LIXILに幻滅

2015.06.11.22:56

昨年の晩秋頃からだったろうか。
玄関でしきりとパキバキと音が発生するようになった。
新築したばかりだし、寒くなって屋外と屋内の温度差で、いわゆる「家鳴り」が発生しているのだろうと思った。
「家鳴り」にしても、ちょっと激しいなとは思っていたけれど、その時は、さして気にもとめていなかった。

明けて今年3月。ハウスメーカーの1年点検がやってきた。
ひととおり、不具合を報告したあと、「ほかに何か気になることはありませんか?」と尋ねられ、夫が
「朝、玄関を開けるとバリバリッと音がする」と言った。
ハウスメーカーの担当者は「パッキンの音じゃないか」と言ったが、夫はそういう音ではなくて金属音だと答えた。
するとハウスメーカーの担当者は、ねじが緩んでいるのかもしれないと言って、その場でねじを締め直してくれた。
ただ、その音が常に発生するものではなく、朝、一番でドアを開閉したときに出る音だったので、その場ではねじを締めて問題が解決したかどうかはわからず、しばらく様子をみてほしいと言われて。
その時点では、私自身も、夫の言う金属音を聞いたことがなかったので、とりあえず、様子を見ることにした。

それから、しばらくしたある日のこと。
仕事から帰宅した私が玄関ドアを開けると「バリバリバリッ」とものすごい音がした。
たとえて言うと、ビニール製のゴミ袋に張り付いたガムテープをはがすような音。
その音を聞いて「ああ、夫が言っていた音は、これのことだな」とわかった。
それは、明らかに異常な音だった。
しかし、その音は、開閉の度に起きるわけではない。
朝一番とか、日中、外出していて、長時間ドアを開閉しなかった帰宅時とか、そういうときに稀に発生する。
簡単に再現することができないので厄介なのだ。

「変だ」「おかしい」と思いながらも、再現性が乏しいので、その後も、しばらくは様子を見るしかなかった。
しかし、そうこうしているうちに、今度は、そこまで激しい音ではないが、ドアを開閉する3回に1回位の割合で「ピシッ」と
いうような金属音が発生するようになった。
さらに、これまで「家鳴り」だった音も、実は音の発生場所がドアだという事が判明した。

そこで、玄関ドアの取説を見てみると「太陽でドアが熱せられたような場合、外気との気温との温度差で異音が発生することがあるが、それは異常ではない」というようなことが書いてあった。
それを読み、確かにそういうことはあるだろうと納得したが、うちのドアの場合は、そうした正常の範囲の異音とは少し違うというのは、夫と私の一致した見解である。
「やはり、何かおかしい」というとになり、再び、別件でやってきたハウスメーカーの担当者にドアの異常を訴えた。
幸い?にも、その担当者がいるときに、ドアから「ピシッ」という異音が発生したので、その担当者も、私たちの訴えを認め、
ハウスメーカーから、玄関ドアのメーカーであるリクシルに連絡して対応してもらえることになった。

と、ここまではよかったのだが、そのあとのリクシルの対応が最悪だった。
翌日、さっそくリクシルから電話があったが、電話をかけてきたのは、お客様相談センターの担当者だった。
案の定、お客様相談センターの担当者は「温度差などによってドアに異音が発生することがある」とマニュアル通りの説明をした。
が、こっちは、そういうものではないと思ったから、ハウスメーカーを通じて連絡したのだと言うと、「では、担当の営業所に連絡して、営業所からお客様に連絡させるようにします」と言って電話を切った。
このときのお客様相談センターの担当者の物言いも、かなり、不愉快だったのだけれど、ハウスメーカーから、きちんと話が伝わっておらず、とりあえず、お客様相談センターが、よくあるトラブルだと思ってマニュアルどおりの対応したのだろうと思い、その場は我慢した。

そして、その翌日。今度は営業所の担当者と思われる人から電話がかかってきた。
が、この対応が最悪だった。
まず、お客様相談センターに話したのと同じことを、もう一度、最初から説明させられる羽目になった。
そして話を聞いた担当者は「過去にそんな例はひとつもない」「うちでは、問題になるような製品は作っていない」など、まるでこちらがクレーマーかなにかのような言いぐさなのだ。
そりゃ、もしかしたら、あのひどい異音も、メーカーにしてみると「正常」の範囲なのかもしれない。
しかし、仮にそれが「正常」の範囲だったとしても,フツー、客からそういうクレームが来たら、まず最初に言うべきことは、とりあえずは「ご迷惑おかけしてすみません」じゃないの?
実際に現場を見て確かめたわけでもないのに、客をまるでクレーマー扱いするリクシルの対応には呆れるばかりだ。
この対応には、さすがに私もブチ切れて、思いっきり不機嫌な口調で怒りの返答をしたら、先方は「改めて連絡します」と言って、電話を切った。

そして翌日、今度は別の担当者が電話をかけてきた。呆れたことに、ここでまた1から状況を説明しろと言われる。
いったい、この会社の連絡体制ってどうなってるの? はっきり言って、開いた口が塞がらない。
しかも、こちらが説明した揚句に「ドアから金属音がするというのと、開閉時に音がするというのと、どっちなんでしょうか?」とアホな質問をしてきたので「どっちもですよ!!」と答える。
すると、この担当者、気が弱いのか頭が弱いのか、こちらが強く出ると返事に窮して電話口で沈黙してしまい、無駄に時間が経過する。
正直、リクシルがここまでお粗末な会社だとは思っていなかった。
これから新築、リフォームする人に、リクシルは絶対勧めない(笑)。









comment

Secret

最新コメント
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア