見果てぬ夢

2014.06.30.00:03

な、な、なんと!
2005年に行われた、安奈淳さんの40周年記念コンサート「見果てぬ夢」の映像が、
Youtubeにアップされてました!!

東京公演の後に行われた宝塚バウホールの映像です。
おそらくテレビ放送されたものだと思いますが、今になって見られるとは・・・・

樋口さんの新曲や、一部はカットされちゃってますが、それでもかなりの分量です。
懐かしいジャックブレルのナンバーも聴けます。
いつなくなるかわからないので、早めにご覧くださいませ。

それにしても、あれからもう9年も経ったんですね。
今にして思うと、あのころは、最高に楽しかったですねぇ…(遠い目)
ああ、あのころに帰りたい(笑)



チョコバナナ見つけた

2014.06.29.22:55

こんなCMあったんですね。
見たことなかったなぁ…

かもめのジョナサン

2014.06.27.18:14

すみません。
前の記事、たまたま見つけた動画のurlをメモったものを、そのまま公開してしまいました(^^ゞ
上が「幕末未来人」、下が「赤い砂漠へ行かないか」のカバー曲です。
怪しいものではございませんので、どうぞご安心を。

さて本題。
「かもめのジョナサン」の完成版が40年ぶりに出版されるというニュースが飛び込んできました。
翻訳は以前と同じ、五木寛之さん。

となると、やっぱり、これですよね。

http://weeklyterritory.blogspot.jp/2012/02/2012210.html

2014.06.26.22:42

http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2012044229SA000/?spg=P201300106500000

http://www.tooyoung-records.com/younger/?tag=%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%A4%A7

発見!「ニュー・ディメンション」

2014.06.25.00:22

とうとう見つけた!
「A NEW DIMENTION」のオリジナル音源。
この曲がUP WITH PEOPLEの曲だとわかるまでに7~8年、それから音源を見つけるまで、また7~8年。
いや~、ここまで長かったです。



ちなみに、こちらがシングアウトのカバーバージョン。
ピコが歌ってるバージョンの印象が強くて、これはすっかり忘れてました^^;

http://www.amazon.co.jp/%E6%84%9B%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%B0%E3%81%95%E3%82%92-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%81%AE%E6%97%85-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88/dp/B00005HVO8

もひとつ、GUESS WHOの「NO TIME」も発見。
これまで当時の映像が見つからなかったのだけれど、やっと当時の「動くゲス・フー」が見られました。

私の好きな音楽番組

2014.06.22.22:21

昔はテレビっ子だった私も、最近はめったに音楽番組を見ることがなくなっていきました。
まあ、音楽番組自体が減ったってこともありますが。

そんな中、なぜか「題名のない音楽会」だけは飽きずに見続けています。
これまで、その理由を考えたことなどなかったのですが、今日、「題名のない音楽会」で東海林先生のお姿を拝見して、ふと頭をよぎったのが、この番組と「ステージ101」には共通点があるのではないかということ。

この二つの番組は、普通に曲を歌ったり演奏するだけじゃなく、番組の中でしばしば面白い試みがなされていました。
例えば101では都はるみがポップスを歌ったり、寿限無をメロディーに乗せて歌ったり。
一方の「題名のない音楽会」では、異ジャンルのアーティストが共演したり、クラシックの名曲をロック風のアレンジで聴かせたり。
また、どちらの番組も、他の番組ではめったにお目にかかれないアーティストが登場することも少なくありませんでした。
多分、私にとっては、こういうことが面白かったんでしょう。
番組を見ていると、何か新しい発見があるという…。

そういう意味では、「夜もヒッバレ」も結構好きでした。
他人の持ち歌をただ歌うだけではつまらないけど、本人以上にうまく歌うと、これは俄然おもしろくなります(笑)。

キッチンの話④

2014.06.17.01:01

混合水栓同様、ケチって失敗したのが床暖房です。

もともと、うちは床暖房を入れる計画はなかったのですが、ハウスメーカーを検討しているとき、たまたまSハウスがタダでダイニングとリビングに床暖房をサービスするという条件を出してきたんでした。
床暖房って、ものすごく高価なものというイメージがあったので、これを聞いてビックリ。
「え? 床暖房ってサービスでつけてもらえるくらいの金額で付けられるものだったの?!」と、目から鱗。
結局、Sハウスのこの条件を振りかざして、M井ホームにも床暖房をタダで付けろと迫ったのですが、さすがにM井ホームはタダにはしてくれませんでした。
それでも、かなり破格の値段にしてくれたので、とりあえず、ダイニングとリビングには床暖房を入れることにしました。
この時、「キッチンはどうしますか?」と聞かれたのですが、「キッチンはいいや」と思って、断ってしまったんでした。
たしかに水仕事をしていると冷えるから、床暖房はないよりあったほうがいいに越したことはないけれど、それほど長時間、料理することもないし、なによりも、これまでキッチンに立っていて、足が冷たいなんて思ったことがなかったので、そこまでしなくてもいいやと思っていました。

ところがっ。
新居のキッチンに立ってみると、足が冷える、冷える。
考えてみたら、今まではマンションで、階下に部屋があったけれど、ここは一戸建て。
床の下は地面だったんでした。。。
「キッチンも床暖入れればよかった」
今、私は、激しく後悔しております。

キッチンの話3

2014.06.11.23:07

キッチンでもうひとつ失敗したこと。
それは水栓です。

我が家の水栓はごくフツーの混合水栓です。
いままで、それで何の不自由も感じていなかったので、迷うことなくフツーの混合水栓を選んだのでした。

ところが、ICさんの手違いで、見積もりはシャワー付き混合水栓になっていました。
そのとき、一瞬、「間違いを指摘するのも面倒だし、このままでいいか」
と思ったのですが、念のため価格を調べてみると、シャワー付き混合水栓はフツーの混合水栓に比べて数万高いんです。

シャワー付きのメリットとして私が思いつくのは、シンクの掃除のときに便利だろうということだけ。
それだけのために数万も払うのはもったいない気がしました。
なんせ、いままで普通の混合水栓でもシンクの掃除に不便を感じたことがなかったので。。。

ところが新居のシンクは、これまで使っていたシンクよりずっと大きかったんです。
フツーの混合水栓だと、隅の方は蛇口が届きません。
しかたないので水を含ませたスポンジで何度も流したり、やかんに水を汲んで流したり…
ハッキリ言って、かなり面倒です(^_^;)
ケチって「シャワー付き」にしなかったことをいたく後悔しました。
旧居と新居のシンクを同じ条件で考えたのが、水栓失敗の原因でした。

実は、キッチンには、これ同じような失敗が、もうひとつあったのです。

樋口版 「涙をこえて」

2014.06.07.01:45

久しぶりに本編を更新しました。

樋口版 「涙をこえて」をアップしています。
著作権の絡みでYoutubeにあげられないので、地味な場所にアップしています(笑)
ご覧になった方は、ぜひ感想を聞かせてくださいね。

涙をこえて

2014.06.06.12:44

動画を公開します。
最新コメント
最新記事
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア