ハウスメーカー選び⑦

2013.07.22.15:32

なんだかんだで、しばらく中断してしまいましたが、「ハウスメーカー選び」の続きです。

さて、途中で連絡が途絶えてしまったMホーム、営業マンが自ら図面を引けるほどに優秀だったがために、設計師が出てくるが遅すぎたSハウス、そして金額と家の形状で、我が家では全然良さが発揮できないHハウス、そしてトンでもな図面の連続のM井ホーム・・・・。
もはやハウスメーカーは総崩れです。

ここで浮上してきたのが、建築家に依頼するという案です。
そもそも、なんで高いのにハウスメーカーに依頼しようと思ったかといえば、知り合いの工務店とか建築家がいなかったから。
それこそ我が家は結婚以来、ずっとマンション住まい。
友達も、マンション住まいがほとんどで、戸建てに住んでいる友人は数えるほどなのです。
もちろん、あちこち声をかければ、何人かは紹介してもらえるでしょうが、断ることになった場合を考えると、それはそれで厄介に思えたのです。

しかし、ハウスメーカーが、どこもこんな状況では、そんなことも言ってられず、以前から妹が興味を持っていた松岡在丸さんというかたの建てた家を見学しにいくことに。
この松岡さんという方、なかなか、おもしろいおじさんで、自宅をモデルルームとして開放しているのです。
しかも、うれしいことに、その自宅が、うちからわずか2駅。

これがその松岡さんのご自宅です。

わが屋の狭い敷地に、あの太い柱で建てたら、床面積がますます狭くなると思い、結局はあきらめましたが、建てられるものなら、こういう家も悪くないなと思いました。

この頃、私が家を建てることになったという話を聞いて、何人かの友人が建築家を紹介すると言ってくれました。
自分と考えの一致する建築家に巡り合えれば、多分、そのほうが満足のいく家が建つでしょう。
しかし、調べていくうちに、建築家との家づくりは、家づくりの過程で問題が起きることが多いということもわかりました。
ハウスメーカーの住宅と違い、すべてを白紙の状態から始めるため、希望とかけ離れた住まいになってしまうリスクも高いのだそうです。
下手をすると、建築家の夢を実現するために、お金を払ったようになってしまうケースもあるのだとか。
その話を聞いて、やはり、建築家に依頼するのは、もう一度、M井ホームの図面を見てからにしようと思ったのでした。

comment

Secret

最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア