Le Velvetsメジャーデビュー1周年記念アンコール凱旋コンサート②

2013.12.08.17:29

第2部は衣装もスーツスタイルから、シルバーのスパンコールのシャツにチェンジ。
「情熱のクワンゴ」でスタートしました。
さらに「MI VIDA」「Can't take my eyes off of you」とパワフルな曲が続きます。
これまで第2部は格調高い雰囲気で始まることが多かったので、それとは対照的です。

そのあと宮原さんがワインソムリエの試験に合格した話などが紹介され、彼のソロが2曲続きました。
「宮原浩暢 feat. Le Velvets」が発売されたこともあるのでしょうが、この日は、若干、宮原さんが目立っていた気がします。
その2曲のうちの1曲「Sixteen tons」はうちのダンナに受けていました。
あーゆー、バリバリの低音(だからバリトンって言うのか?)は男性受けするのかもしれませんね。
宮原さんの低音、たしかに魅力的ですが、私は、どちらかというと「VIVERE」のささやくような宮原さんの声の方がそそられます(笑)

そして、もうひとりのバリトンの黒川さん。今までよく聴いてなかったというか、聴こえてなかったというか、あんまり気が付いてなかったのですが(^_^;)、今回は黒川さんのボトムの声がわりとよく聴こえたのは収穫でした。

そのあとは、たしかビートルズの「She Loves You」だったと思うけれど、ちょっと自信がありません。
というのも、これまで Le Velvetsのコンサーでトは、会場にセットリストが貼りだされていたんです。
しかし、今回はありませんでした。
一応、スタッフさんに聞いてみましたが「ありません」と一蹴されてしまいました(^^ゞ
なので、曲順がちょっとうろ覚え。タイトルわからない曲は曲名書いてません(爆)


そのあとは「Celebrate The Love」、そして「Queen must go on」だったかな。
「Queen must go on」は、自分が好きな曲だからかもしれませんが、やっぱり、いつ聴いても良いです。
私は、いろんなロックバンドのQueenのカバーを相当聴いているほうだと思うけれど、コーラスをカバーができるのは彼らだけ。
そろそろプログラムを入れ替えてもいい時期かなとは思うけれど、できればこの曲はずっと聴いていたいです。


個人的に、この日、一番よかったなと思うのは、このあとの「第九~歓喜の歌~」「勝利への道」でした。
そして本編最後の「別れの歌」も。 

アンコールの「Time Say Good By」や2度目のアンコールのアカペラによる「Nessun dorma」もよかったけれど、私はクラシック曲をポップスにアレンジした彼らのオリジナル曲が一番好きです。
もっとも、夫は「オリジナル曲を歌わないからいいね。知らない曲を歌われると、わかんないから」と言っていましたが・・・
うーん、あたし的には「第九~歓喜の歌~」「勝利への道」はベートーベンの「第九~歓喜の歌~」や「威風堂々とは別だと思っているんですけれどもね(^_^;)

なにはともあれ、楽しく、そしてとても質の高いコンサートでした。
先日、FNS歌謡祭を見ていて、あまりに歌が下手な歌手が多くて耳をふさぎたくなりました。
安くもない彼らのコンサートに、これだけひとが集まるのは、Le Velvetsが数少ない大人の鑑賞に耐えうる歌手だからなんだろうなと思います。
もちろん、歌がうまい、ルックスがよい、だけで生き残れるはずもないので、これからが彼らの本当の勝負の時。果たして、どういう方向に進んでいくのか…それはまもなく発売される彼らの次のアルバムが、ひとつの答えになるのではないかと思います。

樋口さんの手からは離れてしまったけれど、中高年をこれだけ夢中にさせるLe Velvetsは、私にとって、非常に興味ある存在です。
この先、彼らがどういう道を歩んでいくのか、もうしばらく注目していきたいと思います。
そして、樋口さんには、次なるお仕事で、私たちファンを楽しませてください、とお願いしておきます。

おまけ
ひとつ残念なことがありました。
それは、マイクトラブル。
1部、2部とも「あれっ?」と思うところがありました。
1部はたいして目立ちませんでしたが、2部は、佐藤さんの歌が一部途切れてしまって、すごく残念でした。
それと終盤、バンドの音が大きすぎて、メンバーの声がかき消されてしまうような場面があったのも残念でした。
まあ、この程度はしかたないのかな、という気もするのですが、やっぱり少し気になりました。
完璧っていうのは、なかなか、ないですね。

comment

Secret

No title

2013.12.08.22:40

しまった。お友達が一番聞きたがっていたダンナの感想を書くのを忘れました(^^ゞ
「ひとり、突出している」→佐藤さんのこと
「いじめられ役の人、いい声なんだけど声量がちょっと足りない」→佐賀さんのこと
意外とまともまことを言ってるので「へぇ、そんなことわかるの?」と言ったら、「これくらいは素人でもわかる」と言い返されてしまいました。わはは!

No title

2013.12.10.19:58

わはは!そうですか、やはりわかる方にはお分かりになる。シュガーは別格かな?まだそこまででもないか、どっちだよですが(笑)クロちゃんは目立たないけど屋台骨を支えとりますです、きっぱり。あの子他で目立つから敢えて脇に徹してる?ってどこまでも甘い見方のわたくしですわ。良い声なんですよ。

けっこうアクシデントあったんですね。いやーカラオケはないわぁ~ それでも及第点頂けたようでなによりです。そして詳しいレポをありがとうございました。お忙しい中深く感謝します。 これからの彼らがどうなっていくのか茉莉さまと一緒に見つづけられたら幸いです。またいつかご一緒にね。

No title

2013.12.10.23:13

どりさん、まんざら甘い味方じゃないと思うわ。私が見ても、黒川さんは敢えて脇に徹してる感ありますもの。でも、そこがまた奥ゆかしくて良いのよね(甘)

まあ、文字にできないこともないわけじゃないのですが(謎笑)、それはまた次にご一緒で来たときにでも(^_-)
最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア