DOWNTOWN FOLLIES Vol.9

2013.06.30.11:41

タダ券が当たって「DOWNTOWN FOLLIES Vol.9 」千秋楽を見に行ってきました。 「DOWNTOWN FOLLIES 」は、2002年の初演から10年 の月日を経て、進化し続けてきた スーパーミュージカル・レビュー。 私も、その名前だけは耳にしていましたが、それ以上の興味を持ったことはなく、これまで完全にスルーしてきました。 しかし、今回、たまたま応募したチケットプレゼントに当選。 それならばと見に行ったのでありました。 そして出かけたのは今日の千秋楽。 会場の北千住1010はキャパ700人程度の劇場ですが、千秋楽だというのに、残念ながら満席ではありませんでした。ほんと、もったいないなぁ~。 出演は、島田歌穂さん、香寿たつきさん、 北村岳子さん、 平澤智さん。 島田さんと香寿さんの舞台は見たことがありましたが、北村さんと平澤さんは初見。 北村さんは劇団四季のご出身だそうで、シルビア・グラブさんと似た雰囲気がありました。 そして黒一点の平澤さんは、実年齢より、かなりお若く見えました。 そして幕を開けた「DOWNTOWN FOLLIES Vol.9 」。 とにかく面白い! こんな面白いミュージカルだとは知りませんでした。 とにかく最初から最後まで抱腹絶倒。 休憩なしの2時間15分、まったく飽きることがありません。 特に今回は、テーマが「ミュージカル」。 劇中には、ミュージカル史を代表するナンバーが目白押し。 おまけに、今年のお正月に映画を見た「レ・ミゼラブル」や、あの「ナイン」も登場! もう完全にツボです。 そのうえ、前田敦子(というよりキンタロー?)、石田純一(というより、小石田純一?)、デヴィ夫人、大屋政子、メイ牛山、叶姉妹などなど、おもしろキャラが総登場。 「今でしょ!」や橋下市長の慰安婦発言も飛び出して、おもしろさてんこ盛り。 ときにかなり際どい下ネタなども登場するのですが、下品に落ちることなく、ギリギリのところで大人のユーモアに昇華しているところが見事でした。 また、音楽を担当するDOWNTOWN FOLLIES 管弦楽団の生演奏もgood。 なんとキーボードは玉三郎さんの八千代座公演にも出演していた、江草啓太さんでした(驚)。 「DOWNTOWN FOLLIES 」、翻訳もののミュージカルとはまったく違う、日本のオリジナルミュージカルならではのおもしろさがありました。 日本でしか通用しない内容ですが、日本人だからこそ楽しめる、最高におもしろいジャパニーズ・ミュージカルでした。

comment

Secret

最新コメント
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア