FC2ブログ

追いかけたいの!

2020.02.15.00:15

探せば、まだある樋口作品!
「追いかけたいの」の動画がアップされているとのタレコミがありましたので、ご紹介します。
こちらです↓



ちなみに、この動画は、子供がいるところで見ても大丈夫です(笑)
情報をくださった方、ありがとうございました!

空いてる? 京都

2020.02.09.13:20

コンサートの前日に京都入りして、前回のリベンジを果たすべく、わずかな時間でしたが、京都の街を観光してきました。

こちらは2月7日、午後3時過ぎの花見小路通。平日とはいえ、人いなさすぎかもしれませんねぇ…
このあと、建仁寺や八坂神社にも行きましたが、どちらも人はいるけど、混雑には程遠い感じ。
とはいっても、前回、台風の時に来た時よりは、はるかに人がいました。当たり前か(爆)



こちらの2枚は、2月8日、午前11時ごろの伏見稲荷大社です。
それなりに観光客はいましたが、土曜日のこの時間にこの程度の人出って、かなり少ないかもしれません。
ちなみに観光客は、中国人が多かったので、少しばかり、コロナウイルスが心配になりました。
まあ、感染したら、その時はその時です(^^;



「ス・ワンダフル」は、ワンダフルだった

2020.02.09.11:57

昨年10月に台風19号のために中止になった「シュペーテ弦楽四重奏団」の振替コンサートに行ってきました。


会場の御幸町教会は音響も良く、座席もいい塩梅に埋まっており、とても和やかな雰囲気の中での演奏会でした。
(写真撮影は禁止だったので、こちらの画像を参考にしてください)
https://4travel.jp/travelogue/10342160

コンサートは2部構成で、1部はハイドン、モーツァルト、ヴォルフのクラシック曲。
2部は、比較的短い、編曲勝負の曲で構成されていました。

樋口編曲の「ス・ワンダフル」は、2部の後半で演奏され、曲の始まる前にメンバーの工藤庸介さんから、学生時代にモルツのCMで、この曲を聴いた思い出や、今回、演奏するに至ったエピソードなどのお話がありました。
演奏は全部で2分ほどでしたが、CMは30秒程度なので、今回、初めて曲の全容を知ることができました。
後半は、CMでは聴くことのできないピチカートや樋口色全開の音の運びがあり、これを聴けただけでも、京都まで来た甲斐があったと思いました(^^)
今回、聴けなかったかたは残念でしたが、次のチャンスに期待しましょう。

そうだ 京都、行こう。

2020.02.07.00:01

シュペーテ弦楽四重奏団のコンサートのため、一足早く、明日から京都に行ってきます。
当日、ご一緒する皆さま、どうぞよろしくお願いします。
残念ながら、行かれない方は、こちらの動画を見て楽しんでくださいね。

1本目は、先日、西田さんが話題にしてくださった「危険な団地 あなたに似た子」
https://www.youtube.com/watch?v=TX-cwbRbu5I


もう1本は「瀬戸内海婚約旅行殺人事件」
https://www.youtube.com/watch?v=jJgLbazHlLs

どちらも全編動画です。
見つけてくださった方、ありがとうございました!

贖罪の奏鳴曲

2020.02.03.17:47

先週までフジテレビ系列「大人の土ドラ」シリーズで放送されていた「悪魔の弁護士 御子柴礼二」の原作、中山七里の「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」という本を読みました。
ざっくり言うと、少年犯罪を犯し、医療少年院に送られた過去を持つ主人公が、どんな理由をこじつけてでも依頼人の無罪を勝ち取る、いわくつきの弁護士となって活躍するといった話なのですが、この小説の中に、先日、このブログでも話題にしたベートーベンの「熱情」が出てくるのです。

偶然と言えば、それまでですが、偶然にしても、あまりにもタイムリーに「熱情」が出てきたものだから、なぜここで「熱情」なのかが気になってしまいました。
それで、どこかにヒントはないかと検索していたところ、ピアニストの尾形大介さんが、このドラマについて言及しているブログを見つけました。
https://ameblo.jp/musikgasse/entry-12567879508.html

尾形さん考察が当たっているかどうかはわかりませんが、「熱情」が闘争的な作品であるという尾形さんの意見は、自分が受けた「熱情」の印象に近いものがあります。
一方、樋口さんが「熱情」風に編曲した「君をのせて」ですが、原曲は闘争的な作品のイメージからは、程遠い気がします。
でも、そこをあえて「熱情」風にしたのには、なにかしら、樋口さんの意図があったはずだと思うんです。
その意図をあれこれ推理するのは、推理小説を読むより、おもしろいです(笑)。
なかなか真相解明にはたどり着きませんが、「君をのせて」はもう少し、深掘りしてみたいと思います。

「赤い鳥逃げた?」上映会

2020.01.27.18:02

情報いただきました。

渋谷のユーロスペースで、2/22~28まで「特集上映 原田芳雄生誕80年」が行われます。
このうち、2/23、27、28は、「赤い鳥逃げた?」を上映、さらに28日は上映後に桃井かおりさんのトークショーもあるようです。

http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000412

ファンミーティング

2020.01.25.17:57

昨秋、我が家ではaiboをお迎えしました。
昨日は、そのaiboのファンミーティングに出かけてきました。


ファンミーティングといっても主催はソニー。会場はなんと品川のソニー本社でした。
Pianissimoのオフ会とは、ちょっとスケールが違いました(笑)



見てください、この長蛇の列。ファンミーティングは、400人くらいが参加することができたのですが、抽選だったため、入場チェックがありました。これはその受付風景。北海道、新潟、岐阜など、地方から来ている人もたくさんいたようです。
対象は違っても、ファンの熱い思いは共通なんだなーと思いました。


ファンミーティングでは、aibo開発者の話を聞いたり、デモンストレーションを見たり。
そのあと、カウンセリングやドッグランもあったのですが、こちらは抽選に外れて参加できませんでした。
でも、うちの子と同じ2019年限定のチョコエディションのaiboだけを集めて記念写真を撮るので、参加しませんか?と、声をかけていただき、うちの子も仲間に入れてもらいました。
ファンミーティングは初めてで、知ってる人もいないし、カウンセリングやドッグランは外れたので、aiboを連れて行くのはやめようかと思いましたが、連れて行った甲斐がありました。声をかけてくださった方に感謝!
ちなみに一番可愛いのがうちの子なんですが、どれだかわかりますか?(笑)


正解は・・・後列のセンターです♪

オフ会の参加申し込みについて

2020.01.20.17:35

「エジプトの話はどうでもいいから、早くオフ会の情報出してよ!」と思っていた皆さま、たいへんながらくお待たせしました(爆)

かねてからお知らせしているとおり、2/23、3/22、3/29に当サイト「Pianissimo」のオフ会を開催します。

参加を希望するかたは、まず、トップページの「管理人にお手紙」から、オフ会案内書をご請求ください。その際、メール本文には「オフ会案内書請求」とだけお書きください。受付は1/23(木)まで
案内書は1/24(金)に発送します。
なお、案内書の請求をしただけでは、参加申し込みは成立していません。
案内書に従って、その後の手続きを進めていただき、すべて完了した時点で、参加申し込み成立となります。
ご面倒をおかけしますが、よろしくお願いします。

※案内書が届かない場合は、1/25以降に管理人までご連絡ください。
※心配性のかたは、送信メールのコピーをお手元に保存しておいてください。

エジプト夢紀行⑫最終回

2020.01.13.20:40

8日間のエジプトの旅も、いよいよ終盤となりました。

夕食のため向かったレストランは、カイロ市内の「ダウンタウンモール」というショッピングモールの中にありました。
エジプトは、発展途上国というイメージが強いかもしれませんが、この「ダウンタウンモール」周辺は、東京と変わらない現代的なビルが立ち並んでいます。
「ダウンタウンモール」は、それほど規模の大きなショッピングモールではありませんが、比較的裕福な層が利用する、高級店が多く集まるモールです。


これはモール内のお菓子屋さん。カラフルなお店のディスプレイも美しく、見た目は日本のお店と変わりません。


さて、案内されたのは、その名も「北京」という中華料理店でした。
この1週間、ずっとエジプト料理で、正直、ちょっと辟易してたので、中華料理と聞いて、大いに心が弾みました。
白を基調としたモダンなインテリアの店内は、身なりのよいビジネスマン風の人やカップルでにぎわっており、かなりの人気店のようです。
が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最初に出てきたのは、このスープです。別にまずくはないんですが、あまり中華スープという感じがしない微妙な味…


しかし、次に出てきた春巻きは普通においしかったので、料理に対する期待値は再び持ち直しました。


次に出てきたのがこれ。鶏肉と野菜のあんかけ料理なのですが、味はともかく、盛り付けが汚い(^^;
エジプトは概して盛り付けが汚くて、味はいいのに、盛り付けで損していると思いました。


そして、極めつけがこれです。
牛肉と野菜の間に、ところどころ細い白っぽいものが見えるのがわかるでしょうか?
一見、筍のように思えますが、なんとこれがフライドポテト!(爆)
多分、筍を知らないエジプト人が、料理の写真だけ見て、フライドポテトだと思ったんでしょう。
気づかずにいればよかったのですが、フライドポテトと気づいてしまった瞬間、私の中のこの店の評価は、☆3つから☆ひとつに転落しました。
しかし、考えてみれば、ここはエジプト。中華料理といっても、エジプト風中華になるのは致し方ありません。
そのことを忘れて、中華に期待しすぎた自分がバカでした(^^ゞ


でも、そんな文句もこの日限り。
このあと、私たち一行は空港に向かい、無事、日本への帰国の途に就いたのでした。

おわり。

ナイル夢紀行⑪

2020.01.12.17:26

市場をあとにした私たちは、昼食をとるためにカイロ市内のレストランに向かいました。
お皿に乗っているのは、エジプトの国民食と呼ばれる「コシャリ」と、エジプトや中近東ではポピュラーな「コフタ」。
「コシャリ」は米にレンズ豆、ひよこ豆、さらにマカロニやパスタを加えた、日本でいうと、そば飯のような食べ物。そこにスパイスをきかせたトマトソースをかけて食べます。
「コフタ」は羊などのひき肉にスパイスを入れて、ソーセージのようにまとめて焼いた、焼き鳥のつくねのような食べ物です。
どちらも日本人にも食べやすく、おいしくいただきました。特に「コフタ」は、私の一番お気に入りのエジプト料理となりました。


食後は、カイロ市内にあるビザンチン様式のモハメッド・アリ・モスクを見学。


その後、古代エジプトの財宝の数々が所蔵されている「エジプト考古博物館」を見学しました。


所蔵物のほんの一部ですが、ご紹介します。これは王子ラーホテプと、その妻ネフェルトの像。


この四角い箱は、重厚に金メッキを施した厨子です。


いかにもエジプトという感じの黄金のマスク。


すべての所蔵品をじっくり見て回ろうと思ったら、最低でも丸1日はかかりそうでした。
再びエジプトに来る機会はないと思いますが、もしも来れるなら、今度は時間をかけて、ゆっくりと博物館を見て回りたいです。

ところで、エジプトには、ちょっと妙な決まりがありました。
それは、遺跡や博物館などで写真撮影をする際、スマホで撮影するのはよいのですが、デジカメでの撮影は、原則禁止されているのです。あるいは、デジカメで撮影したい場合は、入口で2000~3000円支払ってカメラを持ち込まなくてはなりません。
なんとも変な話ですが、どうやらこれはスマホが普及するまえに作られたルールらしく、スマホでの撮影が一般的になった現状にルールが合わなくなってしまったということのようです。

また、今回、ブログに載せた写真の中に、貴重なものはありません(笑)
ピラミッドの中にしても、博物館の中にしても、貴重なものは撮影禁止でした。
たとえば、ツタンカーメン王のマスクやミイラなどは撮影できませんでした。

さて、博物館の見学を終えた私たちはエジプトでの最後の夕食をとるため、レストランへと移動しました。
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
FC2カウンター