うぉぉぉぉぉぉ・・・「黒蜥蜴」だ!!!

2013.10.30.23:19

Youtubeにとんでもない貴重音源がアップされていました!!!
76年にNHKラジオで放送された「黒蜥蜴」です!

こんなものが残っていたなんて…もう、感激で涙がちょちょぎれそうです。
当時、電波の悪い状態で、苦労しながら窓際にトランジスタラジオを置いて、この番組を必死に聴いていたことを思い出します。

この怪しいへんてこな音楽、私が好きな樋口さんの音はこれ。これなんです!!
こーゆー変な音楽を作る人、私は後にも先にも樋口さん以外に知りません。
今のまともな作風もいいですけれど、私は、こういう変なのが好きでした。
だって、これは他の誰にもまねできないんですもん。

今の樋口さんは、多分、絶対、こんな曲は書かないと思いますが、それだけにこの時代の作品は、私にとってはなによりも貴重です。
無理とはわかっているけど、また、こういう曲が聴けたら最高だなと思います。

うちにも、ほんのわずかですが「黒蜥蜴」の録音が残っています。
Youtubeにアップされている第7回、8回では、番組の最後で李礼仙さんと水沢アキさんがしゃべってますが、うちにある録音は、樋口さんがしゃべってる回です。
音の状態があまりにも悪くて音声を公開できないのが残念ですが、近いうちに内容はご紹介しますね。

それにしても、もう一生聴けないと思っていた「黒蜥蜴」を聴くことができて、感激しまくりです。
なんか、久しぶりにネットを見て興奮しました(笑)

岩谷時子さん死去

2013.10.28.16:01

樋口さんの曲の作詞も多数手掛けられた作詞家の岩谷時子さんが、25日午後、肺炎のため97歳で亡くなられたそうです。

岩谷先生とは、たった一度だけ、「Music For Atom Age」の録音の現場で短い言葉を交わさせていただいたことがあるだけですが、岩谷先生とお目にかかることができたのは、私にとって生涯忘れられない思い出です。

奇しくも岩谷先生が亡くなられた25日は私の誕生日。
また、私の実家の墓があるお寺には、岩谷先生が建てた越路吹雪さんの墓碑があります。
偶然ではありますが、何か、岩谷先生との不思議なご縁を感じます。
岩谷先生、どうぞ安らかに。
ご冥福をお祈りします。



16年目に突入します

2013.10.25.14:01

「樋口康雄という素晴らしい作曲家がいるということを、たくさんの人に知ってもらいたい」「樋口さんのことを、樋口さんの音楽をもっと知りたい」
本当にたったそれだけの思いで、パソコンのパの字も知らなかった私がサイトを立ち上げて、早いもので丸15年が経過しました。
この間、2年間ほどお休みをいただきましたが、細々ながらも、今日までサイトを続けてこれたことを自分でも誇りに思います。
まあ、たいして更新もしてないので、えばるほどではないですが(^^ゞ

この15年の間にサイトを取り巻く状況もめまぐるしく変わりました。
個人サイトがブログやSNSにとって代わられ、このサイトも一時のような賑わいはありませんが、それでも、このサイトを訪れる人がゼロになることはありません。
毎日必ず、どこかの誰かが樋口さんの情報を求め、樋口さんのかかわったお仕事の情報を求め、このサイトにやってきます。
そういう人が一人でもいる限り、私はまだまだこのサイトを続けていくつもりです。

「サイトのここを、こう変えたい」「こんな情報を載せてみたい」
そんなふうに思ってることが、まだまだ、私にはたくさんあります。
以前ほどサイトにかける時間がないので、そういう希望のほとんどは、まだ実現できずにいるのですが、いつか自分の思い描くサイトを実現できるよう、これからも気長にがんばっていくつもりです。
これからも、このサイトをどうぞよろしくお願いします。

ハウスメーカー選び改め建築日記①

2013.10.19.23:33

久々に家づくりの話の続きです。

で、今日からタイトルを「建築日記」に改めます。
一応、ハウスメーカーは決まったので(笑)。

さて、M井ホームの契約書に無事、母が自筆のサインをして、契約を交わしたのは前述のとおり。
あとは申込金を振り込めば、契約完了です。

ところが、ここで問題勃発。
申込金は100万円。
念のため銀行に確認したら、母が一日の振り込み限度額を100万円に設定していて、振り込み手数料が支払えないことが判明(^_^;)

振り込み限度額の変更といった手続きは、母本人でないとできません。
しかし、施設から足の弱っている母を連れて出し、銀行で手続きするのは、もう、それだけで一大事。
それだけは避けたいので、事情を話したところ、今回はM井ホームに振り込み手数料もってもらえることになりました(^^ゞ

とまあ、ここまではよかったんだけど、いざ、ATMから100万円振り込もうとしたら、なぜか「お取り扱いできません」
と出て、何度やっても振り込めません。
しかたなく、窓口から振り込もうと用紙を書いて持っていくと、「一日の限度額が50万円になってますけど」と窓口の女性が言うではありませんかっ!

「そんなわけないと思いますけど。おたくの銀行のうちの担当の●●支店の▲▲さんが100万円に設定されてると言ったんですから。とにかく今日が支払いの期限なんで、今日、振り込まないと困るんです。契約できないんです!」
そう言ってがんばったら…振り込めました(笑)。

で、結局、▲▲さんが間違えてました(^_^;)

とまあ、契約したらしたで、のっけから、こんな調子でスタートしたのでありました。

こんなの見っけ

2013.10.16.21:27

こんなの見っけ。
いろいろ言いたいことはあるけど、とりあえず(謎笑)
101ファンには、おもしろい話だと思います。

シンフォニック・ダンス

2013.10.13.23:51

我が家の着工式も無事に終わり、今日という日も、あとわずかで終わろうとしています。
一日の終わりは、この曲で締めくくりたいと思います。
たぶん、樋口さんの曲の中でも、もっとも長い部類ではないかしら?
どうぞ存分にお楽しみください。


10月13日

2013.10.13.00:13

10月13日は、言わずと知れた樋口さんのお誕生日であります。

お誕生日、おめでとうございます。

樋口さんの音楽で、私は人生をかなり楽しませてもらいました。

ありがとうございます。


そして今日、我が家もようやく着工式を迎えることになりました。

やっとここまでたどり着いて、ほっとしています。


ということで、明日(もう今日ですが)は朝が早いので 、もう寝ます。


どうか明日が良い一日となりますように

護岸崩落

2013.10.08.01:47

朝、何気にワイドショーを見ていると、見覚えのある風景が映し出された。
テロップには「麻布十番」の文字。

ああ、どうりで見覚えがあったわけだ。
ここは実家のお墓のすぐ近く。
法事で使った店は、崩れた護岸と目と鼻の先。
自分の見知った場所で、こんなことが起きるとは、ちょっと驚きだ。

実家の着工式を来週の日曜日に控え、昨日の晩、「お父さんのお墓にも報告しなくちゃね」と
家族と会話を交わしたばかりだっただけに、なんとも奇妙な偶然を感じた。

ハウスメーカー選び⑰

2013.10.06.00:54

約3か月、ハウスメーカーと交渉を繰り返した結果、ようやく我が家はM井ホームと契約を交わすことにしました。
ただ、本当にM井ホームのプランが建つのかどうか、一抹の不安があったので、万が一、建築確認がおりなかったら、申込金を全額返金して契約を白紙撤回するという条件付きの契約にしてもらいました。
まあ、申込金を返されたところで、うちには何のメリットもないんだけど、条件つけとかないと、通常、お金は返してもらえないので(笑)。
で、むこうもここまで進んだ話をチャラにはしたくないとみえ、この条件はあっさり呑んでもらうことができました。

そして4月末、我が家は晴れてM井ホームと契約を交わしました。
といっても、今回の施主は母。
その母は施設に入所中とあって、契約は母の入所している施設にM井ホームの人に出向いてきてもらうという、ちょっと珍しいシチュエーションとなりました。

正直いって、うちとしても、これ以上、契約を引き延ばすことはしたくありませんでした。
母の認知症は、徐々に、しかし、確実に進行していました。
でも、まだ、契約書にサインすることはできるし、一応の会話は成り立ちます。
しかし、完全にボケてしまうと、もはや母にその能力はないとみなされ、家を建て替えることは不可能になります。
もちろん、成人後見制度はありますけど、この制度を利用すると、とにかく面倒なことになるので「やめたほうがいい」というのが、複数の銀行担当者からのアドバイス。
家が建つのが先か、母がボケるのが先か…
母には申し訳ないけど、実際、そんな感じなのです。

そして契約の日。
母はなんとか自分の役目を果してくれました(ほっ)。

しかし、予想通り、そうそう、物事はスムーズに進みません。
申込金振り込みの日、早くも面倒な事態に直面したのです。

言われてみれば確かに

2013.10.06.00:15

ツイッターで「神崎愛って人の1stはCDで出てないんだな」っていうコメントを見て、今更ながら気がついたけど、そういえばそうでした。

平成に入ってから、樋口さんの主だった作品は軒並みCD化されて、最後の砦TANTANがCD化されたに及んでは、「もう、さすがにこれ以上はないだろう」と思っていたけれど、確かに神崎愛が残ってました。
うーん、いかんな。
自分はレコードを聴ける環境にあるので、CDが出てないってことに気付かなかった(^_^;)

まあ、神崎愛としては微妙だけど、樋口作品としてCD化するなら需要はあるような気がしますが・・
それに、11月に知華さんのCDが出る今は、彼女と同じ曲を歌っている神崎愛をCD化するには、タイミングとしても悪くない気がします。

ってことで、CD化を祈願しつつYoutubeに唯一あがってる神崎愛の樋口作品「洗濯船」を。
これまた、いまさら気がつきましたが、作詞の山川啓介さん、作曲の樋口さん、編曲の東海林修さん、一度はお会いしたことのある方ばかりで、ちょっと感激しました(笑)

最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア