FC2ブログ

回転楕円体の中の冷気

仕事のことや好きな音楽のよもやま話

神崎みゆき 「ファースト・アルバム +2」

あやうくスルーするところでした。
10/31に、神崎みゆき 「ファースト・アルバム +2」というCDが発売されておりました。

神崎みゆき(こうざきみゆき)と言っても、覚えてる人は少ないと思いますが、72年にデビューした男性シンガー・ソングライターで、「ゆう子のグライダー」という曲は、まあまあヒットしましたし、「ステージ101」にも2回ほどゲストで出演しています。
中性的な歌声やルックスは、ケメやピコとごっちゃにされることもありました。

で、その神崎みゆきのファーストアルバムが初CD化されたのですが、ファースト・アルバムの曲に加えて、さらに2曲がボーナストラックとして収録されています。
その2曲というのが、アルバム未収録のサード・シングル「明日 僕の誕生日c/w 通学道路」という樋口さん編曲の2曲なのです。
「明日 僕の誕生日」はともかく、「通学道路」は、いったいどこが樋口さんなんだ?というくらい、樋口色の薄いアレンジなのですが、ここまで、らしくないアレンジも珍しいと思うので、興味のあるかたはぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。

ありがたいメール

好きでやっているとはいえ、更新ネタのなくなったホームページや、反応のかえってこないブログやSNSを続けていくのは、結構しんどいものです^^;
そこで、時々、ブログの背景を変えたりしてモチベーションをあげようと努力してるわけですが(笑)、やはり一番励みになるのは読者の人の反応です。

メールやコメントをくださる方は本当にわずかですが、つい先日、最近「Pianissimo」を知ったという男性の方からメールをいただきました。
この方は、小学生の時に「みんなのうた」で聞いた「遠い海の記憶」がずっと心の中にあったそうですが、この曲をセリさんのアルバムで知ったのは大人になってからだったそうて゜す。
しかも、この曲がドラマ「つぶやき岩の秘密」のテーマ曲だったことを知ったのは、つい2年前のことだったそう。
そして、何とはなしに作曲者の樋口さんのことを検索し、「アイラブユー」を聴いて衝撃を受けたのは今年の夏だったということですから、その間、実に40年近くということになります。

以来、すっかり樋口さんの音楽の虜になり、手に入るCDは全部購入して聞いてくださっているということですが、そういう話を聞くと、同じ樋口ファンとして本当にうれしく思いますし、サイトを続けていた甲斐があったと思うことができます。
そう考えると、まだまだ「Pianissimo」は続けていかなくては…と、また思い直してみたりするのでした。

アダムとイブも

今日11月3日は「レコードの日」。
「レコードの日」にちなんで復刻されたアナログレコード「アダムとイブも」のシングル盤が届きました!
我が家には、当時、なけなしのお小遣いをはたいて買ったオリジナルのシングル盤があるので、復刻されたアナログレコードと比べてみました。

こちらがジャケットの表面。向かって左側がオリジナル盤、右が復刻盤です。
パッと見、同じように見えますが、違いがあることに気がつきましたか?
IMG89.jpg

こちらがジャケット中面です。こちらも違いがあるのですが、わかりますか?
IMG90.jpg

インナースリーブです。これは違いが一目瞭然ですね。
IMG93.jpg

レーベルは上がオリジナル盤、下が復刻盤です。
SIDE1、2、 SIDE A、Bという違いはありますが、どちらもSIDE 1、SIDE Aの下に「Over」と書いてあります。
今までまったく気がつきませんでしたが、「Over」って、どういう意味なんだろう?
かる方がいたら、ぜひ教えてくださいませ。

IMG_9692.jpg
IMG_9691.jpg

さて、肝心の音ですが、うちのアナログプレーヤーで聴く限り、オリジナル盤と復刻盤に目立った違いはありませんでした。
ただ、久しぶりにシングルで聴いたら、思った以上にピコの声が若くて、自分の記憶の中の「アダムとイブも」とは、ずいぶん違って聞こえました。

「I LOVE YOU」は、今聴いても、まったく古さを感じさせません。
そして、最高にカッコイイ!
若い人たちが、この曲に夢中になった理由が、今なら、とてもよくわかる気がします。

最後のランチ

10年ほど続けていた仕事を昨日で辞めました。
最後のランチをしようと、職場の仲間と向かったのは、立川・シネマ通りの「あかつき」というお店。
シネマ通りは、その昔、赤線地帯だったところで独特の雰囲気が漂っています(^_^;)

その「あかつき」は手打ちそばが評判のお店。
でも、いつやってるのかよくわからないうえにランチは15食限定なので、行った時にはすでにランチが終わってたりで、これまでランチにありつけたことがありませんでした。

ところが、この日は運よくランチに間に合いました。
だが、しかし。
なんと、店主がそばアレルギーになってしまい、メニューからお蕎麦がなくなっていました。うーん、残念・・・

というわけで、この日のメニューはこちら。
IMG_9680.jpg

野菜たっぷり、品数豊富、素材を生かしたお料理は、どれもヘルシーで、しみじみおいしかったです。
最後の最後に「あかつき」のお料理が食べられて、幸せな気分になりました(^^)

IMG78.jpg
a>

レコードの日 記念インタビュー

まだ読んでない方は、チェックしてくださいね。
トップページのツイッターのリンクからどうぞ。

縁は異なもの

先日の知華さんのコンサートのMCで、金子飛鳥さんが話していたウクライナの歌姫、ナターシャ・グジーさんのコンサート。
あとから知ったのですが、今回も私のピアノの先生である小関先生がピアノを担当、飛鳥さん共演していました。

でもって、小関先生が子どもの頃、ピアノを習ってたのが、知華さんの同級生という不思議な縁。
世の中、誰がどこで繋がっているかわかりません(笑)。

44696042_1897147363702603_3843600872101642240_n.jpg

ワインと音楽

40周年記念コンサートに続き、12月1日(土)代官山ヒルサイドプラザで上田知華さんの「ワインとオンガク」vol.6 が開催されます。
今回は、森丘ヒロキさん(ピアノ)西嶋徹さん(ベース)を迎えて、知華さんと初のトリオでオルジナル楽曲をたっぷりと演奏してくれるそうです。お時間のあるかたはぜひ。

平成最後の大イベント

明日は「上田知華 40周年記念コンサート ~All About KARYOBIN~ with 金子飛鳥ストリングス」。
私たちファンにとっては、樋口作品を生で聴ける、おそらく平成最後のチャンスです。

明日、会場でみなさまと無事にお会いできますように!

Happy Birthday♪

残すところ、あと30分ほどですが、今日、10月13日は樋口さんのお誕生日。
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます!
なにはともあれ、来週の知華さんのコンサートで、久しぶりに樋口作品を生で聴けるかと思うと、今からワクワクです。

樋口さんにとっても、私たちファンにとっても、新しい年がハッピーな1年になりますように(*^_^*)

上田知華さんインタビュー

10/15発売の「レコード・コレクターズ」11月号に上田知華さんのインタビューが載るようです。
みなさん、本屋で立ち読みしましょう。

ところで、ツイッターで「KANの新譜を試聴したら、この感じどこかで聞いたことがあると思ったら上田知華だった」とつぶやいてる人がいたので、試しに聴いてみたら、確かに「kAN+ RYOBIN」な感じでした。