入院ライフ

2017.10.15.21:21

とうとう入院生活が始まりました。
これまで、お産と検査以外で入院したことがなかったので、入院期間の見通しが1カ月と書いてあるのを見て愕然。朝6時起床、夜9時就寝、アルコールなしの生活にたえられるんだろーか?と思う一方、こんな健全な生活を送ったら、身も心も清められそうで、ちょっと楽しみでもあったりしています。

骨折しました

2017.10.14.08:14

昨日は樋口さんのお誕生日。
そんな日に骨折して入院することになってしまいました。トホホ。

診察を受けたその日に入院となってしまったので、焦る焦る。
とにかく一度、家に帰りたいとお願いして、職場をはじめ、あちこちに連絡。
やっとひととおりの連絡がすんだら、病院にもどまで、あと1時間。

入院中、ネットが見れるかわからないので、しばらく更新もできないかもしれませんが、戻ってきたら、またよろしく。

秋のリニューアル

2017.10.03.22:00

早いもので、もう10月も3日となりました。

すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、トップページを少し変更しました。
歳をとると、しまいこんだものは忘れがちですが、ホームページも同じ。
下の階層にある記事は、自分で作っておいて忘れちゃうんですよね~^^;
というわけで、見た目はダサくなりますが、下の階層のタイトルも書きだしておくようにしました。
また、久しぶりに新コンテンツも作ってみました。

ところで、今に始まったことじゃないのですが、トップページにツイッターのウィジェットを埋め込んでいます。
が、このウィジェットがOSやブラウザによっては正しく表示されません。
うちではgoogle chromeだと表示されず、IEだと表示されるといった具合で、何度も修正を試みているのですが、いまだ解決できていません。
見れない方、どうもすみません。

旅の終わり

2017.09.29.22:54

三泊四日の度も、いよいよ最終日。
本来なら、この日は知床観光船で約1時間半、会場から世界自然遺産の絶景を楽しむはずだったのですが、台風の影響で中止になってしまったので、「知床自然センター」で映像などを鑑賞。

続いて立ち寄ったのは、知床の特産品などを扱う「ユートピア知床」。
ここでなんと、野生の鹿に遭遇!
観光船が中止になって、なんとなく気分も落ち気味でしたが、鹿のおかげで少し元気が出ました(笑)

次に向かったのは「オシンコシンの滝」。
ここは、以前、一度来たことがあるのですが、かれこれ20年近く前のことなので、まったく覚えていません^^;
しかし、自然は素晴らしいです。施設見学では決して味わえない感動が、そこにはありました。
IMG_7761.jpg

大自然に触れて、少し元気を取り戻した後は、昼食です。
さすがに、ほぼ3食、3日続けて海鮮ばかり食べていたので、私はラーメンを注文。
しかし、ダンナが注文したいくら丼も、いくらたっぷりで、ラーメンを注文したことを少しだけ後悔しました^^;
IMG_7765.jpg

昼食のあとは、再びバスに乗り込み、「北の大地の水族館」へと向かいました。
ここには、古い角質を食べるドクターフィッシュというのがいて、私の角質もたべてもらいました(笑)
さらには、こんなお魚もいたんですよ。
作り物みたいにみえますが、ちゃんと生きてます。
魚の名前は・・・忘れました(爆)
IMG_7776.jpg

そして、時間まで水族館のまわりを散策。すると、そこにははまなすの花が。
思わず、それを見て「はまなすの花が咲いたら」を口ずさんでしまった私です。
IMG_7769.jpg


こうして、すべての観光を終えたのち、根室中標津空港から定期便で無事、羽田に帰ってまいりました。
めでたし、めでたし。

IMG_7965.jpg


利尻島から知床へ

2017.09.28.01:09


利尻温泉に宿泊して迎えた旅行3日目の朝。
この日もお天気に恵まれ、最高の旅行日和となりました。
外の空気はひんやりと冷たく、北海道は早くも秋の気配です。

IMG_7619.jpg

食事を済ませたあとは、バスで島内を観光しました。
車窓からは人面岩や仙法志御崎のアザラシを見物し
IMG_7631.jpg

最初の目的地オタトマリ沼に向いました。
オタトマリ沼は利尻島の中では最大の沼。沼を囲むようにアカエゾマツの原生林が覆っています。
銘菓「白い恋人」のパッケージとほぼ同じ角度で、日本百名山のひとつ「利尻山」見られるところでもあります。
IMG_7643.jpg

次に向かったのは、利尻島で最も人気の観光スポット、姫沼。
姫沼は周囲1kmほどの小さな沼で、原生林の先にそびえ立つ利尻山を一番美しい角度から見ることができます。
晴れて風のない日には、水面に逆さ富士が見られるのですが、この日もお天気に恵まれたおかげで、みごとな逆さ富士を見ることができました。
 IMG_7663.jpg

島内を一周したあと、向かったのは利尻空港。
IMG_7671.jpg
ここから飛行機で根室中標津空港に向かいます。

IMG_7673.jpg
実は、このツアーを選んだ一番の理由は、通常は飛んでいないチャーター便に乗れるから。
船だと6、7時間かかるところを飛行機だと約65分で知床に到着します。

IMG_7684.jpg
知床に到着してすぐ、サケイクラ丼の昼食。やはり北海道はイクラの鮮度が違います。
今回はツアーにもかかわらず、食事は毎回、満足できるレベルだったのがうれしい誤算でしたヽ(^o^)丿

さて、昼食後は再びバスで観光。
1日目のバスガイドさんは見たとこ50代、2日目のガイドさんは60代でしたが、3日目のこの日のバスガイドさんは、なんと70歳!
若い人のバスガイドのなり手がなく、人手不足のときに駆り出されると話していましたが、このガイドさんが若い人には出せない味を出していて、中高年が多いこのツアーにはぴったり(笑)。バスガイドは若けりゃいいってものではないなぁと思わせてくれました。ただ、ミニスカートの制服は見ていてちょっと辛いものがありましたが(^_^;)

知床岬を見学した後、知床国立公園を散策。
IMG_7711.jpg
正直、今回は礼文・利尻の観光がメインで、一度来たことのある知床は自分の中ではオマケといった感じだったのですが、この風景を見たら、オマケなんて思ったことを深く反省いたしました。
IMG_7701.jpg
写真では、その素晴らしさの10分の1も伝わらないのですが、とにかく、そこに広がる風景は感動ものの美しさでした。
さすが、世界遺産に選ばれるだけのことはあります。

このあと、天気がしあやしくなってきたのですが、幸いホテルに到着するまで雨に降られずにすみました。
でも、ここで残念なニュースが。
台風が小笠原諸島に近づいているため、翌日に予定されていた知床観光船が中止になってしまったのです。
まだ小笠原諸島なのになんで?と思いましたが、船を別の港まで移動しなくてはならないため、向こう3日間はすべて欠航に決まっとのこと。まあ、こればかりは致し方ありません。

しかし、この日宿泊した知床グランドホテルは、そんな残念な気分を一瞬忘れさせてくれるような、すごいホテルだったのです。
とにかく、そのスケールがすごい!
東北海道最大級の露天風呂のある浴場は、そこらへんのスーパー銭湯も真っ青の充実度。
食事はバイキングなのですが、料理の品数が80種類以上!
しかも、その料理のどれもが、とてもバイキングとは思えないレベルなのです。
冗談抜きで、このバイキングを全制覇するためだけに、またここに泊まりにきたいと思いました(笑)
http://shiretoko-1.com/meal/marusukoi/

ちなみに、いじきたなく料理を皿に取りまくったので、写真は載せられません(^_^;)
IMG_7725_201709281117345de.jpg
↑これはごく一部。広すぎて料理をとって席にもどるのがたいへん(笑)

「効果音」の世界に迫る

2017.09.25.23:37

10/1(日)夜11時10分から、テレビ朝日系で放送される「関ジャム 完全燃SHOW」は、「効果音」の特集です。
テレビや映画、アニメなどで日ごろ私たちが耳にしている効果音について、徹底解説してくれるそうなので、興味のある人は見てみてはいかがでしょうか。
ちなみに私の知り合いの音響さんも、この番組に出演するそうなので、私も見てみるつもりです。
http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

礼文島へ

2017.09.22.17:14

旅行2日目。
この日はフェリーの出発時刻に合わせ、朝4:30に起床し、5:00にホテルで朝食、5:45にはホテルを出発するという慌ただしいスケジュール。
約115分フェリーに乗船して礼文島に向いました。
IMG_7470.jpg
フェリーはたくさんの観光客でごったがえしていましたが、船の揺れもたいしたことはなく、無事に礼文島に到着。

礼文島に到着して最初に向ったのは、ウニむき体験センター。
ここでは器具を借りて自分でウニをむき、むいたウニを食べることができます。
1個800円ですが、まだ生きているウニをむいて、その場で食べるのだから、おいしさが違います。
これはケチらずにやってよかった(笑)
ウニ
そして初めて知ったのですが、ウニのオスとメスでは身の色が違い、メスは赤褐色、オスは黄褐色をしています。
見た目は赤褐色のほうがおいしそうに見えるのですが、味は断然、黄褐色のオスのほうが良いそうです。
うーん、これまで勘違いしてました。これからは色に惑わされず、オスを選ぶようにしなくちゃ。

お昼は、漁業協同組合の直営店で、ウニ、いくら、ボタンエビなどの海鮮舟盛膳を。
新鮮な魚介に勝るご馳走はありませんヽ(^o^)丿
ランチ

食事のあとは再びバスに乗り込み、スコトン岬へ。
スコトン岬は礼文島最北端の地で、晴れた日には遠くサハリンを望むことができ.ます。
写真ではわかりずらいのですが、お天気に恵まれたこの日もしっかりサハリンを臨むことができました。
スコトン岬

続いて向かったのは、礼文島を代表する景勝地、澄海岬
その海の美しさは、言葉にできないほと゜。まさに絶景でした。
スカイ岬

IMG_7516_201709221825052c3.jpg

美しい風景を目に焼き付け、再びバスで移動したあとは、桃岩展望台を1時間ほどかけてミニハイキングをしました。
最盛期はすぎていましたが、いろいろな種類の花を見ることができました。
また、秋の訪れを感じさせる、ススキも一面に広がっていました。
花青
花黄

最後に立ち寄ったのは、吉永小百合の主演作「北のカナリアたち」のロケ地となった「北のカナリアパーク」。
撮影で使用された校舎のには、ロケ時の写真や実際に撮影で使われた衣装が展示されていました。
ロケ地

礼文島をほぼ一周し、再びフェリーで次の目的地、利尻島へと向かい、この日は利尻島で一泊したのでした。
フェリー

菊池ひみこ Double Qualtet Alive

2017.09.19.23:52

閑話休題。
9/28に8年ぶりとなる菊池ひみこ Double Qualtetのライブがありますよ!
新曲もあるそうです。
私も時間が許せば行きたいです。

21462705_1558265410897659_8538776824225693144_n.jpg

稚内の食事

2017.09.18.00:28

この日の昼食はかに丼。
とにかく、かにの量が多いのにびっくりです。
しかも、見たとこ、フツーのかになんですが、食べてみると明らかに東京で食べるかにとは鮮度が違います。
旅先で最初に食べた食事がおいしいと、テンションがあがります(^^)

IMG_7370 (2)

そして、夕食は宿泊先の稚内のホテルで。
稚内はあまり大きな宿泊施設がないそうです。それは冬場は雪で観光客がまったく来ないから。
そのため、こちらのホテルも実にこじんまり。
でも、食事は悪くなく、ここで出された魚介類も鮮度は十分。どれもおいしくいただきました。
写真には映っていませんが、このほかに海鮮茶漬けとホタテの味噌汁がつきます。

ちなみに夕食のメインは稚内名物のたこしゃぶ。
たこはプリプリした食感でおいしいのですが、味というほどの味はありません。
海鮮茶漬けの味の方が、よっぽど印象に残りました(笑)

IMG_7448 (2)

旅の続き

2017.09.15.00:38

普段、国内を観光するときは、基本ツアーは利用しないのですが、今回は直前に旅行を決めたこともあり、某旅行会社が主催するパッケージツアーに参加しました。
これがまあ、みごとに熟年夫婦ばかり^^;
一緒のツアーの人たちの中では私が1番若いんじゃないかというくらい(笑)

普通、ツアーで旅行に行くと、必ず1人、2人、集合時間に遅れる人がいるものですが、年配のかたが多いせいか、ツアー中ただの一度も時間に遅れる人がいなかったのには、びっくりしました。
多分、みんな、この手の旅行に慣れているのでしょうね。

さて、東京を出発して最初に降り立ったのは稚内。
そこから宗谷岬などを見てまわりました。

IMG_7384.jpg
これはJRの稚内駅。

IMG_7440_20170915003546803.jpg
日本の最北端、宗谷岬。

どこへ行っても人が少なく、本当に「北のさいはてにきたのだなぁ」と実感。なんだか、ここが同じ日本とは思えませんでした。




最新コメント
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア