1971

2009.05.24.14:32

卒業以来、初めての小学校のクラス会がありました。
この間、ほとんどの人が連絡を取り合っていなかったというのに、クラスメイトの約半分の消息が判明し、当日は45人中19人が出席。
担任の先生とも卒業以来、初めておめにかかることができました。

それにしても、30数年会っていなかったのに、会えば一瞬にして昔の面影と記憶がよみがえり、小学校時代にタイムスリップしてしまうんだから不★思★議!

みんな、元気でよかった♪
また、いつか会おうね!
PICT0016_convert_20090524142846_convert_20090524143605.jpg

1971

2009.05.24.14:32

卒業以来、初めての小学校のクラス会がありました。
この間、ほとんどの人が連絡を取り合っていなかったというのに、クラスメイトの約半分の消息が判明し、当日は45人中19人が出席。
担任の先生とも卒業以来、初めておめにかかることができました。

それにしても、30数年会っていなかったのに、会えば一瞬にして昔の面影と記憶がよみがえり、小学校時代にタイムスリップしてしまうんだから不★思★議!

みんな、元気でよかった♪
また、いつか会おうね!
PICT0016_convert_20090524142846_convert_20090524143605.jpg

1971

2009.05.24.02:32

卒業以来、初めての小学校のクラス会がありました。 この間、ほとんどの人が連絡を取り合っていなかったというのに、クラスメイトの約半分の消息が判明し、当日は45人中19人が出席。 担任の先生とも卒業以来、初めておめにかかることができました。 それにしても、30数年会っていなかったのに、会えば一瞬にして昔の面影と記憶がよみがえり、小学校時代にタイムスリップしてしまうんだから不★思★議! みんな、元気でよかった♪ また、いつか会おうね! PICT0016_convert_20090524142846_convert_20090524143605.jpg

チェジュの旅 第3日(5)

2009.05.07.22:08

真珠食堂で念願のトゥグペギも食べて、今回の旅の目的は全て果たしました。
でも、飛行機の時間までにはまだ、間がある!
というわけで、私たちは中文地区を案内してもらうことに。
中文地区というのはチェジュ島のリゾートの中心で、日本人観光客がいちばん多いところです。
お城のようなロッテホテルをはじめ、一流ホテルがいくつも集っています。
近くにはサッカーのワールドカップ競技場もありました。

そして、最後に訪れたのがここ「神秘道路」またの名を「おばけ道路」。
なにが「神秘」かと言うと、「神秘道路」と書かれた標識から見ると、ここは上り坂に見えるでしょ?
ところが、これが下り坂なんです。
目の錯覚によって下り坂が上り坂に、上り坂が下り坂にみえる不思議な道路なんです。

PICT0052_convert_20090403150752.jpg

ここには、こんな愉快な乗り物もありました♪
PICT0053_convert_20090403150826.jpg

「神秘道路」を跡に、私たちは空港に向かいました。
あっというまの3日間。
でも、フルに3日遊んで大満足。
思いのほか楽しかったチェジュ島。

写真はガイドのソンさんと、タクシー運転手のキムさん。
楽しい旅をありがとう!
いつかまた、遊びにきますね〜(^^)/~~~
PICT0056_convert_20090403150850.jpg

チェジュの旅 第3日(5)

2009.05.07.22:08

真珠食堂で念願のトゥグペギも食べて、今回の旅の目的は全て果たしました。
でも、飛行機の時間までにはまだ、間がある!
というわけで、私たちは中文地区を案内してもらうことに。
中文地区というのはチェジュ島のリゾートの中心で、日本人観光客がいちばん多いところです。
お城のようなロッテホテルをはじめ、一流ホテルがいくつも集っています。
近くにはサッカーのワールドカップ競技場もありました。

そして、最後に訪れたのがここ「神秘道路」またの名を「おばけ道路」。
なにが「神秘」かと言うと、「神秘道路」と書かれた標識から見ると、ここは上り坂に見えるでしょ?
ところが、これが下り坂なんです。
目の錯覚によって下り坂が上り坂に、上り坂が下り坂にみえる不思議な道路なんです。

PICT0052_convert_20090403150752.jpg

ここには、こんな愉快な乗り物もありました♪
PICT0053_convert_20090403150826.jpg

「神秘道路」を跡に、私たちは空港に向かいました。
あっというまの3日間。
でも、フルに3日遊んで大満足。
思いのほか楽しかったチェジュ島。

写真はガイドのソンさんと、タクシー運転手のキムさん。
楽しい旅をありがとう!
いつかまた、遊びにきますね~(^^)/~~~
PICT0056_convert_20090403150850.jpg







チェジュの旅 第3日(5)

2009.05.07.21:06

午前中に猛スピードで観光スポットを見て回った私たち。
いよいよ、今回の旅行の目的である「真珠食堂」に向かいました。

PICT0035_convert_20090403150318.jpg

あるリッチでグルメな音楽家から、真珠食堂のトゥグペギなるものがあると聞いたのは、今から数年前の話。
韓国といえば、焼肉とキムチしか知らなかった私。
美味しいものがあると聞けば、海外までも出かけてしまう?音楽家が「おいしい」と太鼓判を押すトゥグペギなる食べ物に私は異常なまでに興味をそそられ、「いつか真珠食堂でトゥグペギを食べてやる」と決意。そのチャンスを窺っていたのでありました(笑)。
あ、トッポギじゃないですよ。トゥグペギね。

じゃ〜ん!これがトゥグペギ

PICT0041_convert_20090507210107.jpg

トゥグペギとは、味噌味の海鮮鍋・・・とでもいいましょうか。
なかにはウニやアサリ、チェジュ島の名産、鮑などがゴロゴロ。
その海鮮の豊かな風味とうまみが味噌の味とあいまって、なんともいえない味わい。
これはちょっと経験したことのない味でしたね。
とにかく、おいしいのなんのって。
感激しました。

ちょっと暗くて見難いのですが、これは2階のお座敷。
お客さんは、韓国人ばかりで日本人は私たちだけでした。
韓国で日本人に会わないなんて、ちょっと信じられない感じ。
チェジュ島は結構、穴場かもしれません♪

PICT0036_convert_20090403150359.jpg

チェジュの旅 第3日(5)

2009.05.07.21:06

午前中に猛スピードで観光スポットを見て回った私たち。
いよいよ、今回の旅行の目的である「真珠食堂」に向かいました。

PICT0035_convert_20090403150318.jpg

あるリッチでグルメな音楽家から、真珠食堂のトゥグペギなるものがあると聞いたのは、今から数年前の話。
韓国といえば、焼肉とキムチしか知らなかった私。
美味しいものがあると聞けば、海外までも出かけてしまう?音楽家が「おいしい」と太鼓判を押すトゥグペギなる食べ物に私は異常なまでに興味をそそられ、「いつか真珠食堂でトゥグペギを食べてやる」と決意。そのチャンスを窺っていたのでありました(笑)。
あ、トッポギじゃないですよ。トゥグペギね。

じゃ~ん!これがトゥグペギ

PICT0041_convert_20090507210107.jpg

トゥグペギとは、味噌味の海鮮鍋・・・とでもいいましょうか。
なかにはウニやアサリ、チェジュ島の名産、鮑などがゴロゴロ。
その海鮮の豊かな風味とうまみが味噌の味とあいまって、なんともいえない味わい。
これはちょっと経験したことのない味でしたね。
とにかく、おいしいのなんのって。
感激しました。

ちょっと暗くて見難いのですが、これは2階のお座敷。
お客さんは、韓国人ばかりで日本人は私たちだけでした。
韓国で日本人に会わないなんて、ちょっと信じられない感じ。
チェジュ島は結構、穴場かもしれません♪

PICT0036_convert_20090403150359.jpg



チェジュの旅 第3日(5)

2009.05.07.10:08

真珠食堂で念願のトゥグペギも食べて、今回の旅の目的は全て果たしました。 でも、飛行機の時間までにはまだ、間がある! というわけで、私たちは中文地区を案内してもらうことに。 中文地区というのはチェジュ島のリゾートの中心で、日本人観光客がいちばん多いところです。 お城のようなロッテホテルをはじめ、一流ホテルがいくつも集っています。 近くにはサッカーのワールドカップ競技場もありました。 そして、最後に訪れたのがここ「神秘道路」またの名を「おばけ道路」。 なにが「神秘」かと言うと、「神秘道路」と書かれた標識から見ると、ここは上り坂に見えるでしょ? ところが、これが下り坂なんです。 目の錯覚によって下り坂が上り坂に、上り坂が下り坂にみえる不思議な道路なんです。 PICT0052_convert_20090403150752.jpg ここには、こんな愉快な乗り物もありました♪ PICT0053_convert_20090403150826.jpg 「神秘道路」を跡に、私たちは空港に向かいました。 あっというまの3日間。 でも、フルに3日遊んで大満足。 思いのほか楽しかったチェジュ島。 写真はガイドのソンさんと、タクシー運転手のキムさん。 楽しい旅をありがとう! いつかまた、遊びにきますね〜(^^)/~~~ PICT0056_convert_20090403150850.jpg

チェジュの旅 第3日(5)

2009.05.07.09:06

午前中に猛スピードで観光スポットを見て回った私たち。 いよいよ、今回の旅行の目的である「真珠食堂」に向かいました。 PICT0035_convert_20090403150318.jpg あるリッチでグルメな音楽家から、真珠食堂のトゥグペギなるものがあると聞いたのは、今から数年前の話。 韓国といえば、焼肉とキムチしか知らなかった私。 美味しいものがあると聞けば、海外までも出かけてしまう?音楽家が「おいしい」と太鼓判を押すトゥグペギなる食べ物に私は異常なまでに興味をそそられ、「いつか真珠食堂でトゥグペギを食べてやる」と決意。そのチャンスを窺っていたのでありました(笑)。 あ、トッポギじゃないですよ。トゥグペギね。 じゃ〜ん!これがトゥグペギ PICT0041_convert_20090507210107.jpg トゥグペギとは、味噌味の海鮮鍋・・・とでもいいましょうか。 なかにはウニやアサリ、チェジュ島の名産、鮑などがゴロゴロ。 その海鮮の豊かな風味とうまみが味噌の味とあいまって、なんともいえない味わい。 これはちょっと経験したことのない味でしたね。 とにかく、おいしいのなんのって。 感激しました。 ちょっと暗くて見難いのですが、これは2階のお座敷。 お客さんは、韓国人ばかりで日本人は私たちだけでした。 韓国で日本人に会わないなんて、ちょっと信じられない感じ。 チェジュ島は結構、穴場かもしれません♪ PICT0036_convert_20090403150359.jpg

チェジュの旅 第3日(4)

2009.05.06.15:48

さて、連れて行かれた部屋で私たちを待ちうけていたのは、五味子茶と馬の骨のサプリの試飲販売でした。

実はここに来る途中、タクシーの運転手さんとこんな会話を交わしていたのです。
運「この歳になると、なんといっても健康がいちばんね」
私「ほんと、そうですよね〜」
運「自分は30年近く、タクシーに乗ってるから腰が悪くなったね。でも、馬の骨を飲み始めたら、痛みなくなった。母親も馬の骨、呑んでから元気なったね」
私「へぇ〜。馬の骨って、どこで買えるんですか?」
運「どこでも買えるけど、とても高いよ。自分はいつも、これから行く民族村でまとめて買ってる」
私「そっか、高いんですか。でも、なんで運転手さんは民族村で買うんですか?」
運「民族村で売ってるのが、いちばん品物がいいからね」
私「なるほど〜」

とまあ、そのときの会話はそれで終わったのですが、あとから考えと、これって馬の骨のサプリを買わせるための巧妙な伏線だったのかなぁ?

とにかく私は、そんな話を聞いたもので馬の骨に興味津々。
いや、もともと私はサプリとか健康食品とかにはまったく興味がなく、「そんなもんで健康になれたら、みんな健康になっとるわい」と、そういうものには、かなり否定的な人間だったんです。

でも、人間って弱いんだな。
昨年の暮れから、足を痛め、それが治ったと思ったとたんに肩から腕に激痛が走るようになり、旅行中も筋肉弛緩剤と痛み止め、消炎剤が手放せなかったので、「おぼれるものは藁をもつかむ」で、馬の骨にでもすがりたい気分だったのです。


PICT0003_convert_20090506160117.jpg
で、連れて行かれた部屋に並んでいる五味子茶と馬の骨のサプリを見ても、
最初は五味子茶にはま〜ったく興味なし。
ところが・・・飲んでみたら、これが意外においしい!!
甘酸っぱくて、ミキプルーンを水に溶かしたようなかんじ。
チャングムのイ・ヨンエさんは、五味子茶を飲んでハードな撮影をのりきったのだとか。
それに、五味子茶は、その日の体調によって5つの味がするのだとか・・・。
なんか、それがおもろしくて、すっかり五味子茶を買う気になってしまい・・・
結局、親戚のおみやげは、この五味子茶になりました(笑)

たしか、1キロ入りの瓶が1本30,000ウォン。
ちょっと高いかなと思ったけれど、ここで売ってるのは黒五味子茶といって、ここでしか買えないものみたい。
よそで売ってるのは赤五味子茶だそうです。

PICT0001_convert_20090506155218.jpg
さて、次はいよいよ馬の骨のサプリです。
効能を信じるか信じないかは別として、半年分で15,000円という値段にはさすがに怯みました(^^ゞ
でも、1ヶ月3、000円のサプリメント代と思えば、そんなに高くないかなと思い、だまされたと思って買ってみることに。
結局、ここでトータル24,000円も買物するはめに(^_^;)


が、計算に弱い私。
24,000円をウォンで支払ったのですが、240,000ウォンしか払わないで
きてしまった…(爆)
まあ、気がつかなかったオバちゃんも悪いんだから、サービスって事で許してね(笑)
最新コメント
最新記事
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア