年の瀬に

2015.12.30.20:42

あっという間に年の瀬ですね。
年々、一年が経つのが早くなってきたような気がします。

2015年も、地味ながらPianissimoを継続することができました。
このサイトを応援してくださる皆さんからのあたたかい応援、本当にありがとうございました。
あらためてこれまで応援して下さった全ての方に感謝します。
どうもありがとうございました♪

坂東三津五郎さん、愛川欣也さん、野坂昭如さん、川島なお美さん・・・
今年は樋口さんと、お仕事でご縁のあった方々が、何人も旅立たれてしまいました。

でも、一方では、鶴吉の新たな映像発見という、うれしいニュースもありました。

来年、2016年も私はこのサイトを通じて様々な活動を展開していこうと思っています。
新しい年も、皆さんと音楽で繋がり、共に歩いて行けたらなと思います。

この一年、Pianissimoをご覧いただき、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

珈琲が好きです。

2015.12.28.22:41

冒頭のネスカフェのCM、このバージョンは初めて見ました。

「ふりむくな鶴吉」鑑賞会の映像

2015.12.25.01:15

NHKアーカイブス「発掘チャンネル」に、「ふりむくな鶴吉」鑑賞会の映像がアップされています。
最初に登場してお話をされているのが、マフォンさんでしょうか。
沖さんのファンのかたの感想もたっぷり聞けます。
http://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/

http://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/channel/

奥多摩へ その2

2015.12.23.20:04

奥多摩2日めは、宿のそばにある「るりいろ工房」でガラス細工の体験をしました。
色ガラスをカットしてお皿を作ったのですが、これが難しい~


一応、できたものの、まるで小学生の作品みたい^^;

でも、これで完成じゃないんです。
これを焼いて完成なのですが、釜で焼いたものができあがるのは10日後。
どんなふうに仕上がってくるか楽しみです。

次に向かったのは、「玉川屋」という御岳のおそばやさん。


私が注文したのは、「多摩げた食の祭典」でグランプリを獲得したという、「トウキョウX」肉そば。
山の水で打ったそばの味は最高でした(^_^)


短い1泊2日の旅でしたが、日帰りでも行けるところに一泊するというのは、なかなかの贅沢。
また行ってみたくなりました♪

奥多摩へ

2015.12.22.22:54

仕事で奥多摩に1泊することになりました。

 まずは青梅駅近くの老舗、三河屋さんへ。


いただいたのは鰻重。鰻がまるまる一匹入って1900円とリーズナブルなのが嬉しい(^o^)


続いて向かったのは、東京を代表する蔵元、小澤酒造さん。この辺りは、小澤酒造の経営する「ままごと屋」や「かんざし美術館」などが集まっていますが、1番の魅力は、この奥多摩の素晴らしい景色! 東京にも、まだ、こんな風景が残っているんですね。


自然を満喫したあとは、酒蔵見学。


小澤酒造といえば「澤乃井」。蔵の中には大吟醸がズラリ。これは残念ながら非売品なのですが、お土産に、しっかり新酒を買い込みました。エヘヘ。


そして、いよいよ目的地の旅館へ。
今回の仕事はこの宿に1泊して宿の紹介をするというもの。
差し障りがあるので、ここでは名前は出せませんが、個人的な感想を書くと、お部屋もお風呂フツーなんだけど、料理が最高!でした。
こちらが今夜のメニュー。
皇室の職種を作ったいたこともある料理長の作る料理はどれも絶品でした。


こちらが最後の一品のデザート。ごちそうさまでした(^o^)

「赤い鳥逃げた?」の新事実

2015.12.21.00:18

「日活ロマンポルノ」が、2016年に生誕45周年を迎えるにあたり、新作と旧作の活性化をあわせた横断的な“ロマンポルノリブートプロジェクト”というものを開始。その一環として、これまでディスク化されていなかった作品や、初Blu-ray化の作品など全80タイトルの作品を2016年に一挙リリースすることが決定したそうです。

その第1弾として2016年4月2日に6作品がBlu-ray化されますが、その中に樋口さんが音楽を担当した「(秘)(まるひ)色情めす市場」もあるそうです。
ちなみに、うちにはBlu-rayがないので買う予定はありませんが(^_^;

ところで私は日活ロマンポルノより、いまだディスク化されていない「赤い鳥逃げた?」を発売してほしいと思っていて、そんな話はないのかと思って検索してみたのですが、いまのところ、そんな話はないようです。
しかし、代わりと言ってはなんですが、ちょっと面白い記事を見つけたのでリンクを貼っておきます。
多分、この記事は以前にも紹介したことがあったと思いますが、注目は最近追加されたコメントです。
http://numabe.exblog.jp/6239113/

ゴスペル・ミニ・コンサート

2015.12.20.23:04

4月に会社のイベントでゴスペルのコンサートを開くので、今日はその参考にしようと思い、地元の小さなホールで開かれたゴスペルのミニコンサートを見に行ってきました。
会場には120席ほど椅子が用意されていたのですが、無料ということもあってか、あっというまに満席。20席ほど席が追加されるほどの盛況ぶりでした。


↑手作り感がハンパない(笑)

ゴスペルのワークショップに参加した人たちで結成されたクワイヤだということでしたが、下は小学生?から70代近い方まで、総勢70人くらいのメンバーが参加していました。
人数的にも私たちと同じくらいだし、衣装や振付など、いろいろと参考になるところが多く、大掃除の合間を縫って出かけた甲斐がありました。

チャリで行って聞いて帰って1時間ちょっと。こういうお手軽なコンサート、いいですね。
夜は余裕で「下町ロケット」が見れました(笑)。


ホールのロビーもすっかりクリスマス

more...

メサイア演奏会

2015.12.19.23:32

年末にふさわしいクラシックというと、真っ先に思い浮かぶのはベートーベンの「第九」ですが、ヘンデルの「メサイア」も12月に盛んに演奏される曲です。
今日は、その「メサイア」の演奏会に行ってきました。

「メサイア」は全53曲、演奏時間が約2時間半に及ぶ大作です。
宗教曲は大好きだし、ソリストもコーラスも素晴らしかったんですが、さすがにこれだけ長いと、途中で眠くなってしまいました(^^ゞ
退屈だから眠くなったのか、それともクラシックがリラックス状態の時に生じるアルファー波を多く出す音楽だから眠くなったのか?
どっちだったのかは謎です。

岡本おさみさん

2015.12.17.21:52

作詞家の岡本おさみさんが、去る11月30日に、心不全で亡くなっていたことがわかったそうです。
岡本さんといえば、吉田拓郎さんの「旅の宿」や森真一さんの「襟裳岬」の作詞家として有名ですが、樋口さんが作曲を担当した、八代亜紀さんの「はまなすの花が咲いたら」の作詞を手掛けた方でもあります。


ご長男が、「生前に父の執筆活動に力を貸してくださった方、作品を愛しんでいた方々、父に代わりましてこころより御礼申し上げます。岡本おさみの執筆はここで終わりを迎えましたが、彼が残した作品は永遠に生き続けます。引続き変わらぬ想いで作品と触れ合っていただければ幸いです。私たち家族は、静かに笑って日々が落ち着くのを待とうと思います。」とのコメントを発表されたそうですが、「はまなすの花が咲いたら」も、この曲を愛する人たちの胸の中で永遠に生き続けることでしょう。
慎んでご冥福をお祈りします。

年末進行

2015.12.16.23:50

今年も残すところ2週間あまり。
年末進行で、仕事が普段の1.5倍くらいに増えてます(泣)。
先週あたりからは、毎晩、家に仕事を持ち帰って片付けてる始末。
おかげで、ゆっくりネットを見ている暇もありゃしません。

といいつつ、息抜きにYoutubeをチェックしていたら、日産セドリックのCMに元日産の社員のかたのコメントがついてました。
音楽が目的でCMを見る人は少ないかもしれませんが、それぞれの人がそれぞれの思いで、このCMを見てくれているんですね。






最新コメント
最新記事
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア