入院1 週間

2017.10.22.17:15

早いもので入院して1週間が過ぎました。

入院初日は検査があったり、家族や親戚が見舞いにきて、あっという間に一日が過ぎました。

2日めは日曜日ですることもなく、どうしたものかと思いましたが、転倒時に体を打ったとみえ、その打撲痕が、そこここに表れてきました。加えて骨折していることもあってか、微熱まで出る始末。足を骨折しただけで、体は元気…なんて思っていましたが、そんな甘いもんじゃありませんでした。

3日めは翌日の手術に備え、看護士さんに手伝ってもらって入浴。移動は車椅子ですが、3日めともなると、車椅子の操作もだいぶ板についてきました^_^

そして17日の午後、足にチタンプレートを入れる手術を行いました。
当初は、全身麻酔で手術を行う予定だったのですが、肋骨にヒビが入ってる可能性が出てきたため、腰椎麻酔に変更することに。
なんでも全身麻酔は、肺を圧迫することがあるので、肋骨が折れたりヒビの入ってる時は、やらないほうがいいのだとか。
部分麻酔だと、骨を削る音とか聞こえるから全身麻酔のほうが良いと聞かされてたので、いまさら、そんなこと言われても…と思いましたが(^^; 、睡眠導入剤のおかげなのか、手術中はぐっすり。
痛みを全く感じることもなく、手術時間も予定されていた1時間半を大幅に短縮した35分で終了し、やれやれと胸をなでおろしました。

ところが、苦しみはそのあとに襲ってきました。
手術した日はリカバリールームという、ナースステーションに近い部屋で一晩過ごすのですが、この一晩がまさに地獄の苦しみ。
まるで鉄の足輪が足首に食い込むような激痛と圧迫感が絶え間なく襲ってくるのです。
痛み止めは処方されているんですが、効いてるんだかいないんだか。少しウトウトしては痛みで目が醒めるの繰り返しで、朝をむかえたのでした。

でも、そんな激しい痛みも朝になると一段落。痛みはあるものの、我慢できる程度になりました。
そして朝の回診。「咲夜はどうでしたか?」という先生の質問に「纏足をやられてるような痛さでした」と答えたら、先生はじめ、そこにいあわせた看護士さん全員ポカーン。
しまった。纏足なんて、今の若い人たちは知るわけないか(^^;
なんせ、先生からして推定年齢35歳。
あたくしの例えが古過ぎました(^^;)

その後、2日間は点滴しながらベッドで安静。
その間に体力が回復したのか、このころから、なかなか眠れなくなってしまいました。
さて、今夜はどうなることやら??

カトリックの病院なので壁に十字架があったりします

comment

Secret

お誕生日おめでとうございます

2017.10.25.23:36

思いも寄らなかった入院中のお誕生日ですね
どんな一日を過ごされたのでしょうか

想像以上に辛そうな入院生活レポートで、
お気の毒でなりません

このお誕生日をきっかけに、あれこれリセットされて
お元気な新生マリさんになれますように

リハビリも大変なことでしょうが、がんばってください

追伸
入院中でしたが、選挙はどうなさいましたか?
期日前に済ませてあったとか?

順調です

2017.10.26.17:11

reikotさん、ご心配おかけしました。
術後は地獄でしたが、その後はおかげさまで順調に回復しています。
車椅子、歩行器、杖、そして今日は杖なしで歩く練習まで到達しました\(^ω^)/
まだ、痛みはありますが、このぶんだと当初の見通しより、早く退院できそうです(^^)

安心しました

2017.10.26.23:33

順調に回復されているとのことで、何よりなにより❤
しっかり食べて寝て、体力付けてリハビリにのぞんでください

マリさんの自然治癒力がパワー全開になることをお祈りしています

No title

2017.10.27.19:09

快方にむかってらっしゃるようで、良かったです。
事故ってこわいですね。気をつけるようにしてても、起きてしまうのが事故なんですね…。
一日もはやいご回復をお待ちしています。
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
FC2カウンター