黒蜥蜴

2018.01.30.01:08

中谷美紀主演、ルヴォ―演出の「黒蜥蜴」を見に行ってきました。
そもそも、この舞台を見てみたいと思ったのは、江戸川乱歩が好きだったから。
子どもの頃に大ハマりして、ずいぶんと全集を読み漁ったものでした。

その乱歩の「黒蜥蜴」をあのルヴォ―が演出し、中谷美紀さんが演じると聞いて、これはぜひ見たいと思いました。いや~、おもしろかった!
別に中谷さんのファンというわけではないのですが、彼女は緑川夫人のイメージにピッタリ。衣装も素晴らしく、それだけでも一見の価値がありました。
なにより感服したのは、独特な言い回しの膨大な台詞を彼女が見事に演じきっていたこと。舞台の幕が開くやいなやプロの仕事を見せつけられ、感心しきりでした。

明智小五郎を演じたのはミュージカル界のプリンス・井上芳雄さん。明智小五郎といえば「土曜ワイド劇場」の天地茂を思いだしてしまう私には、井上さんの明智小五郎はいささか若すぎてピンとこなかったのですが、ミュージカル界のプリンスの力量は、ストレート・プレイでも十分発揮されていました。

ルヴォ―の演出は、妖艶で耽美な世界をダンサーを使うなどした独特のもので、どこか西洋の香りが漂っていました。「ナイン」の時も思ったのですが、空間の使い方がうまく、さすがと思わせるものがありました。

音楽は江草啓太さん。ピアノ、バイオリン、ベース、ドラム、バンドネオンというバンド編成でタンゴやジャズのテイストが取り入れられていました。
「黒蜥蜴」というと、樋口さんがかつて音楽を担当したNHKのラジオドラマ「黒蜥蜴」を思いだしますが、今回の「黒蜥蜴」の音楽、なかなかよかったと思います。なかでも私はバンドネオンが、乱歩の世界にとても合っていると思いました。
もし、今の樋口さんが、この舞台に音楽をつけるとしたら、やはり、このような感じになるのではないかとも思いました。

舞台が始まる前は、ラジオドラマの音楽の印象が強いので、すんなり馴染めるか心配でしたが、三島由紀夫の戯曲をもとにした舞台、江戸川乱歩の原作をドラマ化したラジオドラマ、そもそもこの2つの音楽を比較すること自体、ナンセンスでした。それぞれにそれぞれの良さがあり、まったく別のものとして楽しめた。そんな印象でした。

ところで、会場でたくさんもらったチラシの中にLe Velvetsの佐藤さんが出演する舞台のチラシがありました。しばらく見ないうちに佐藤さんがやたらカッコよく垢抜けててびっくりしました(笑)

舞台を見るのは本当に久しぶりでしたが、やはり生の舞台はいいですね。
また、おもしろい演目があったら、見に行きたいとおもいました 。

「銀座わが町」発掘!

2018.01.21.10:45

「銀座わが町」の第1回目の映像が発掘されたそうです!!
http://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/news/detail179.html

圭太は途中から登場したので、第1回目のこの映像には樋口さんは映ってないと思いますが、番組初期の映像はこれまで発掘されていなかったので、これは貴重な発見!
ピコファンの皆様、早くこの映像がアーカイブスで公開してもらえるようリクエストしましょう。
そして、「ぜひ圭太登場の回の映像も発掘してください」とお願いしましょう。


青年座の「カルメン」

2018.01.14.14:16

今日、片付け物をしていたら、古い新聞のコピーが出てきました。
1991年9月28日付の東京新聞夕刊文化面の、青年座の「カルメン」の紹介記事です。
全部紹介すると長くなるので抜粋ですが
「音楽は、ビゼーのオペラ曲とスペインの民族音楽を使い、スペイン舞踊も織り込んで、物語の持つ大地のにおいを強調した構成にしている」
と書いてあります。

残念ながら、この舞台があったことは知らなかったので見ていないのですが、いままで青年座の「カルメン」の音楽は、単にビゼーのオペラ曲を樋口さんが編曲したものだろうと思いこんでいました。
でも、スペインの民族音楽が取り入れられているというこの記事を読んで、俄然、青年座の「カルメン」の音楽に興味が湧いてきてしまいました(笑)
「カルメン」は「三文オペラ」と違って、レコードにもなっていません。
今となっては聴くことができないのが残念です。




「機動戦士ガンダムX」ブルーレイボックス

2018.01.10.21:54

3月23日に「機動戦士ガンダムX」のブルーレイボックスが発売されるそうです。
このボックスには、本編の後日談となる描き下ろしコミックが封入されるそうなので、ガンダムファンにとっては見逃せないものになりそうですね。
http://www.gundam-x.net/bluray.html

DVDからブルーレイと、メディアの進化に伴って再び作品が商品化されるのは、この作品の人気の証でしょう。ブルーレイボックスをきっかけに、樋口さんの音楽と出会う人が、ますます増えてくれることでしょう(^^)

ピコ発見!!

2018.01.07.20:41

昨夜放送のETV特集 第1回「日本とイタリア」で放送された「ステージ101」の一場面。
由美かおるさんの後ろのロングヘアーがエミさん、その後ろがピコですよね!
嬉しくてビデオをコマ送りして撮影しちゃいました(^^ゞ
懐かしい映像に感激です!!

101.jpg 

シリア・ポール「夢で逢えたらVOX」

2018.01.04.22:56

3月21日に、シリア・ポール「夢で逢えたらVOX」というLP2枚+EP2枚+CD4枚の全8枚組のボックスが発売されるそうですが、この中に樋口さんが音楽を担当した資生堂のCM「香り’77 」4バージョンが収録されているようです。

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/yumedeaetara/


すっごく聞きたいし欲しいんです。でも、このボックス、2万円もするのはしかたないにしても「夢で逢えたら」のバージョン違いが何曲も収録されていて、マニア以外の人間には、かなり手が出しにくい感じです。

仮に30秒CMだとしても、4バージョンで2分。

2分のために2万円・・・・さすがの私も、これはちょっと手が出ないかなぁ…(^_^;)

CD1枚だけバラ売りしてくれたら、迷わず買うんだけどなぁ。




新年のご挨拶

2018.01.04.14:05

あけましておめでとうございます。あっという間に三が日が過ぎてしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

2018年は、映像公開に期待できそうな年になる予感がしています。
樋口さんが提供してくださった「ふりむくな鶴吉」の映像公開はもちろん、「ステージ101」や「レッツゴーヤング」などの映像の発掘も進んでいるようですし、1/6にはETV特集でも映像が見られそうです。
楽しみですね(^O^)



最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
FC2カウンター