謎の女性作詞家の正体

2015.07.28.00:21

久しぶりに好奇心を刺激する情報に遭遇しました。
きっかけは、先日の藤島新さんのコンサートで「ある朝、太陽が昇らない」はどなたの作詞?と、会場で友人に尋ねられたことからでした。
この曲の作詞は、島津ゆうこさんか福田みずほさんのどちらかだったと思ったのですが、その場では思いだせず、家に帰って調べてみると、福田みずほさんでした。

実はこのふたりの女性作詞家は、私にとっては昔から気になる存在でした。
というのは、島津ゆうこさんが作詞した作品は、樋口さん、惣領さん、東海林さんといった101関連の作曲家の作品が大半で、それ以外の作曲家の作品を含めても、20曲前後の作品しか残していないようなのです。
福田みずほさんに及んでは、今現在、JASRACのデータで確認できるのは「愛情砂漠」「赤い鳥逃げた」そして「ある朝太陽がのぼらない」という樋口作品3曲と、クニ河内さん作曲で原田芳雄さんが歌った「ひとり語りの赤い爪」の4曲だけ。
実際には、樋口さんが作曲し、藤島新さんが歌った「たったひとつでいい」という曲も福田みずほさんの作詞なのですが、とにかく、それくらいしか作品が残されていないのです。
この極端に作品数の少ないふたりの女性作詞家が、いったい、どういう人なのか、私は以前から、ずっと気になっていました。
それで、検索したりしたこともあったのですが、これといった情報も見つからず、それっきりになっていました。

ところが、今回、「ある朝、太陽が昇らない」が福田さんの作品だとわかって、久しぶりに検索をかけてみたところ、思いがけなく、福田さんの情報を見つけることができたのです。
それが「安田南がいた時代」というこちらのページです。
この記事を読むと、福田さんは藤田敏八監督と付き合っていて、後に別れたと書いてあります。
まさか、今頃になって、こんなことを知ることになるなんてねぇ(^^ゞ

さらに調べていくと、福田さんは、「クライマーズ・ハイ」の映画監督・原田眞人さんの奥様であることもわかりました(驚)。
原田監督は、まもなく公開される「日本の一番長い日」の監督でもあるわけですが、実はこの映画、私も見に行く予定でいたのです。
というのも、1967年に初めて「日本の一番長い日」が公開されたとき、私は父に連れられて、この映画を見に行っているのです。
家族で映画を見に行ったのは、このときと、もう1回くらいしかなかったので、この映画を見たときのことは、今でもよく覚えています。

こんなふうに、ひょんなきっかけで、いろんなことが繋がっていくのはおもしろいです。
考えてみると、「ある朝太陽が昇らない」とすれば、それは「日本の一番長い日」になるのかもしれません。

藤島新バースデーコンサートwithエルトン永田

2015.07.25.02:19

ステージ101の元メンバーで、現在もコンサート活動をしている人は何人もいますが、私はほとんど見に行ったことがありません(^_^;)
メンバー個人より集団の101に魅力を感じていたのが、その理由なのですが、唯一、例外なのが藤島新さん。
新さんは歌唱力にまったく衰えがみえないし、声も魅力的。それに加えて、なによりコンサートが慣れあいではなく、プロに徹しているところが好きなのです。

そんなわけで、昨日、久しぶりにバースデーコンサートに行ってきたのですが、そこで驚くような出来事があったのです。

なんと! 新さんが樋口さん作曲の「ある朝、太陽が昇らない」を歌ってくださったんです!!!

あまりにも突然のこの予想もしていなかった展開に、嬉しいやら、びっくりするやらで、咄嗟に何をしたらいいのか頭が働かず、頭は欠けるわ、映像は乱れてるわで、ちゃんと録画できなかったのですが、どうにか、このシーンを撮影したので、みなさんにもお見せしたいと思います。

新さんのお話では、この曲を生で歌うのは初めてだということでした。
すごく良い曲だとほめてもいただきましたし、樋口さんは天才少年だったという話もしてくださいました。
こんなうれしい出来事は、ここしばらくなかったので、いまだ興奮冷めやらず、です。

しかし、作曲家っていいですね。こうやって時が経っても作品はしっかり残って行くんですものね。

アイスショーへ

2015.07.18.17:18

昨日から始まった「プリンスアイスワールド2015」東京公演を見に行ってきました。
この日の出演者は、本田武史、太田由希奈、安藤美姫、織田信成、鈴木明子、無良崇人、小塚崇彦、町田樹、そしてプリンスアイスワールドチームのみなさん。

解説でおなじみの本田さん、まだ滑ってたんですね。知らなんだ^^;
本田

太田由希奈さんは、ソツのない手堅くまとめた演技でした。
休憩時間に、スポンサーのメルセデス・ベンツの車両が氷上を走行したんですが、この車に同乗していたのが太田さんでした。

ベンツ

ミキティは、少し前に「激やせ」報道で頬のこけた写真がネットに出回っていましたが、今日は全然そんな感じはなく、むしろ、ふっくらした印象で、なんともいえない妖艶な魅力を振りまいていました。
メディアで報道されている彼女とアイスショーで見る彼女は、ものすごくギャップがあります。
メディアでは評判悪いけど、アイスショーで見る彼女は、ファンサービスも一番といっていいくらい。
ミキティ

こちらは無良くんと鈴木明子さんのツーショット。
鈴木明子さん、衣装がとにかく素敵でした。もちろん演技も素晴らしかったんですが、必ず小さなミスが出てしまうのが、彼女の残念なところです。

無良くんはテレビで見るより、実物の方がいいですね。ただ、演技はちょっと守りに入ってたかな。
アイスショーなんだから、失敗してもいいから、大胆にジャンプを取りいれてほしかったです。
アッコ

荒川静香さんは「女王」の貫録十分。アイスショーは競技じゃないので、結構ミスもでるものなのですが、これまで何回か荒川さんを見ているけれど、彼女だけはミスらしいミスをしたところをみたことがありません。
「やっぱり金メダルを取る人はどこか違う」と思ってしまいます。
静香

私、フィギュア選手のなかでは「小塚押し」です。でも、このところの小塚の不調ぶりに、ちょっとめげております。今日もジャンプが決まりませんでした。高速スピンは素晴らしかったんですが…
でもね、やっぱり、小塚くんはカッコいいし、かわいいし、応援したくなっちゃうんです。彼には、もう一花咲かせてほしい…と思っております。
小塚

今回一番楽しみにしていたのは、実は町田君の出演です。現役引退しちゃったので、アイスショーでしか見れませんから。
冒頭のジャンプで転倒しましたが、無良や小塚がジャンプを控えて守りの演技に入っちゃったのに比べ、町田はふたりの倍くらい、ジャンプを組み込んだ演技を見せてくれました。正直なところ、無良や小塚はピークを過ぎちゃった感じ。
今現在、力は町田の方が上じゃないかと思いました。町田の引退、ホントもったいないなと思いました。

で、その町田君の写真ですが、残念ながらピンボケです。
町田

その理由はこちら。止まってくれないのでピントがぼけちゃいました(^_^;)
そして、このどさくさの最中に織田君が目の前を通過してしまい、写真が撮れませんでした。うーん、残念・・・
看板

ところで、この日、一番、印象に残ったのは、この人でした。
プリンスアイスワールドチームの小林一宏さん。
氷上のバク宙、バックフリップを3回も決めてくれました。
このバックフリップ、エキシビジョンなどでは許されていますが、競技会では禁止されている技なんだそうです。
なので、めったに見ることができないわけですが、それを見ることができたのはラッキーでした。
ちらみに小林さん、若く見えますが、もう30才で競技はもう引退しているそうです。
で、元ジャニーズJr.のメンバーだったと聞いて、バックフリップが得意なのに妙に納得しました(笑)
小林

東京公演は、明日、あさってと続きます。

土曜ワイド劇場

2015.07.16.01:32

久々にうれしい見つけものです
ニコニコ動画「2時間サスペンスOP詰め合わせ」に、なんと樋口さんが音楽を担当した「婚約旅行シリーズ」が5作も入ってましたヽ(^o^)丿


コメント欄で「またこの曲www」とか突っ込まれてましたが、このシリーズのOPは、全部、同じ音楽だったんですね。
でも、アレンジは全部違ってる。それを確認できるのが、この「OP詰め合わせ」のいいところかも(笑)
私は、後半の3本のアレンジが好きでした。今聞いても、なかなか、かっこいいです。

それにこの動画には、菊池ひみこさんや岩本千春さんなんかも映ってて、さらに懐かしい女優さんもいっぱいで、見てみるとなかなか面白いです(^^)

「雪ノ下」初訪問

2015.07.15.23:11

最高の食材を手作りで提供し、わずか1年足らずで「名店」と呼ばれるようになった、大阪・梅田発祥のかき氷とパンケーキの店「雪ノ下」。
実は私の通ってる事務所から、徒歩5分ほどの場所にも昨年4月にオープンしました。
でも、いつ行っても大行列で、開店から1年以上たつのに、いまだ入ったことがありませんでした。
ところが、上司が閉店前の遅い時間に行くと空いてるらしいという情報をゲット。
7時まで事務所で時間を潰して、夕飯代わりにかき氷を食べに行くことに相成りました(笑)。

行ってみると、さすがにこんな時間に来る人は少ないらしく、行列はなし。
あっさり店に入ることができました(でも、この時間帯にしては、客は多かった)。

私が注文したのは、季節限定の「桃」のかき氷。


そして、一緒に行った同僚が注文したのが、こちらの抹茶のかき氷。
これはとにかく抹茶が濃くて、結構、苦みもありました。


どちらもフツーにおいしかったんですが、正直、期待したほどではありませんでした。
この量で900円は高いなぁっていうのが実感です(写真だと大きく見えるけど、実際はそうでもない)

そして次は、同僚が注文したパンケーキをお味見させてもらいました。
このパンケーキも最初はちょっと微妙な感じ。
フワフワなのかと思ったら、結構、まわりが固いんです。
ところが、食べ進めていくと、中のほうの生地はおいしくて、くせになる感じ。
かき氷のリピはないと思うけど、このパンケーキはもう1回食べてみたいと思いました。
ただ、コスパがよくないので、次に食べるとしたら半年後かな(^^ゞ

「ソングス」タワレコ限定発売

2015.07.14.01:47

上田知華+KARYOBIN名義の最後のアルバム「ソングス」がタワレコで限定発売されるようです。
http://tower.jp/article/feature_item/2015/07/13/0703
このときは、もう樋口さんの手を離れてるので、このアルバムには樋口さんの曲は1曲も入っていませんが、タワレコ限定とはいえ、今になって「ソングス」が再発されるというのは「上田知華+KARYOBIN」再評価の兆しかも??

知華さんも活動を再開したことだし、樋口さんもそろそろ腰をあげてくれると嬉しいんですけど(と期待してみる)

「アンビリバボー」を見て

2015.07.10.00:07

たまたまテレビをつけたら、「アンビリバボー」で大阪・難波の「千日デパート火災」のことが放送されてました。
「千日デパート火災」って、なぜか自分が生まれる前の話だと思い込んでたのですが、実際は1972年5月13日のできごとでした。
その15日後の28日放送された「ステージ101」で樋口さんが「Alone Again」を歌ったことは、いまでもはっきり覚えているのに、「千日デパート火災」のことは全然記憶にないって…人間の記憶って、どんな仕組みになってるんでしょう?

「千日デパート火災」のあとは、74年の「多摩川洪水」が取り上げられていましたが、こちらもニュースで見たような記憶はあるものの、当時のことはうろ覚え。自分の記憶にある多摩川の洪水は、77年に放送されたドラマ『岸辺のアルバム』の記憶のような気がします。
74、75、76年と、この枠では樋口さんが音楽を担当したドラマがあったので、その流れで、『岸辺のアルバム』も見てたんでした。
なんてことを、今夜の「アンビリバボー」を見て思いだしました。


音感の話

2015.07.02.23:19

今日アップされたばかり?らしい動画を発見。注目は動画のコメントです。

最新コメント
最新記事
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア