FC2ブログ

夢で逢えたらVOX

3/21発売のシリア・ポール「夢で逢えたらVOX」。
マニア向けのコレクターズアイテムですが、運よく現物を手にすることができたので、ちょっとご紹介したいと思います。

「マニア垂涎」という言葉がありますが、このVOXはまさにマニアにとって、これ以上ないくらいの貴重アイテムとなっています。
宣伝コピーに「究極のコレクターズアイテム」と書いてありましたが、その看板に偽りなし。
プロデューサーの大瀧詠一さんが異なるスタジオでミックスダウンした3つのマスターテープを軸に、シングルver、ライブ音源、アウトテイク、プロモ盤、カラオケなどをこれでもかと収録。音源は全て最新マスタリングが施され、シリア・ポールのインタビューや未公開写真も含む豪華)ブックレット付。アナログ盤2枚はメトロポリススタジオにおける最新ハーフスピードカッティングマスターを使用した180g重量盤仕様で、アナログシングル、プロモシングルも収録されているといった具合。
過去に日本人アーティストで、ここまでマニアックなコレクターズアイテムが発売された例はないのではないでしょうか?
もし、樋口作品のこんなVOXが出たら、迷わず買っちゃうんですけどね~。
このVOXを購入しているのは、シリア・ポールさんのファンの方ももちろん多数いらっしやると思いますが、それ以上にナイアガラ・ワークスのファンの方が多いのではないかと思います。
そんな徹頭徹尾、ナイアガラ・ワークスのVOXの中に、いささか唐突に樋口さんの「香り'77」が収められているわけです。
私としては、樋口さんと大瀧さんは、まったくと言っていいほど直接的な関わりがないので、はたしてナイアガラーの皆さんが、樋口さんのことをどこまで知っているのだろーか?という不安がありました。

そのあたりが非常に気になり、ライナーにどのように記述されているか読んでみたところ、樋口さんに関する説明は「作曲家」という以外、一切、説明がありませんでした(笑)
しかし、「香り'77」が、以前、大瀧さんのラジオ番組で流れたことがあったこと、番組ではONアソシエイツの関口さん途の繋がりでCMが流れた経緯が説明されなかったことから、ファンの間では「香り'77」は謎のCMとして語り継がれてきたものであったそうなのです。

考えてみたら、このVOXを購入するようなコアなナイアガラ―は、おそらく過去に発売された「ONアソシエイツ CM WORKS」も購入していると思います。
そこには、樋口さんと大瀧さんの作品の両方が収録されているものもあるので、ナイアガラ―の方たちが、樋口さんのことを全く知らないということはないのかもしれません。
むしろ、ナイアガラ―の方たちは音楽に対する鋭い感性をお持ちのかたが多いので、もっとずっと以前から樋口さんのことをご存じの方も多いのかもしれません。

それにしても驚いたのは、このVOXが発売されてから、まだ10日ほどしかたっていないのに、すでにAmazonのレビューが8件もついていました。
つまり、それだけ、このVOXが売れているということですよね。
みんな、お金持ちなんだなぁ・・・びっくりしました(笑)

おっと。肝心な「香り'77」ですが、ラインバージョン、メロディーバージョン、そしてそれぞれのモノバージョンの4つのテイクが収録されています。
odamari
Posted byodamari

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply