エルトン・ジョンのコンサート

2015.11.21.01:57

1974年のエルトン・ジョンの武道館コンサート、それがおそらく私が初めて見た外タレのコンサートでした。
調べてみると公演が行われたのは2月。
ということは、このときはまだ「ステージ101」が放送されていたということになります。
そして私も、まだ中学生だったわけで、今にして思うと、よくまあ、ひとりで武道館まで行ったものだなと思います。

さすがにこの時の公演のことはほとんど忘れていますが、パンフレットは今も手元にあります。
そして、なぜ、このコンサートを見に行こうと思ったのかも、よく覚えています。
それはピコが「ステージ101」で、エルトン・ジョンのカバーをやってたから。
よくよく調べてみると、実際には「人生の壁」と「ロケットマン」の2曲くらいしかカバーしていないのですが、同じピアノの弾き語りというスタイルだったせいか、私にとってエルトン・ジョンはピコと重なる、ちょっと特別な存在だったのです。

それから20年近くが経過した1988年。私は再びエルトン・ジョンのコンサートに行くことになります。
このとき行った理由は明確です。それはビリー・ジョエルとのジョイントだったから。
ふたりのピアノマンの競演となれば、行かないわけにはいきません。
この時のコンサートのこともほとんど忘れてますが(笑)、ひとつはっきり覚えているのは、圧倒的にエルトン・ジョンのほうが華があったということ。
たしかこの時、エルトンはかなりド派手な衣装だったと記憶しています。一方のビリーは、たしか地味なスーツスタイルでした。
そしてこの衣装に象徴されるように、ふたりのステージも対照的でした。

ビリー・ジョエルとエルトン・ジョン。
どちらも素晴らしいアーティストで、「聴かせる」部分に関しては、互角だったと思います。
でも「見せる」部分に関しては、圧倒的にエルトンが勝っていました。
エルトンのステージは、まさにエンターテイメント。
それまで、ビリー・ジョエルとエルトン・ジョンを比較したことはなかったのですが、この時、私は、「自分はどちらかといえば、エルトン派なんだな」と自覚しました(笑)。

続く

comment

Secret

最新コメント
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア