名作アニメ作家 版画展

2017.01.27.00:02

今日、立川高島屋を通りかかったら、小田部羊一・関修一「名作アニメ作家 版画展」というものをやっていました。
入場無料の展示だったので、そばを通りかかったついでに見ていたら、どこかで見たような絵が目に飛び込んできました。
そう、「小公女セーラ」です!
版画は2枚あり、1枚は人形を抱いているセーラ、そしてもう1枚はセーラとロッティを描いたものでした。
ちなみに前者は10万円、後者はなんと50万円という値段が付いていました(驚)

版画展には他にも名作劇場の作品がいろいろ並んでいましたが、やはり、名作劇場のキャラクターデザインはいいですね。
久しぶりに見るキャラクターたちに心和みました(^^)
takashimaya.jpg

comment

Secret

2017.01.27.20:46

原画ならともかく、版画で50万というのもすごいですね。アニメで育った世代が50代くらいになって、余分なお金を趣味に使える時代になったと踏んでのことでしょうか。
小公女セーラのCDは、ウォークマンに入れて、いまでもよく聴いていますよ。絵のかわいさでいえば、名作劇場のなかでもトップテンに入るでしょうね。音楽も全く古びてないし。
これを見た外国の人が音楽について最大限の賛辞を送っていたサイトが昔、ありましたね。今でもあるのかな。(調べてみたら、ありました。http://www.little-princess-sara.net/musicE.html

版画は高い

2017.01.29.00:05

お値段聞いてびっくりでしょう?
私も、最初、一桁間違えたのかと思いました。
ほんとに原画でもないのに、すごい値段です。
こないだ見に行った版画の方が、版画としてはすごいと思うんですが、10分の1の値段でしたもの。

少し前に、やはり百貨店で手塚治虫作品の版画展を見ましたが、こちらも20万だったかな?
ほしいけど、さすがにこれでは手が出ません^^;

ところで、いまさら知りましたが、名作劇場の中でも「小公女セーラ」はベスト5に入る人気作品らしいですね。
とあるランキングでは「フランダースの犬」がダントツ人気第1位でしたが、2位は「セーラ」でした。
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
FC2カウンター