日もパリに生きて眠っている」をやったなぁと(笑)。
当時と変わらない会場の風景に、あの舞台を懐かしく思いだしました。

大統領の贈り物

2017.02.14.00:23

安倍首相がトランプ大統領へ金沢箔工芸のボールペンを贈られたそうです。
tvasahi.jpg

実はこのボールペン、好きなロックバンド繋がりの友人の工房でデザインと蒔絵をしたもの。
我が家にも色・柄違いのボールペンがあります。
トランプ大統領というと微妙ですが、アメリカ大統領とおそろいといえば聞こえはいいかも(^_^;)
pens.jpg

思えば、この友人とも長い付き合いになりました。
年齢も住んでる場所も生活環境も違い、唯一の共通点は同じバンドのファンだということだけ。
インターネットがなければ、きっと出会っていなかったでしょう。
めったに会う機会はないけれど、彼が本業の方でもがんばっているとわかルニュースに、友人として嬉しくなりました(^^)

介護5になりました

2017.02.02.19:02

母が遂に要介護5になりました。
昨年、年度の途中で申請して要介護3から4にあげてもらったのですが、それから一年たたないうちに要介護5になるとは予想していなかったので、ちょっと軽くショックです。

でも、それよりショックなのは、今年に入って遂に母が家族のことがわからなくなってしまったことです。
それまで施設にお見舞いにいくと、目だけはいいのか、いち早く私たちの姿を見つけて反応していたのが、昨年の12月頃にはその反応がいささか鈍くなりました。
それでも私たちの顔を見れば、「遠くてたいへんだったでしょう?」と言ってたところをみると、私たちが別の場所から訪ねてきていることは、なんとなくわかっていたと思うのですが、今年に入ってからは、私たちがどこの誰かもわからなくなった様子で、まるで初対面の人と話すような他人行儀な受け答えになってしまいました(-_-;)

母の様子を見ていると、3歳、2歳、1歳と、成長する子どもとは逆に、徐々に退化していっている感じです。
多分、これが0歳児と同じようになったら、寿命なんでしょう。
それがいつになるかはわからないけれど、なるべく先であってほしいものです。


名作アニメ作家 版画展

2017.01.27.00:02

今日、立川高島屋を通りかかったら、小田部羊一・関修一「名作アニメ作家 版画展」というものをやっていました。
入場無料の展示だったので、そばを通りかかったついでに見ていたら、どこかで見たような絵が目に飛び込んできました。
そう、「小公女セーラ」です!
版画は2枚あり、1枚は人形を抱いているセーラ、そしてもう1枚はセーラとロッティを描いたものでした。
ちなみに前者は10万円、後者はなんと50万円という値段が付いていました(驚)

版画展には他にも名作劇場の作品がいろいろ並んでいましたが、やはり、名作劇場のキャラクターデザインはいいですね。
久しぶりに見るキャラクターたちに心和みました(^^)
takashimaya.jpg

ただいま、読書中

2017.01.20.00:06

実用書は買っても、小説は図書館で借りて読むのを基本にしている私が、珍しく車内広告につられて小説を買いました。
もしかすると小説を買うのは10年ぶりくらいかも。

タイトルは「がん消滅の罠 完全寛解の謎」。
今年の「このミステリーがすごい」大賞の大賞受賞作だけあって、かなりおもしろいです。
おすすめ。
IMG_6497.jpg

浮気は禁物

2017.01.16.01:08

みなさんは、動画のダウンロードはどんな方法で行っていますか?
私はCraving Explolerという無料のソフトを使っていたのですが、たまたま「今は、Craving Explolerより、はるかに進化したダウンロードソフトがある」というネットの記事を目にして、浮気心を起こしてしまいました。

これがとんだ運のつき。
最初に試してみたのは、比較サイトで、もっとも評価の高かった「WinX YouTube Downloader」というソフト。
たしかにダウンロードスピードも速く、一見、かなり良さそうにみえたのですが、紛らわしいボタンがいくつもあって、つい、そのボタンを押してしまうんです。
すると、その都度、製品版の購入を促すページに飛ばされ、イライラすることこのうえなし。
そのうえ、保存先のフォルダーを指定しても反応が鈍く、思うように作業がはかどりません。
結局、私とは相性が悪いとあきらめ、「WinX YouTube Downloader」は削除することにしました。

次に試みたのは、2番目に評価の高かった「5K Player」。
導入してみると、スピードは「WinX YouTube Downloader」より遅いものの、私にはこちらの方が使い勝手がよかったので、これで決まりだと思っていました。
ところが、、保存先のフォルダの中を開けてビックリ。
なんと、それ以前に保存していたすべての動画ファイルが「5K Player」に関連付けされてしまい、アイコンが変わっていたのです。そのうえ、音声ファイルは関連付けが外れて白紙のアイコンに(-_-メ)
これでは困るので、またしても「5K Player」を削除することに。
ところが、いざ、削除しようと思って削除の方法をネットで調べようと思ったら、「5K Player」はアンインストールできない危険ソフト」などと出てくるではありませんか。
なんだかイヤーな予感を感じながら、さらに調べていくと、公式ページに、ごく普通にコントロールパネルから削除できると書いてあります。
「なーんだ、普通に削除できるじゃないの」と安心したのも束の間、コントロールパネルから削除しようとすると、「アプリケーションを使用中です。5K Playerを終了してから削除してください」と出る。
「いや、5K Playerは使用してないし…」となんだかイヤーな予感を感じながら、さらにネットを調べていくと、コントロールパネルからアンインストールしようとすると5K Playerが起動するのだとか。
ということは、永久に削除できないの?! 

なるほど、これが「危険なソフト」と言われるゆえんなのだと納得しましたが、ここであきらめたら女が廃る(笑)
絶対に削除する方法があるはずだと、さらに調べてみると、ありました!
タスクマネージャーでソフトを終了させれば、コントロールパネルから削除できると。
で、おそるおそるやってみると、なんとか無事に削除できました。

あ~、疲れた(^_^;)
ここでもう、力尽きて新しいソフトを入れるのは断念したのですが、最後にソフトを入れる必要もない「Youtube瞬速ダウンロード」を試してみることに。
すると、これが一番早くて簡単。
長い動画には不向きらしいですが、短いものなら、これで十分使えそうです。
なんだか、えらい遠回りをしてしまいましたが、そんなこんなで、結局、まだしばらくCraving Explolerも使い続けることになりそうです。

川瀬巴水展

2017.01.09.00:02

今日は百貨店で開かれていた「川瀬巴水展」を見に行ってきました。
川瀬巴水は、大正から昭和にかけて活躍した版画家で、日本中を旅し、多くの木版画を残しました。

実は招待券をいただいたので行ったまでで、巴水のことは全く知りませんでした。
もともと美術には疎いので、展覧会は大の苦手(^^ゞ
でも、今回だけは、その作品の素晴らしさに見入ってしまいました。
とにかく版画とは思えない精緻さなのです。
細部の色の濃淡もみごとで、まるで色鉛筆で色をつけたよう。
しかも、まるで浮き上がっているかのような立体感があり、思わず立ち止まって見入ってしまうほど。

版画には彫師と摺師がいて、巴水の仕事は下絵を書くところまでなのですが、この彫師と摺師の仕事が素晴らしい。
多分、同じ巴水の絵でも、彫師と摺師が違っていたら、きっと、ここまで素晴らしい作品に仕上がらなかったと思います。
新年早々、眼福にあずかれて、ラッキーでした(^-^)







最新コメント
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア