FC2ブログ

ナイル夢紀行⑪

2020.01.12.17:26

市場をあとにした私たちは、昼食をとるためにカイロ市内のレストランに向かいました。
お皿に乗っているのは、エジプトの国民食と呼ばれる「コシャリ」と、エジプトや中近東ではポピュラーな「コフタ」。
「コシャリ」は米にレンズ豆、ひよこ豆、さらにマカロニやパスタを加えた、日本でいうと、そば飯のような食べ物。そこにスパイスをきかせたトマトソースをかけて食べます。
「コフタ」は羊などのひき肉にスパイスを入れて、ソーセージのようにまとめて焼いた、焼き鳥のつくねのような食べ物です。
どちらも日本人にも食べやすく、おいしくいただきました。特に「コフタ」は、私の一番お気に入りのエジプト料理となりました。


食後は、カイロ市内にあるビザンチン様式のモハメッド・アリ・モスクを見学。


その後、古代エジプトの財宝の数々が所蔵されている「エジプト考古博物館」を見学しました。


所蔵物のほんの一部ですが、ご紹介します。これは王子ラーホテプと、その妻ネフェルトの像。


この四角い箱は、重厚に金メッキを施した厨子です。


いかにもエジプトという感じの黄金のマスク。


すべての所蔵品をじっくり見て回ろうと思ったら、最低でも丸1日はかかりそうでした。
再びエジプトに来る機会はないと思いますが、もしも来れるなら、今度は時間をかけて、ゆっくりと博物館を見て回りたいです。

ところで、エジプトには、ちょっと妙な決まりがありました。
それは、遺跡や博物館などで写真撮影をする際、スマホで撮影するのはよいのですが、デジカメでの撮影は、原則禁止されているのです。あるいは、デジカメで撮影したい場合は、入口で2000~3000円支払ってカメラを持ち込まなくてはなりません。
なんとも変な話ですが、どうやらこれはスマホが普及するまえに作られたルールらしく、スマホでの撮影が一般的になった現状にルールが合わなくなってしまったということのようです。

また、今回、ブログに載せた写真の中に、貴重なものはありません(笑)
ピラミッドの中にしても、博物館の中にしても、貴重なものは撮影禁止でした。
たとえば、ツタンカーメン王のマスクやミイラなどは撮影できませんでした。

さて、博物館の見学を終えた私たちはエジプトでの最後の夕食をとるため、レストランへと移動しました。

comment

Secret

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
FC2カウンター