おいしいお店メモ④

2017.05.12.18:22

●和風ジェラートおかじ(武蔵小金井)
近所に和風ジェラートのお店があると聞きつけ、さっそく行ってみました。
中央線武蔵小金井駅北口から徒歩7~8分の住宅街の中にひっそりとたたずんでいるその店の名は「和風ジェラートおかじ」。
オープンは昨年6月ということなので、まだ1年経たない新しいお店です。

和風ジェラートということで、新潟村上ほうじ茶、塩麹、黒蜜きな粉、旬の生フルーツなど、普通のジェラート屋さんとはひと味違うラインナップです。
本店は新潟で、ジェラートは新潟県産牛乳をはじめ、県産の果物、野菜などを中心に使用し、店内の小さな工房で香料や着色料を使用せずに独自の製法で製造しているそうです。

この日、私が買ったのは黒蜜きな粉、越後姫(イチゴ)、村上ほうじ茶、黒蜜抹茶、ゆこう(徳島産の柑橘)、黒蜜黒ごま。
残念ながら、一番食べて見たかった塩麹はこの日はありませんでした。
IMG_6914.jpg

蓋をあけるとこんな感じ。1個少ないのは、ゆこうがおいしすぎて、写真を撮る前に食べちゃったからです(^_^;)
新潟産の苺「越後姫」のジェラートも苺のツブが感じられてとてもおいしかったです。
残りのジェラートは、まだ食べてないのですが、どんな味かとても楽しみ。
お値段はカップ1個350円。食べごたえ十分な量がうれしい!
暑くなるこれからの季節、度々、この店を訪れることになりそうですヽ(^o^)丿

okaji.jpg


おいしいお店メモ③

2017.05.07.00:58

●鰻禅(本所吾妻橋)
「鰻禅」は、東京スカイツリーにほど近い、本所吾妻橋の鰻屋さんです。
この日は、所用で出かけた本所吾妻橋でランチを食べようということになり、同行者の「鰻が食べたい」という一言で、この店を訪ねることにしました。

が。案の定、食べログで3.96というヒジョーに高い評価がついている人気店とあって、お昼の時間を少しはずして行ったにも関わらず、1時間待ちとのこと(ちなみに私たちの次に来た外国人旅行者は1時間半待ちといわれてました)
普段なら、とっとと引き上げることろですが、席が空いたら携帯に連絡をくれるというので、近くの喫茶店で時間を潰して待つことにしました。
その時、注文も聞かれました。メニューは二段重、特上、上の三種類。
6500円の二段重はないとして、特上と上はサイズが違うだけだというので、とりあえず上をお願いすることにしました。
すると、特上を食べないと意味がないみたいなことを言うんだな、ここの大将が。
実はあとから知ったところによると、特上は上の倍以上の厚みがあるらしく、当然味にも差があるらしいのですが、そういう説明はは一切なかったので、そのまま「上で」お願いしてしまいました。

そして待つこと1時間。ほぼ、予定通りの時刻に席が空いたという連絡があり、店に向いました。
店内はカウンターとテーブル、そして小上がりの畳の部屋がひとつ。非常に狭い店です。
とりあえず、1杯ということでビールを注文すると、サービスでひれまき串という串焼きが出てきました。
この串はメニューにはなく、あくまでサービスらしいのですが、これが絶品。
私は、鰻より、この串の方に感動したかも。

と、ここで断られるのを前提に、おかみさんに「今から特上に変えてもらうってことはできないんですよね?」と、ものは試しで聞いてみました。
すると、それを聞いていた大将が、カウンターの向こうから「そんなのダメだよ! もう捌いちゃったんだから」と(^^ゞ
なんでも、この店は客の注文を受けてから鰻をさばいているのだそうです。
なんとなく、これは予想していたことだったので、あっさり引き下がり、当初の注文通り、上をいただくことに。

そして、ほどな出てきたく上の鰻重がこれ。お値段は3000円なり。
unagi.jpg

たしかに鰻が大きいとは思いませんでしたが、フツーに食べるなら、サイズ的にはこれで十分。
ご飯も多くはありませんが、これで十分な量ではないかと思います。
そして肝心の鰻ですが、外はカリッ、中はふわっ。
甘すぎないタレが私好みで、とてもおいしくいただきました。

もし、今度また、近くまで行く機会があったら、次こそは特上を頼んでみたいと思いますが、個性的すぎる店主の接客態度と待ち時間の長さを考えると、鵜泣きだけのために、わざわざ行く気にはならないかも。
鰻だけのために行くなら、私は日本橋の「大江戸」かな。



おいしいお店メモ②

2017.04.30.23:33

●手繰りや 玄治(久米川)
今回もお蕎麦屋さんです。
久米川は西武新宿線で新宿から30分ほど。住所でいうと東村山市になります。
いわゆる郊外のベッドタウンで、町並みには、どことなく昭和の香りが漂っていたりします。
なので、わざわざ出向く用事でもない限り、久米川を訪れることはないと思いますが、久米川に行ったら、絶対に立ち寄りたい店であることは間違いありません。
この店を訪れる機会を作ってくれた友人に感謝です。

「手繰りや 玄治」は久米川の駅から歩いて3~4分の商店街の中にあります。
一見、なんてことない店構えの、よくある街の蕎麦屋なのですが、郊外の蕎麦屋と決して侮ってはいけません。
蕎麦の味はあの有名な更●蕎麦にも負けていません。
もちろん、お酒も充実しています。

が、この店の一番すごいところは、つまみです。
見よ、この品書きの数を!
623.jpg

壁に貼ってあるのは一部で、このほかにもまだ、いろいろあるのですが、すごいのは、料理がどれも絶品!
蕎麦がおいしいのは蕎麦屋だから当然として、これだけのつまみをそろえていて、そのどれもがおいしい店って、そんなにないと思います。
わざわざ行くような場所ではないけれど、わざわざ行きたい蕎麦屋、それが「手繰りや 玄治」でありました。

おいしいお店メモ①

2017.04.30.01:20

最近、行ったおいしい店を忘れないようにφ(..)メモメモ。

●中清(吉祥寺)
吉祥寺駅から徒歩15分ほど、成蹊学園の近くにある手打ち麦屋と地酒の店。
駅から、かなり離れているにも係らず、お客さんがひっきりなしの人気店。
それもそのはず、とにかく蕎麦がおいしいのです。
手打ちの麺がおいしいのはもちろんのこと、麺つゆがこれまでに食べたこともないような美味。

地酒はかなり珍しいものもそろえており、日本酒の好きな人にはたまりません。
一応、お酒のメニューはあるのですが、お客さん次第ではメニューにないお酒を出してくれることも。
その他、アルコール類はビールが置いてあります。
お酒の値段は、決して安くはありませんが、馬鹿高くはないといったところ。
なお、ソフトドリンクは置いていません。
この日、私はたまたま事情があって、お酒が飲めなかったのですが、ソフトドリンクは外の自動販売機で買ってくれと言われました(爆)
なので、お酒を飲まない人には、あまりお勧めできませんが、そばで1杯飲みたい人には最高のお店。
そばがきやてんぷらなど、おつまみもいろいろあるし、通しで営業しているので、お昼からお酒が飲めますよ。

今回は、残念ながらお酒が飲めませんでしたが、次に行くときは、ぜひ1杯やりたいものです。


桜賞味会

2017.03.31.18:15

八王子に、知る人ぞ知る「懐石 鶯啼庵(おうていあん)」という名店があります。
今日は鶯啼庵で開かれる、紅しだれ桜と花見御前を楽しむ「春の桜賞味会」というイベントに参加してきました。

鶯啼庵は八王子インターチェンジから車で数分。
今日は送迎バスの運転手さんの粋なはからいで、北島三郎邸の前を通過して行きました。これがサブちゃんの家。噂通りの超豪邸でした。
IMG_6643_20170331181348840.jpg

ほどなく鶯啼庵に到着。
IMG_6682.jpg

広々としたロビーは、まるで旅館のよう。
IMG_6678.jpg

館内のあちこちに和のしつらえが。
IMG_6732.jpg

IMG_6675.jpg

まずは庭の見えるお部屋で、懐石料理をいただきました。
鶯啼庵の料理は京料理をアレンジしたオリジナル。
先付は「百合根饅頭穴子射込み 吉野葛あん掛け 桜花」。

IMG_6657.jpg

メインは「春爛漫手提げ重」。こちらは壱の重です。
IMG_6663_201703311834186b5.jpg

続いて弐の重。鰆や筍、旬の味覚が口の中に広がります。
IMG_6664_2017033118360680e.jpg

鉢物は「金目鯛と春大根の揚げ浸し 針野菜」。
上品でありながら、しっかりしたと出汁のおいしさを感じさせてくれる一品です。

IMG_6666.jpg

デザートは「白玉善哉、三色ケーキ、苺」。
これがまた、感激のおいしさ。
三色ケーキは、おもわず「買って帰りたい」とお願いしてしまいましたが、残念ながら販売はしていないそうです。

IMG_6670.jpg

食事のあとはお庭を散策。約3000坪の日本庭園は、ひよどり山を借景にした池泉回遊式の庭園と豊富な水を湛える池を中心に、五段の滝が儲けられています。

IMG_6717.jpg

IMG_6671.jpg

IMG_6707_201703311909242e2.jpg

そして、こちらが鶯啼庵自慢の紅枝垂れ桜。あいにく満開とはいきませんでしたが、園内のあちこちで開花する桜が、春の訪れを感じさせてくれました。
FullSizeRender.jpg

お昼は中華にしましょうか

2017.02.26.19:27

三鷹にある上海料理の店「陽陽」を再訪。
お世辞にもきれいとは言い難い店ですが、中国人らしからぬ?心配りのある優しそうなご主人と、料理の味はそれを補って余りあると思っています。

IMG_6583.jpg

この日頼んだのは、上海風黒酢酢豚定食。
メインの酢豚は見た目は真っ黒でギョッとしますが(笑)、ほどよい甘みの黒酢あんがなんともいえない良い味。

subuta.jpg

そして、この酢豚にスープ、香の物、炒飯(白いご飯も選べる)、杏仁豆腐がついて税込800円!
炒飯と杏仁豆腐は安定のおいしさで、また、近いうちに来たいと思ったのでした。
IMG_6580.jpg


クセになる味

2017.02.22.13:10

しょっちゅう食べたいとは思わないけれど、たまに無性に食べたくなるのが「煮干しラーメン」。
初めて「煮干しラーメン」を食べたときは、煮干し独特の生臭さが鼻について「これは無理!」と思ったのですが、友人に付き合って2度目に食べたら、耐性ができたのか、おいしいと思うようになりました(笑)
以来、発作的に「煮干しラーメン」が食べたくなることがあり、今では事務所近くの煮干しラーメンの店「青樹」には、2~3カ月に1度は必ず足を運んでいます。
久しぶりに食べた煮干しラーメン、おいしかった~♪
mens.jpg








天才シェフの絶品スイーツ

2016.09.04.00:41

今日は所用で以前住んでいた八王子の家まで行ってきました。
ここに来たとき必ず立ち寄るのが、南大沢の「パティスリー メゾンドゥース」というお店。
オーナーシェフの伊藤さんは、もともとうちの会社のクライアントだった店でシェフをしていた方。
この店の営業担当から「今度、伊藤さんが独立して、おたくの近所に店を出すから、行ってあげてね」と言われたのが、「パティスリー メゾンドゥース」に通うきっかけでした。

そんなわけで、最初はお付き合いのつもりで訪ねたのですが、この店のケーキを食べてみて、その美味しさにびっくり。
少なくとも、自分が今まで食べてきたケーキの中では最高でした。
コストパフォーマンスを考慮したら、都心の有名店以上と言ってもいいかもしれません。
しかし、悲しいかな、この店ができたのが、私が引っ越す半年前。
もっと早く出来ていればよかったのに…(涙)

というわけで、八王子に行くと必ずメゾンドゥースに立ち寄って、ケーキを買うのがお決まりのコースとなりました。
そして、今日もごっそり買いこんでしまいました(^^ゞ
IMG_6189.jpg

伊藤さんは言ってみれば天才型のパティシエ。
実は製菓学校には通っていない変わり種です。
でも、実力のほどは、その受賞歴をみればわかるはず。

その伊藤さんのスイーツが、期間限定ではありますが、東京スカイツリーで販売されるんです!(なんか写真がまるで別人(笑))
http://www.tokyo-skytree.jp/news/shop/info/patissier2016.html


東京スカイツリーに行かれるかたは、ぜひ、買ってくださいね。
味は私が保証します。多分、絶対、おいしいはず(笑)

おいしい中華に舌鼓

2016.07.21.00:42

先日、母を見舞った帰りに施設近くの中華のお店へ。
「陽陽」という三鷹の駅から10分ほど歩いた辺鄙な場所にある、小汚い中国人がやってる上海料理のお店なのですが、ここがすっごくおいしいのです。
テーブルは埃っぽいし、お盆は洗ったあとの水がよく切れてなかったりと、突っ込みどころ満載で、こういうのが気になる人には、とてもおすすめできないのですが、安いし、うまいし、中国人のやってるお店にしては接客が非常によいのが、この店の特徴です。
そんなわけで、立地が悪いにもかかわらず、次々とお客さんがやってきます。

20160716222721.jpg

この日注文したのは酢豚定食。炒飯と酢豚、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐がついて800円。
スープとザーサイは、まあ、フツーですが、炒飯と酢豚、そしてここの杏仁豆腐は、これまで食べた杏仁豆腐の中でもベストの部類です。
まったく日本人向けにアレンジされていないのですが、それ故に本場の味!

実はこの店に来るのは2回目で、まだメニュー制覇までには時間がかかりそうなのですが、聞くところによると、この店の奥さんは中国の一級点心師の資格を持っているそう。
ということで、次回はぜひ点心にチャレンジしてみようと思います。



銀座の穴場カフェ

2016.05.22.23:59

眼瞼下垂の手術から1カ月。
ようやく人間の顔に近づいてきたので、昨日は銀座のヤマハスタジオにライブを見に行ってきました。

予定より少し早く着いたので、お茶でも飲もうと、偶然見つけて入ったのが、スイスの国旗が目印の「ブロンデル」というお店。
あとから知ったのですが、「ブロンデル」は スイスを代表する老舗チョコレートブランドで、銀座店は世界初の直営店なのだそう。

そうとは知らず、2階のカフェでドリンクを注文しようとメニューを見てびっくり。
なんと、一番お安いチョコレートドリンクが1300円!
ひえ~っ、高っ!!
「しまった、ここは銀座だった・・・」と気がついても後の祭り。
いまさら引き返すわけにもいかないので、アイスのチョコレートドリンク(ショコラショーと言うらしい)を注文することにしました。

待つこと、しばし。運ばれてきたのが、こちらのドリンク。
IMG_5753.jpg

私が注文したのは、オールドファッションの濃いショコラだったのですが、チョコの味はしっかりするのに口の中に変な甘さが残らず、かといってビターチョコを溶かしたような苦みもない。
もう、ひと口飲んだだけで、その美味しさに絶句です~。
銀座という場所を考えれば、これなら1300円でもギリギリ許せます(笑)
一緒に出てきたチョコレートも、実に深い味わいでした。
チョコの好きな人には絶対おススメの銀座のはずれの穴場のお店です
最新コメント
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア