礼文島へ

2017.09.22.17:14

旅行2日目。
この日はフェリーの出発時刻に合わせ、朝4:30に起床し、5:00にホテルで朝食、5:45にはホテルを出発するという慌ただしいスケジュール。
約115分フェリーに乗船して礼文島に向いました。
IMG_7470.jpg
フェリーはたくさんの観光客でごったがえしていましたが、船の揺れもたいしたことはなく、無事に礼文島に到着。

礼文島に到着して最初に向ったのは、ウニむき体験センター。
ここでは器具を借りて自分でウニをむき、むいたウニを食べることができます。
1個800円ですが、まだ生きているウニをむいて、その場で食べるのだから、おいしさが違います。
これはケチらずにやってよかった(笑)
ウニ
そして初めて知ったのですが、ウニのオスとメスでは身の色が違い、メスは赤褐色、オスは黄褐色をしています。
見た目は赤褐色のほうがおいしそうに見えるのですが、味は断然、黄褐色のオスのほうが良いそうです。
うーん、これまで勘違いしてました。これからは色に惑わされず、オスを選ぶようにしなくちゃ。

お昼は、漁業協同組合の直営店で、ウニ、いくら、ボタンエビなどの海鮮舟盛膳を。
新鮮な魚介に勝るご馳走はありませんヽ(^o^)丿
ランチ

食事のあとは再びバスに乗り込み、スコトン岬へ。
スコトン岬は礼文島最北端の地で、晴れた日には遠くサハリンを望むことができ.ます。
写真ではわかりずらいのですが、お天気に恵まれたこの日もしっかりサハリンを臨むことができました。
スコトン岬

続いて向かったのは、礼文島を代表する景勝地、澄海岬
その海の美しさは、言葉にできないほと゜。まさに絶景でした。
スカイ岬

IMG_7516_201709221825052c3.jpg

美しい風景を目に焼き付け、再びバスで移動したあとは、桃岩展望台を1時間ほどかけてミニハイキングをしました。
最盛期はすぎていましたが、いろいろな種類の花を見ることができました。
また、秋の訪れを感じさせる、ススキも一面に広がっていました。
花青
花黄

最後に立ち寄ったのは、吉永小百合の主演作「北のカナリアたち」のロケ地となった「北のカナリアパーク」。
撮影で使用された校舎のには、ロケ時の写真や実際に撮影で使われた衣装が展示されていました。
ロケ地

礼文島をほぼ一周し、再びフェリーで次の目的地、利尻島へと向かい、この日は利尻島で一泊したのでした。
フェリー

comment

Secret

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
FC2カウンター