ハウスメーカー選び⑮

2013.09.23.22:53

2月から約3か月かかって、ようやくハウスメーカーをM井ホームに決定することができました。
しかし、M井ホームに決めるとなると、他社に断りを入れなくてはなりません。

途中で音信不通になったMホームはともかく、HハウスとSハウスには非常にお世話になったので、お断りするのがなんとも心苦しい気持ちでした。
でも、いたずらに返事を延ばすことは、かえって迷惑だろうから、とにかく断りを入れなくてはなりません。
メールにしようか、電話にしようか。
何と言って断ろうか…
そんなことを一晩考えながら、翌日、意を決して、まずSハウスに断りのメールを入れました。
ネットを見ていると、断ったら、値下げするから、うちに決めてくれと泣きつかれただとか、夜中に突然、訪問されただとか、いろんなことが書いてあるので少々不安になりました。

しかし、SハウスのOさんから来たメールは、実にあっさり、爽やかなものでした。
「いまさら、一戸建てに住みたくないし、今より面積狭くなるし、全然、家づくりが楽しくない」という私に、
「僕が家づくりを楽しくさせてみます」と言ってくれたOさん。
その言葉は、今でも忘れません。
お世話になりました! 本当にどうもありがとう!

Oさんのさわやかな返信に、すっかり気分が楽になり、その晩はゆっくり眠ることができました。
明日は、HハウスのTさんに断りを入れなくてはなりません。
Tさんは、Oさんと違って、ほとんどやりとりは電話でした。
Tさんは、やはり、電話で断りを入れなくてはならないだろうと思いました。
翌日、いつ頃、どんなタイミングで電話をしようかと考えている矢先、Tさんから電話がありました。
一瞬、戸惑いながらも電話に出ると、Tさんの声はいつになく沈んでいました。
「???」と思いながらTさんの話を聞いてみると…
「実は、いろいろと努力してみたんですが、●000万円という数字はどうしても難しく…。ご期待に添えず申し訳ありません!!」
そうだ! そうでした!
HハウスはSハウスやM井ホームと見積もりで500万円の差がついていました。
Hハウスは躯体が鉄骨なので、木造と同じ金額は無理だとしても、SハウスやM井ホームに+200万の●000万円に抑えてほしいとお願いしてあったのです。
そして、●000万円であれば、M井ホームかHハウスの二択にすると言ってあったのです。

Hハウスはほとんど値引きがありません。
Mホームなどは、見積もりは高くても、いざとなったら100万、200万の値引きは当たり前なんだそうです。
ところが、Hハウスは所長自らが「うちは値引きはないと思ってください」と宣言していて、とりつくしまなしといった感じだったのです。
ところが、そのが転勤になり、新たにやってきた所長はかなり融通がききそうだという話でした。
であるなら、ひょっとするとひょっとして、●000万円もあるかもしれないと期待していたのです。
しかし、結果はNOでした。
「申し訳ありません」を何度も連発するTさんに、こちらのほうが申し訳なくなってしまいました。
正直、こういう展開は予想していなかったので、あれこれ、断りのセリフを考えていたのですが、それを言う必要がなくなって、ほっとしたというのが本音でもありますが・・(^_^;)
Hハウスは、お付き合いの期間も一番長かっただけに、Tさんの胸中を思うと心苦しいものがありました。
それに、うちの間取りのベースは、最初にHハウスに引いてもらったプランが元になっています。
他社は、最初の図面と二度、三度の図面は、まったく違う間取りに変わりましたが、Hハウスだけは、ほぼ最初の図面の間取りのままでした。
つまり、それだけ最初に出てきた図面の完成度が高かったわけです。
それも含めて、Hハウスには「長い間、お世話になりました」と御礼を言いたい気持ちでした。

comment

Secret

最新コメント
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア