梅は咲いたか桜はまだかいな

2016.02.27.10:17

近所の梅の樹が満開です。もうすぐ春ですね(^o^)

新BSにっぽんのうた放送日

2016.02.25.00:16

他のところでは書きましたが、こちらにも一応書いておきます。

ヤング101が出演する 「新・BSにっぽんの歌」の放送日です。
NHK-BSプレミアム
<日時>
平成28年3月6日(日) 19:30~20:59
平成28年3月12日(土) 12:00~13:29
平成28年3月18日(金)16:30~17:59

<ヤング101出演メンバー>(五十音順)
石岡ひろし いづみ朱子 小原初美 黒沢裕一 塩見大治郎 諏訪マリー
田中星児 ザ チャープス(竹内まり子 竹内ゆり子 竹内えり子) 広美和子
藤島新 まきのりゆき 牧ミユキ 山崎イサオ 山田美也子

ヤング101だけでなく、そろそろ樋口さんのニュースが聞きたいものです。

当たった!

2016.02.21.22:33

プレミアム商品券で、せっせとお買い物してスタンプラリーに応募したら、日本酒が当たりました。うひゃひゃo(^▽^)o

たばこのCM繋がりで

2016.02.19.00:42

昨夜は地元のホールで「古澤巌 コンサート ~ヴァイオリンの夜~」を見に行ってきました。
古澤さんの演奏は、以前から一度、生で見たいと思っていたのですが、まさか、こんな近くのホールで見れるとはラッキーでした。

実は、古澤さんのアグレッシブな演奏を期待していたのですが、今日のプログラムはオーソドックスなクラシック中心のメニュー。
ところが、これがすっごくよかったんです。
というのも、ホールの音響が素晴らしく、アコースティックな演奏を満喫するにはもってこいだったのです。
もっとも、大ホールとは言ってもキャパは600弱。
決して大きなホールではないのですが、それが逆にプラスに作用して、生音を存分に楽しむことができました。

コンサートはたっぷり2時間。アンコールは4曲も披露してくれたのですが、そのうちの1曲が、たばこのCMになった「Shôro Indigo」でした。


↑こちらが、そのCM動画なのですが、このCMを探している途中で、思わぬ拾い物。
なんと、須川展也さんのCMを見つけちゃったのです!

15秒と短いのですが、これまでずっと探していたので、見つかって、とってもうれしいです(^O^)/
3分30秒あたりから始まります。


アレンジはピコ! 

2016.02.16.21:17

ゆかいな海賊大冒険

2016.02.13.00:06

ちょっとレアな映像、ですよ!

苦労多かる公開録画

2016.02.12.00:38

NHKの「新BSにっぽんの歌」にステージ101のメンバーが出演するというので、お友達に誘っていただいて、公開録画に行ってきました。

公開録画はハガキで応募して、当選すれば行かれるというシステムになっているわけですが、この「新BSにっぽんの歌」は、毎回相当競争率が高いようです。
出演者のほとんどは、演歌歌手ですが、今回も石川さゆり、角川博、千昌夫、冠次郎などなど、大物歌手が勢ぞろい。競争率が高くなるのも無理ありません。
中にはハガキ1枚で当選する人もいるようですが、応募した人の話から推測すると、30枚くらいハガキを出して、やっと1枚当たるといった確率のようです。
私も、「こくみん文化祭 とっとり」のときは、樋口さんの指揮する姿見たさに、せっせとハガキを出しましたが、それでも10枚くらいだった気がします(^_^;)

さて、せっせとハガキを書いて晴れて「当選」しても、まだ苦難の道は続きます。
当日、当選ハガキを入場整理券に引き換えるために、長時間、行列に並ぶ必要があるのです。
知ってる人は知ってると思いますが、NHKの公開録画でも、NHKホールで行われる場合は、早く並んだから良い席になるシステムにはなっていないのです。
なので、やたら早く行って並ぶ必要はないのですが、各地の会場で行われる「新BSにっぽんの歌」は、先着順で良い席が割り当てられるケースがほとんど。
そのため、引き換えが始まるのが夕方からなのにもかかわらず、前日の夜や当日の早朝から並ぶ人も決して珍しくないようです。
実際、今回も、朝7時の時点で、20~30人の行列ができていたとのこと。
引き換えは午後4時からなので、朝7時に並んだ人は9時間行列に並ぶことになるのです。

私は行列に並ぶのは大の苦手なので、そういう話を聞いただけで「無理」と思ってしまいます。
「そんなに並ばなきゃ、良い席が取れないなら、3階席の後ろの方でもいいや」と思ってしまいます。
でも、世の中には、私のようなヘタレより、行列してでも、良い席をとりたいという人の方が圧倒的に多いようです。

そして、これらの苦労を厭わない人が良席で公開録画を見ることができるわけですが、席にたどり着くまでの道のりは、「決して楽じゃないな」と思ってしまいます。

I LOVE YOU

2016.02.04.16:08

こんな画像見つけちゃいましたよ!
良い曲はこうやって時代を越えて行くんですね~(^^)

http://tr.twipple.jp/p/ab/e1debe.html

神田界隈

2016.02.02.17:36

仕事で神田まで出たついでに、「大江戸」に立ち寄ってうなぎを食べてきました。
あいにく所持金が少なかったので、注文したのは一番安い2200円のうな重。
しかし、やっぱり、ちょっと小さかった(^_^;)
肝吸は別料金で250円。
スーパーでも国産うなぎが2000円近くするご時世、この値段で専門店の焼きたてのうなぎが食べられるなら、贅沢は言いますまい。
甘すぎないタレと、ほどよい固さのご飯はやっぱり私好みの味。



「大江戸」から神田駅に向かう途中、「てん茂」の前を通過。
ここは知る人ぞ知る江戸前天ぷらの名店。
聞くところによると、ミシュランで1つ星を獲得したそうです。
私が会社の先輩に連れられて、この店ののれんをくぐったのは35年も前の話。
今は店主も代替わりしたようです。
当時は「一見さんお断り」の店だったのですが、今はどうなんでしょう?
ランチで6000円以上とお値段もかなりいいお店なので、簡単には足を踏み入れられないけれど、
機会があったら、もう1度行ってみたいお店です。


あまりにも様変わりしてしまって、知ってるお店がほとんどなくなっているなか、
中央通りを進み、今川橋を過ぎたあたりで、懐かしいお店を発見。
名前は「瓢たん」。
ここは有名でもなんでもない、街の甘味屋さん。
でも、35年前と変わらずに営業している店のたたずまいを見たら、素通りできなくなってしまい。
うなぎを食べたばかりだと言うのにクリームあんみつを注文してしまいました^^;
ここでは、よく会社の同僚と恋バナをしたものでした。
懐かしいな~。
今ではすっかり少なくなった甘味屋さん。
久しぶりに食べたクリームあんみつは、懐かしい昭和の味でした。


最新コメント
最新記事
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア