FC2ブログ

エジプト夢紀行⑫最終回

2020.01.13.20:40

8日間のエジプトの旅も、いよいよ終盤となりました。

夕食のため向かったレストランは、カイロ市内の「ダウンタウンモール」というショッピングモールの中にありました。
エジプトは、発展途上国というイメージが強いかもしれませんが、この「ダウンタウンモール」周辺は、東京と変わらない現代的なビルが立ち並んでいます。
「ダウンタウンモール」は、それほど規模の大きなショッピングモールではありませんが、比較的裕福な層が利用する、高級店が多く集まるモールです。


これはモール内のお菓子屋さん。カラフルなお店のディスプレイも美しく、見た目は日本のお店と変わりません。


さて、案内されたのは、その名も「北京」という中華料理店でした。
この1週間、ずっとエジプト料理で、正直、ちょっと辟易してたので、中華料理と聞いて、大いに心が弾みました。
白を基調としたモダンなインテリアの店内は、身なりのよいビジネスマン風の人やカップルでにぎわっており、かなりの人気店のようです。
が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最初に出てきたのは、このスープです。別にまずくはないんですが、あまり中華スープという感じがしない微妙な味…


しかし、次に出てきた春巻きは普通においしかったので、料理に対する期待値は再び持ち直しました。


次に出てきたのがこれ。鶏肉と野菜のあんかけ料理なのですが、味はともかく、盛り付けが汚い(^^;
エジプトは概して盛り付けが汚くて、味はいいのに、盛り付けで損していると思いました。


そして、極めつけがこれです。
牛肉と野菜の間に、ところどころ細い白っぽいものが見えるのがわかるでしょうか?
一見、筍のように思えますが、なんとこれがフライドポテト!(爆)
多分、筍を知らないエジプト人が、料理の写真だけ見て、フライドポテトだと思ったんでしょう。
気づかずにいればよかったのですが、フライドポテトと気づいてしまった瞬間、私の中のこの店の評価は、☆3つから☆ひとつに転落しました。
しかし、考えてみれば、ここはエジプト。中華料理といっても、エジプト風中華になるのは致し方ありません。
そのことを忘れて、中華に期待しすぎた自分がバカでした(^^ゞ


でも、そんな文句もこの日限り。
このあと、私たち一行は空港に向かい、無事、日本への帰国の途に就いたのでした。

おわり。

ナイル夢紀行⑩

2020.01.12.16:55

次に私たちが訪れたのは、カイロの一大スーク(市場)、ハン・ハリーです。
ここは、迷路のような無数の路地に、観光客目当ての土産物屋が所狭しと集まっています。
ここでの買い物はすべて値段交渉が必要なうえ、店の人は現地の人ばかりなので、実際に買い物をしようとすると、なかなかハードルが高いのですが、異国情緒たっぷりの商品は、見ているだけでも楽しくなってきます。

tカフェが軒を連ねる、市場の拠点となるエル・フセイン広場。


狭い路地は大勢の人で大混雑!


土産物屋では、古代エジプトの神々の像やファラオ、ピラミッドの像などが売られていました。


ベリーダンスの衣装や民族衣装のガラベイヤを売る店もたくさんありました。


アラビア語はさっぱりわかりません(^^;


黒い服は、「アバヤ」と呼ばれる民族衣装。エジプトでは、「アバヤ」を着ている人もいれば、着ていない人もいました。


市場の一角には、生地ばかり扱う店が集まった場所が。日本でいうと日暮里(笑)。


そして、遂にエジプトでネコを発見! 
ハン・ハリーの路地を歩いていた黒猫ちゃん。カメラを向けると、このとおりポーズを決めてくれました。


さらにつづく。

ナイル夢紀行⑨

2020.01.12.14:41

いよいよ旅も大詰め。エジプト旅行のハイライト、ギザの3大ピラミッドとスフィンクスの観光です。

下の写真は、ギザの三大ピラミッド。写真だと霞んでいますが、肉眼では、はっきりと見ることができました。
こんな巨大なピラミッドを古代エジプト人はいったい、どうやって造ったのだろう?
ピラミッドを見ていると、想像が果てしなく広がります。


ここがピラミッドの入り口。ここからピラミッドの中に入ります。


ピラミッドの内部。斜面を手すりにつかまりながら登っていきます。
この先は、天井が低く、中腰にならないと昇れない斜面。しかも、ものすごい勾配で、もはや完全な「登山」状態です。
ガイドさんが「絶対に無理はしないでください。ダメだと思ったらすぐに引き返さないと、戻れなくなります」と言っていましたが、
まさにその通り。とにかくハードで、途中で呼吸困難になりそうでした。


ピラミッドの周辺では、ラクダ乗りも体験できます。
でも、最初にちゃんと交渉しておかないと、乗り代、写真代などを吹っ掛けられるので要注意です。
中には、「1ドルで乗れるよ」というので乗ったら、ラクダの背に乗るだけで1ドル、一周したら100ドル要求されたなんて例もあるそうです。
幸い、私たちはツアーガイドさんが、ちゃんと手配してくれて、1000円で乗ることができたのですが、ほんの数分、一回りして終わり。うーん、ちょっと高かったかな…


そして、もう1つのハイライトは、スフィンクスの見学です。
正直、スフィンクスは、「えっ、こんなところにあるの?」というような場所にありました。
現在はなくなっていますが、以前は、すぐ近くにマクドナルドがあったそうです。
要は、そういう現代の風景が視界の中に入る場所に、ピラミッドがあるのです。
これまで見てきた遺跡は、そこだけ「古代エジプト」だったのでずか、ここは「現代のエジプト」の中に「古代」が紛れ込んでいる感じ。
それでも、テレビや図鑑でしか見たことのないスフィンクスが、実際に目の前にあるのは、感激でした。


ところで、エジプトでは、猫が神様として崇拝されていたと聞いていたのですが、猫はちっとも見かけず。
そこここで見かけたのは犬で、犬種は、5千年前から姿形が変わっていないとされている「ファラオハウンド」のようでした。


このあとは、ツアーに付き物のショッピング、パピルス専門店に立ち寄りました。
パピルスは、ナイル川沿岸に自生する草から作られた紙です。本物のパピルスは、簡単に破れたりしないかわりに、お値段も高いのですが、土産物屋さんなどでパピルスとして安く売られているものは、バナナの皮からできているそうです。
ここではパピルスは買わず、見るだけにしときました(笑)。


ナイル夢紀行⑧

2020.01.11.13:26

アブシンベル神殿の観光を終えた後、一旦、ホテルで休憩したあと、私たちはバスでアスワンに向かいました。
10分ほど走ったところで、昼食をとるため、こちらのレストランに立ち寄りました。


ここではエジプトでたいへんポピュラーな「モロヘイヤスープ」をいただきました。
とろっとしていてスパイスが効いていて、なかなかおいしかったです。


こちらは鶏肉。エジプトの料理は、どれもスパイスが効いていて、帰国してからも匂いが抜けませんでした(^▽^;)
ちなみに、ここでも滅茶苦茶甘いスイーツがでました。


食事を終えた後、再びバスで砂漠の中を3時間走り、アスワンに到着しました。
ここから国内線で、カイロへと向かいます。

ここで、エジプトのトイレ事情をご紹介。
出発前は、日本人が使用を遠慮したくなるようなトイレもあると聞いていたので、かなり恐怖だったのですが、実際に行ってみたら、エジプトのトイレは想像していたより、はるかにきれいでした。
全体的に設備が古いため、清潔感はイマイチですが、決して不潔な感じはなく、使用にはまったく差し支えありませんでした。

写真はアスワン空港のトイレです。
水洗タンクの脇にホースがありますが、エジプトの人は、使用後は、ホースで洗うのが一般的なのだそうです。
トイレは水洗ですが、ホテルなどを除くと、トイレットペーパーは備え付けられていないのが普通。
観光客が利用するような場所のトイレの入り口には、ペーパーを渡す人がいて、チップを払ってトイレを使用します。
エジプトでは、使用したペーパーを便器で流すのはご法度で、必ず備え付けのゴミ箱に捨てます。
これがなかなか慣れなくて、気がつくと、つい、うっかりペーパーを便器に流してしまっていました(^▽^;)


ところで、エジプトを訪れたのは、ちょうどクリスマス前。
おそらくキリスト教国なら、この時期は街中、クリスマス色一色になっているはずですが、イスラム教国のエジプトでは、ほとんどクリスマスを感じさせるものはありませんでした。
わずかにクリスマスを感じさせてくれたのは、空港の隅の目立たない場所にあった、このディスプレイだけでした。


そして夜9時過ぎ、ようやくギザのホテルに到着。いよいよエジプト旅行も、残り1日を残すのみとなりました。

ナイル夢紀行⑦

2020.01.10.15:11

アブシンベルのホテルでは、今回の旅行で初めてシーフードの夕食が出ました。
ずっと肉系の食事だったので、シーフードがとてもおいしく感じました(笑)


夕食後は、夜のアブシンベル神殿へ。
ここでは、満点の星の下、ラメセス2世と王妃ネフェルタリを中心とした、アブシンベル神殿にまつわる歴史を音と光でドラマチックに演出したショーが行われており、世界中から訪れた観光客が集まっていました。
こちらは、ラメセス2世の巨像。左から2番目の像の頭は崩れ落ちています。


こちらは、ラメセス2世とネフェルタリ。ネフェルタリは、ラムセス2世の第一王妃で、たいへん美しい人だったそうです。


さて、翌朝、私たちは、再びアブシンベル神殿を訪れました。
そう、ナセル湖から昇る太陽と朝焼けに染まる神殿を見るためです。
この日は、6時半ごろに日の出を迎えました。


全然、朝焼けに染まってる感がないけど、朝の神殿の風景です(^^;
早朝だというのに、かなりの観光客が集まっていました。


その後、アブシンベル神殿と、隣に立つ小神殿の中を見学しました。


このあと、アスワンまで戻り、飛行機でカイロに向かいます。

ナイル夢紀行⑥

2020.01.09.12:40

ナイル川クルーズ最終日。船は、コムオンボからアスワンへ。
アスワンデハ「アスワン・ハイダム」や「切りかけのオベリスク」を見学しました。

これが「切りかけのオベリスク」。底面が岩盤とつながった未完成のオベリスクは、途中でひびがはいったため、放置されたとされているのだとか。完成していれば、史上最大のオベリスクになったそう。
ちなみにオベリスクとは、古代エジプトで神殿の塔門や墓陵の前に対になって立てられた宗教的、装飾的記念柱のことだそうです。



見学後は、ツアー旅行につきもののショッピング(笑)。香油と香水瓶のお店へ案内されました。
まずは職人さんのデモンストレーション。


次にずらりとならんだ美しい香水瓶の売り場に案内されました。美しいガラスの香水瓶は見ているだけで楽しくなります。


こちらは香油の原液。香水ではないので、アルコールは入っておらず、ドロドロしています。


ショッピングのあとは、バスでアブシンベルに向かいました。
アスワンからアブシンベルまでは、ひたすら砂漠の中を走って3時間。
車窓から見えるのは見渡す限り砂漠という、この上なく、つまらない風景です。
こんな時は、寝るのが一番だと思うのに、こういう時に限って眠れませんでした(泣)
しかし、普通なら、あっという間に眠くなりそうな単調な、しかも、対向車1台通らない道を、ひたすら3時間運転していた運転手さんは、すごいなと思いました。

そして、ようやく到着した場所は、ナセル湖。ここでは、ミニクルーズで湖上から美しい景色とタジン料理の昼食を楽しみました。


ランチに出たエジプトの「アエ―シ」というパンです。見た目も味もインドの「ナン」に似ています。


こちらは「アエ―シ」につけて食べる「タヒーナ」というゴマペーストです。
「タヒーナ」は、エジプトの万能ソースで、食卓に必ずといっていいほど登場します。
作り方は、ゴマペーストにレモン果汁とオリーブオイル、おろしにんにくとクミンパウダーを加えるのだとか。
この「タヒーナ」、メチャおいしいので、近々、自分でも再現してみるつもりです。


こちらは、エジプトの代表的なスイーツ「バスブーサ」。
セモリナとココナッツのケーキをシロップに浸してしっとりとさせた甘いお菓子です。
ケーキ自体の味はいいですが、上にかかったシロップが激甘!
おいしいけど、ひと口以上食べるには、根性のいる代物でございました(^▽^;)


アスワンハイダムの建設によって誕生した「ナセル湖」は、琵琶湖の7.5倍もの表面積!


湖を渡った先には、この日宿泊するホテルが。コンドミニアム風で、なかなか素敵でした。


部屋の中はこんな感じ。夕食のあとは、アブシンベル神殿のショーを見に行ったのですが、その話はまた次回に。


ナイル夢紀行⑤

2020.01.08.23:32

エジプト旅行も、はや4日目となりました。
この日は、朝食をすませると馬車で「ホルス神殿」の観光に向かいました。
おそらく観光用の馬車なのでしょうが、膨大な数の馬車が自動車と隣り合って走る様子は、なかなか怖いものがありました(笑)

10分ほどで「ホルス神殿」に到着。世界中から訪れる観光客を乗せた馬車は100台以上!


砂岩でできた巨大な「ホルス神殿」は、クレオパトラの父の時代にできたと言われています。


“エジプト一美しいホルス像”と讃えられている、中庭のホルス像。
を撮影したつもりが、反対側にあった、鼻の壊れたホルス像を撮影してしまった…(-_-;)


午後は、「コム・オンボ神殿」を見学しました。
この神殿は、2つの神にささげられた神殿なので、すべてが二重構造になっており、列柱の柱頭には、さまざまな様式が用いられています。医療器具や出資さんシーンなど、ちょっと変わったたレリーフも残されていました。


見学を終えて船にもどると、なんと、こんなタオルアートが出迎えてくれました!
ちなみに、青い目はペットボトルのふた。おみごと!!(笑)


この日も、船内でアフタヌーンティーや、夜はベリーダンスのショーを見て楽しみました。
下の写真はちょっとわかりにくいけれど、男性のダンサーが踊っている様子。
小林幸子もびっくりな、電飾付きの衣装で踊るダンスが圧巻でした。

ナイル夢紀行④

2020.01.06.17:13

旅の疲れで、まだ寝ていたいというのに、どこからか聞こえてくるアラビア語。
実はこれ、モスクから聞こえてくる、イスラム教のお祈りの呼びかけ「アーザン」というものだったのですが、旅行中毎日、この声で、朝5時にたたき起こされたのには参りました(;^_^A

この日の朝食はバイキング。おいしそうなサラダやフルーツもあったのですが、エジプトでは、生水はもちろんのこと、氷の入ったジュースやアイスクリーム、生野菜やカットフルーツはご法度。うっかり食べると「エジプト下痢」で苦しむと聞いたので、旅行中はひたすら火の通ったものだけを食べていました。また、生ものを食べなくても、油が合わなくてお腹をこわす人もいると聞いたので、いつもなら旅行中は、この時とばかり、食べまくるのですが、今回はかなり摂生(笑)。その甲斐あって、無事に日本まで帰ってくることができました。

さて、朝食後には、ルクソール東岸の遺跡観光に出かけました。
ルクソール西岸は、「死者の町」と言われていましたが、ルクソール東岸は、日が昇る「生者の都」。
中でも、アメン神のために造られた「カルナック神殿」は、2000年かけて大増築されたエジプト最大級の巨大神殿でした。

これは、オシリス神のポーズをとるラメセス2世。足の間にいるのは、ペント・アナト妃だと言われています。


エジプトの観光地に行くと、必ず聞こえてくるのが、「ワンダラー、ワンダラー」という土産物屋の声です。
どの売り子も「ワンダラー」と言うのですが、どの商品もワンダラーというわけではなく、要は、「ワンダラー」=「安いよ、安いよ」という決まり文句みたいなもので、しつこく声をかけてきます。
そして、日本人観光客だとわかると「ヤマモトヤマ」「バザールでござーる」「もうかりまっか?」「見るだけタダ」と声をかけてきます。
いったい誰が教えるんでしょうね? (笑)

そんな土産物屋を振り切って(笑)、次に向かったのは「ルクソール美術館」です。
ここには、ツタンカーメン王の墓をはじめ、ルクソール周辺で発掘された遺物が展示されており、現地の小学生たちも授業の一環で訪れていました。
20200106171247.jpg

この日は、午前中に観光を終えた後、エドフに向けて出航しました。
船内では、アフタヌーンティーを楽しんだり


デッキから、ナイル川に沈む夕日を眺めたりして、のんびりと過ごしました。


また、夕食後には、ラウンジでカクテルパーティーを楽しんだり


船内の土産物屋をひやかしたりして、のんびりと船旅を楽しみました。


つづく。

ナイル夢紀行③

2020.01.05.14:04

今回の旅行で一番楽しみにしていたのが、ルクソールからアスワンまでの三泊四日のナイル川クルーズです。
川なので、海と違って船が揺れることもなく、船旅は快適そのもの!
私たちが利用したクルーズ船「ナイル・プレミアム号」は、五つ星の豪華客船とはいいつつも、エジプト基準の五つ星なので、設備が若干古かったりしましたが、食事も含め、まずまず満足できるレベルで、なかなかよかったです。

これは別のクルーズ船。この船の2隻向こうに「ナイル・クルーズ号」が止まっており、別の船2隻の船内を横断して、自分の船まで行きます(笑)


クルーズ船の客室。結構広々していました。もちろん、バス・トイレ付。ベッドの上には、みごとなタオルアートのスワンが!


こちらは船内のバー&ラウンジ。イベントなども、ここで催されます。


デッキのテーブル席は見晴らし抜群!


さすがに入ってる人はいませんでしたが、プールもありました。


夜は、ライトアップされて美しく浮かび上がるルクソール神殿へ。


ルクソール神殿から、カルナック神殿に続くスフィンクス参道。道の両側にスフィンクスがずらりと並んでいるさまは圧巻でした。


そして、いよいよ夕飯です。
香辛料の効いたスープは、すごくおいしかった!


チキンは、ケンタのような、わりとフツーの味でした。


これはなんだっけか? 味が思い出せない(^^ゞ


こちらはデザートのチョコレートケーキ。スフレのような生地でチョコレートソースがかかっています。


行く前は、エジプトの食事が口に合うか心配でしたが、この日のメニューはどれも思った以上に食べやすく、これなら1週間、なんとかなりそうでした(^^)

ナイル夢紀行②

2020.01.03.17:58

国内線で約1時間、ルクソールに到着。
空港からバスで移動し、ルクソール西岸の遺跡観光に向かいました。
ルクソール西岸は、ファラオたちが永遠の眠りにつく「死者の町」と言われているそうですが、さんさんと太陽が降り注いでいて、暗いイメージはありません。
ここでは、「王家の谷」「ツタンカーメン王の墓」「メムノンの巨像」「ハトシェプスト女王葬祭殿」を見学しました。

「王家の谷」にいたおじさん。写真を撮らせてチップをもらってるみたいだったけど、よくわからなかったので、写真だけ撮ってチップは払わずにきてしまった(爆)


墓の中には、ファラオや神々を描いた美しいレリーフが


葬祭殿に立ち並ぶオシリス像


崖を利用した三階建てのハトシェプスト女王葬祭殿


このあと、3泊4日のナイル川クルーズに乗船するのですが、その話は、また次回に。
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
FC2カウンター