ハウスメーカー選び⑨

2013.08.04.14:54

次のM井ホームとの打ち合わせの日。
その日は、夫は仕事の都合で参加できず、私だけが事務所へと出向き、間取りを詰めることになりました。

図面を前に設計士のMさんの話を聞いていると、北側斜線制限の影響で2階に母屋下がり(天井が斜めに下がる)ができてしまうのが気になりました。
室内の天井が下がっているのは、どうも気に入りません。
そこで素人の思いつきで
「西側のクローゼットを北にもってきて、クローゼットのなかに母屋下がりが隠れるようにするっていうのはだめかしら?」
と言ってみました。
するとMさん
「だったら、こういうのはどうでしょう? 西側のクローゼットはそのままで、北側の母屋下がりの部分に下屋裏収納を作るというのは?」

下屋裏収納とは1階の屋根部分に収納を設けたもので、2階から階段なしで出入りできるのです。
物の出し入れを考えたら、梯子より固定階段、固定階段より階段なしの方がいいに決まってます。
「ええっ、そんなものが作れるんですか?」
「作れます」
「それって小屋裏同様、床面積に含まれないんですか?」
「天井高が1.4m以下なら含まれません」
「だったら、それにしてください!!」
そして、Mさんが書き直した下屋裏収納のプランを見たとき、「おおっ、私が待っていたのはこれだっ!!」
と思ったのでした。

家に帰って、夫に下屋裏収納のプランを見せると、夫もすっかり満足したようすで、この時点で、夫も私も「M井ホームで決まりだな」と思ったのでした。
この間、他社ともそれぞれ打ち合わせを重ねてきて、各社とも、徐々に希望に近づいたプランになってきてはいたのですが、M井のこのプランを超えるものは、この先も出ては来ないだろうと思ったのです。

と、翌日、Hハウスの営業のTさんから電話が入りました。
下屋裏収納のプランを出してきた他社に決めようと思うと伝えると、Tさんは驚きを隠せない様子でした。
実は、Hハウスは当初、下屋裏はおろか、固定階段の小屋裏も作れないと思っており、最初は梯子の小屋裏収納のプランを出してきていたのでした。

というのも、小屋裏の規定は、市町村によって異なり、うちがお世話になっていたHハウスの営業所の主たる営業エリアは、ほとんどが固定階段不可の地域だったのです。
ところが、うちの実家のある市は固定階段OKなのです。
「M井は固定階段つけられると言ってますけど」
そういうとTさんは、たいそう驚いていました。
すごく変な話だと思うのですが、Hハウスの主たる営業エリアは1課、うちの実家がある市は2課という違いがあるのですが、同じ役所の管轄なんです。
同じ役所のなかで1課と2課で建てられる家が変わってくるなんて、なんか、ちょっと変ですよね。
でも、実際そうなんです。
そんなんわけで、ベテランといえど、1課で主に営業をしてきたTさんは、これまで固定階段の小屋裏だの下屋裏だのというものは経験したことがなかったのでした。

しかし、そこはさすがベテラン営業マン。固定階段の小屋裏が作れるのが間違いでないとわかると、早速、固定階段のプランを設計に頼んで図面を作成させたTさん。
今度もまた、下屋裏収納のプランをHハウスにも作らせてくれと言うのです。
内心、「Hハウスで下屋裏を作るのは構造的に難しいでしょ」と思いつつも、一番早い時期から交渉を続け、執拗に食い下がるTさんの熱意に負けて、思わず「わかりました。その図面を見て最終決定させていただきます」
と答えてしまいました。

そう、なんだかんだ言っても、我が家もこの時点では、まだ多少Hハウスに未練があったのです。
「Hハウス、高いけどいいよね」
今回、家を建てるという話をしてから、何人もから、この言葉を聞きました。
「象が乗っても壊れない」というHハウスの売りは、躯体の頑丈さです。
たしかにALCコンクリートの躯体は本当に素晴らしく、夫もある時期までは、完全にHハウスに傾いていました。
しかし、内装はイマイチ、外観はALCコンクリートで変えようがない、コンクリートの厚みの分、室内はせまくなる…などなど、マイナスの部分も目につくようになってしまったのです。
しかも、この段階でHハウスとM井ホームとの間には見積もりで300万円の差がついていました。

「やっぱりM井だね」
夫と私は、そう話し合うと、週明けの打ち合わせで、M井ホームに契約OKの返事をするつもりでいたのでした。

comment

Secret

最新コメント
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア